• 名古屋市守山区
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「守山センチュリーゲート」取材レポート

村田明音

住宅ライター
村田明音

そのうちTOP > 守山センチュリーゲート > 上志段味の子育て支援について、守山区役所の担当者さんにお話を伺いました!
2019年05月30日

上志段味の子育て支援について、守山区役所の担当者さんにお話を伺いました!

「上志段味の保育園って入りやすい?」「初めての子育てでも安心できる街?」
子育て世帯の住まい探しは、目を向けるポイントも色々。
自分たちで調べようとしても、インターネットの情報は、何を信じていいかわからないこともありますよね…。

そんなパパ・ママを代表し、今回は守山区役所にお邪魔して、【守山センチュリーゲート】のある上志段味の子育て事情を聞いてきました!

今回インタビューしたのは、名古屋市守山区 保健福祉センター福祉部民生子ども課の炭谷さんと、志段味支所で子育て支援に携わっている江口さん。

保育園の空き状況や守山区の子育て支援について、最新の情報を教えてもらいました。

上志段味エリアの保育園の入りやすさは?

まず伺ったのは、保育園の空き状況について。
待機児童問題が全国的にニュースで報道されることも多く、特に共働きのご家庭では気になっている方も多いのではないでしょうか。

「【守山センチュリーゲート】のある守山区には、公立保育園が12園、私立の保育園が32園、認可外保育園が2園、計46園の保育園があります。

名古屋市中心部にある区などに比べれば入りやすいほうですが、上志段味地区は人口の増加も顕著なため、枠に余裕があるとは言えない状況です。

上志段味にお住まいの方は、近くにある『キリクこども園』『しだみ保育園』『アスク志段味保育園』を希望される方が多いのですが、一番入りにくいと言われている1歳児のタイミングですと、必ずしも希望の園に入ることができるとは限らないというのが正直なお話です」と炭谷さん。


▲守山区役所などで手に入るほか、「もりやまっこ」のホームページでも閲覧することができる「もりやまっこ 子育てマップ 」には、学区別に、保育園や幼稚園のほか子育て支援施設や公園の場所が分かるマップが掲載されています。子育てに役立つ情報が一目で分かりますから、とっても便利そうですよ♪

名古屋市の「待機児童」はゼロですが、待機児童にはカウントされないけれど保育園に入れていない「隠れ待機児童」は依然として存在しているのも現実。

そんな現状をふまえて、炭谷さんは「車などで送り迎えのできる方は、近隣の中志段味や下志段味も含めて、広域で保育園を検討することをおすすめします」とアドバイスをしてくれました。

子どもの増加に伴なって、保育園や小学校が新設予定!

現状では他の区と同じく「希望の保育園に必ず入れる」というわけではありませんが、今後もそのような状況が続くのかというと、
上志段味エリアはまだまだ保育園や小学校が増える可能性が大いにあるエリアと言えるようです。

炭谷さんは、
「保育園の数自体は、守山区では毎年2園のペースで増えています。
2020年4月には、【守山センチュリーゲート】の近くに保育園ができる予定もあるんですよ。

名古屋市中心部など、ある程度開発が進んでしまっているエリアですと、新たに保育園を建てるスペースがないこともありますが、守山区にはまだ土地があるので、今後も保育園が増える可能性はあると思います。」と話してくれました。


▲【守山センチュリーゲート】のすぐお隣に、2020年4月に新たな保育園が開園予定!
志段味東学区で「しだみ保育園」、下志段味学区で「ききょう保育園」を運営している「社会福祉法人 ききょう福祉会」が運営法人として選定されています。

さらに、まだ少し先の話ですが、志段味東小学校の児童数が増加していることを受けて、2021年度には大久手池の東に小学校が新たに開校する予定もあるとのこと。

今後ますます活気が増して、子育て環境が整っていくエリアと言えそうですね。

守山区は、子育て関連のイベントも充実しています!

子育て支援についてお話を伺っていくと、子育て関連のイベントの多さにも驚きました!

毎月1〜2回、水曜日に「志段味地区会館」に移動児童館がやってきて、親子で触れ合ったり、遊んだりできます。
毎週火曜と木曜には、「エコビレッジ」で、もみじこども園子育て支援センターによる「もみじひろば」も開催されています。広い室内で親子で一緒に遊べるおもちゃや遊具のコーナーがあり、夏にはビニールプールが設置され、自由に水遊びが楽しめたりもしますよ。

また、未就園の子どもとその保護者を対象に、年2回「もりやまっこ子育て広場」も開催!
遊びや絵本の読み聞かせコーナーのほか、子育て情報コーナーもあり、子育て中のパパ・ママはもちろん、子育てを控えたプレパパ・ママも満足できそうです。


▲上志段味や中志段味、下志段味では、日によってさまざまな場所で子育てイベントが開催されています。同じ世代の子どもを持つパパ・ママが参加するので、育児について情報をシェアできる友達もできるかもしれませんね。

さらに、江口さんは、
「志段味図書館では、お父さんやお母さんががゆっくり読書を楽しめるように、お子さんの一時預かりのサービスを実施している時間もあるんです。名古屋市の図書館では珍しい取り組みなんですよ」と教えてくれました。


▲守山区の子育て支援やイベントなどの情報は、守山区の子育て情報サイト「もりやまっこ」にもまとめて掲載されています。
守山図書館と志段味図書館が絵本を紹介するコーナーも月に一度更新されていますよ。
パパやママがほしいと思う情報が網羅されているので、定期的にチェックしてみてくださいね。

 
いかがでしたか?
お話を伺っていくと、上志段味エリアは子育て世代が増えているということもあり、行政の支援も充実して、子育てがしやすい環境が整っていると感じることができました。
炭谷さん、江口さん、貴重なお話を有難うございました!

※掲載の情報は2019年4月取材時のものです。
村田明音

住宅ライター
村田明音

住宅ライター。女性誌の編集や広告営業を経て、ライティング会社を設立。マンションや一戸建て、リノベーションなど住宅分野に幅広く関わっている。旅行先でも、物件や町の住みやすさをついチェックしてしまう。

PAGE TOP