• 分譲マンション
  • 大阪府大阪市淀川区
  • JR西日本不動産開発

住宅ライターの「ジェイグラン シティ 塚本」取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > ジェイグラン シティ 塚本 > JR大阪駅へ1駅・3分!~「塚本」の魅力とは!?~
2018年02月21日

JR大阪駅へ1駅・3分!~「塚本」の魅力とは!?~

みなさん、はじめまして!
住宅ライターの野村綾乃です。

本日から、JR西日本不動産開発の新築マンション【ジェイグラン シティ 塚本】を
第三者目線でご紹介するレポートサイトがスタートします。
実際に足を運ばないとわからない部分も含めて
さまざまな角度から取材しますので、どうぞお付き合いくださいね!

まずは初回レポートですので、
同マンションがどんな街に誕生するのかをチェックしたいと思います。

【ジェイグラン シティ 塚本】が誕生するのは大阪市淀川区

全国や大阪府では人口減少に転じた平成27年の国勢調査!
それによると、大阪市の人口は269万1185人。
全国や大阪府と同じように大阪市の人口も減少しているのかと思えば、
前回の調査(平成22年)から1.0%増加!

そんな人口が増加している大阪市内で、2番目に人口が多いのが
【ジェイグラン シティ 塚本】のアドレスとなる「淀川区」です。


▲平成7年~27年までの淀川区での推移をグラフ化したものです。人口・世帯数ともに増えていることが分かります。
※国勢調査よりデータを抜粋しアンサークリエイション編集部にて作成

国内屈指の利用者数を誇る「大阪」駅
そこから1駅、すぐ隣のJR「塚本」駅が最寄り

大阪府を代表する駅であり、大阪北の玄関口といえばJR「大阪」駅!
JR西日本で最多の乗降客が利用する駅でもあります。


▲2016年度『JR西日本なんでもランキング』によると、大阪駅は1日平均で約43万人が利用するJR西日本エリアで「一番利用者が多い駅」。その数は2位の京都駅の2倍ほどというビッグターミナル!

 
▲ルクア・ルクア1100や大丸梅田店を擁する大阪ステーションシティ、グランフロントをはじめショッピングやグルメ、レジャーを存分に愉しめるスポットが集まった大阪駅は、活気あふれる大阪の“中心”でもありますね!

 

そんな、JR西日本で利用者No.1の大阪駅からたったの1駅、
3分という“読書やウトウトもできないほど”の乗車時間で到着する「塚本」駅が
【ジェイグラン シティ 塚本】の最寄駅となります。

 
▲大阪駅のお隣JR「塚本」駅。同マンションからは徒歩6分。次回レポートで、駅までの道のりを紹介するのでお楽しみに!東西線や宝塚線が乗り入れているJR「尼崎」駅へも1駅となります。

 

塚本駅まで徒歩6分で、大阪駅まで乗車時間3分・・・というコトは、
『自宅を出て10分未満で大阪駅に到着』も可能になるのですね!!

 
▲しかも、時刻表を見ると、通勤時間帯の平日朝7時・8時台では計26本も!乗車時間の短さに加えて、この本数の多さはとても魅力的です!!加えて、大阪駅からの平日の最終電車は日付を超えて0:28。深夜でも電車で帰宅できることも助かりますね。

徒歩10分圏内に、生活施設が充実!

暮らしに嬉しいポイントは、交通利便性に限りません。

コンパクトなエリアにさまざまな生活施設が揃っていて、
例えば、同マンションから歩いて10分以内を見てみると、
『コンビニエンスストアを含む買い物施設が7カ所、
医療施設が20カ所、公園が6カ所、銀行が4カ所』・・・と
日々の暮らしに便利そうな生活施設が周辺に充実しています。

 
▲買い物施設であれば、徒歩5分の距離に「阪急オアシス塚本店」(約350m)。スーパー以外にも、商店街なども身近にあって、飾らない温かみのある雰囲気にも好感を持てました!

 
▲同マンションから一番近い公園は歩いて1分の「塚本公園」(約80m)。広くてノビノビと遊べそうですし、遊具も充実しているので子ども達も楽しめそう!緑の中でのんびりできる大人達の憩の場にもなっているようです。

人口・世帯ともに増加傾向の淀川区にあって、
JR「大阪」駅から1駅・乗車3分の「塚本」駅が最寄駅!
関西を代表する繁華街の大阪・梅田に”サッ”とアクセスできる立地で、
さまざまな生活利便施設が徒歩圏内に揃う『塚本』に魅力を感じました!

公園も周辺に点在するなど伸びやかな雰囲気も兼ね備えていますし、
暮らしやすそうで、ライフステージとするのに”ピッタリ”なエリアだと言えそうですね!

※掲載写真はすべて2018年2月撮影
野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP