• 分譲マンション
  • 埼玉県所沢市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 所沢レジデンス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 所沢レジデンス > 所沢航空記念公園やところざわサクラタウン、秩父まで。桜の名所に出かけました!
2022年04月08日

所沢航空記念公園やところざわサクラタウン、秩父まで。桜の名所に出かけました!

商業施設が充実している所沢ですが、自然が身近という魅力もあります。

広い公園や湖、キャンプができる山などが近いので、天気の良い休日にふらっとお出かけして思いっきりリフレッシュできるんです。
もちろん春の風物詩、桜の名所もあちこちに。

ということで今回は、「ザ・パークハウス 所沢レジデンス」から歩いて行ける「所沢航空記念公園」や東川の桜並木、「所沢」駅からバス1本の「ところざわサクラタウン」、さらに特急で約1時間の秩父など、気軽に行けて春気分を満喫できる桜のスポットを巡ってみました。

(上の写真:羊山公園 マンション現地より約58.5km)

こちらの記事をまとめると……

所沢を代表する大規模公園。ピクニックにもぴったりな「所沢航空記念公園」

まずはマンションから徒歩8分(約580m)の大規模公園、「所沢航空記念公園」にお出かけ。


▲総面積約50.2ha、東京ドーム約11個分の広さがある「所沢航空記念公園」。
いつもジョギングやお散歩、ピクニックを楽しむ近所の人がたくさん訪れている公園ですが、桜の時期は電車に乗って遠くから来る人も。
(所沢航空記念公園 現地より約580m)

 

私が出かけたのは、東京の開花宣言(今年は3月20日でしたね!)から1週間ほど経った平日。
公園の桜もほぼ満開で、お花見を楽しむ人でほどよく賑わっていました。

 
▲子連れの方やお友だち同士で和やかに過ごす方がほとんど。
フードワゴンも出ていてお花見ムードたっぷりでした。
(所沢航空記念公園 現地より約580m)

 

園内には芝生の広場の周りを中心に約500本の桜があります。
満開の時期の休日でも混雑しすぎず、のんびりとお花見できるのもこちらの公園の良いところ。

マンションからも近いので、前日からあれこれ準備して早起きして……と頑張りすぎなくても、レジャーシートを1枚だけ持って徒歩や自転車で気軽にお花見ができそうです。
子どもも普段から遊びに来ている公園なら迷子になる心配も少なそうですし、遊具もたくさんあるので家族で安心して楽しめそう。

お花見だけでなくいつものジョギングやテニスなどのスポーツも、一味違った気分で満喫できそうです。


▲テニスコートの周りの桜も満開。
日に日に暖かくなってくるこの時期、桜の下でのスポーツはいつにも増して気持ちよさそうですね!
(所沢航空記念公園 現地より約580m)

ところざわ百選にも選ばれている東川の桜並木と、「ところざわサクラタウン」

先ほどの「所沢航空記念公園」の近くにもまた雰囲気の異なる桜の名所があります。

所沢市観光協会が選んだ「ところざわ百選」にも指定されている東川(あずまがわ)の桜並木です。
こちらはピクニックというよりも、歩きながら桜を眺められるスポットです。

 
▲「所沢」駅と「所沢航空記念公園」の間あたりを流れる東川。
その両岸、約5.4kmにわたって700本以上の桜が植樹されています。
夜はライトアップもされるようです。
(東川周辺 現地より約330m)

 

その東川を東所沢方面へ向かうと、“日本のポップカルチャーの発信拠点”として話題の複合レジャー施設「ところざわサクラタウン」があります。

 
▲東側の桜並木と「ところざわサクラタウン」。
マンション近辺からは東川沿いを3kmほど歩くと着くので、ウォーキングやサイクリングの目的地にしても良いですし、「所沢」駅から直通のバス(乗車約20分)で訪れても良さそうです。
(ところざわサクラタウン 現地より約3,610m)

 


▲特徴的な外観の「角川武蔵野ミュージアム」。
ミュージアムは有料ですが、さくらタウン内はショップや飲食店、神社など入場無料で楽しめるスポットもたくさんあるのでちょこっと遊びに行っても楽しめますよ。
(ところざわサクラタウン 現地より約3,610m)

 

「ところざわサクラタウン」に隣接して「東所沢公園」があり、こちらはお散歩や子どもの遊び場にぴったり。

 
▲芝生の広場や遊具のある「東所沢公園」。のんびりした雰囲気の公園です。
公園の一角が「武蔵野樹林パーク」として整備されており、夜間は光のアート空間「チームラボ どんぐりの森の呼応する生命」(要入場料)が見られます。
(東所沢公園 現地より約3,790m)

武甲山と約1,000本の桜が見事!関東最大級の芝桜も楽しみな秩父の「羊山公園」

もっとダイナミックな景色が見たいときは、特急で約1時間の秩父もオススメです。


▲「所沢」駅から西武池袋線の特急で約1時間、「西武秩父」駅から歩いて行ける「羊山公園」。
山地が近いため桜の開花時期は所沢市内より1週間ほど遅くなります。こちらは4月5日の様子。
奥に見えているのは秩父の名峰・武甲山です。
(羊山公園 現地より約58.5km)

 

ゴールデンウィークに見頃を迎える芝桜のじゅうたんが特に有名な公園ですが(上の写真では、地面の芝桜はまだ咲き始めたばかりですね)、実は桜もとっても見事なんです。
空気も澄んでいて、周りを秩父の山々に囲まれた景色を眺めていると、ほんの1時間の移動とは思えないくらいの旅行気分が味わえました。

 
▲園内にはソメイヨシノをはじめしだれ桜や八重桜など合計1,000本の桜があり、公園も広いため見ごたえ充分。
その昔、羊毛生産のために羊が飼育されていたのが「羊山公園」の名前の由来だそうですが、それにちなんで今も羊がいるエリアがあるんですよ。
(羊山公園 現地より約58.5km)

 

ちょっと急な坂を上ると、「見晴しの丘」という展望スポットがあります。

 


▲桜が咲く坂道を上ると……秩父の市街地を見晴らせる広場があります。空も広くて、気分爽快!
こちらにも桜がたくさん咲いていて、写真撮影やピクニックをする人がたくさんいました。
(羊山公園 現地より約58.5km)

 

普段はこれだけの雄大な景色ってなかなか見られないので、たまには“プチ遠出”してみるのも良いなぁと感じました。

秩父エリアには他にも、街全体が桜の名所といわれる長瀞(ながとろ)町や、蓑山(みのやま)山頂に整備されている「美の山公園」などさまざまな桜の名所があります。
また温泉施設や開運の神社として知られる三峯神社など年間を通じて訪れられる観光スポットもたくさんあるので、気が向いたらパッと特急に乗ってお出かけするのもアリだと思います。

 
▲今回は西武池袋線の「特急ラビュー」でお出かけしました。
終点の「西武秩父」駅には温泉施設の「西武秩父駅前温泉 祭の湯」が隣接しているので、桜を見た帰りに温泉に入ることもできちゃうんです。
(西武秩父駅 現地より約59.1km)

 

いかがでしたか?
「所沢」駅からの距離も、規模や楽しみ方もさまざまな桜の名所を紹介しましたが、周辺には他にも、狭山湖周辺の桜や「小手指」駅近くの砂川堀のしだれ桜などもあります。
また、マンションのご近所公園(長者久保公園など)にも桜があるので、お散歩ついでに眺めることもできます。

子どもが小さいときは公園でピクニック、大人は秩父へ小旅行、シニアになったら東川沿いをお散歩と、ライフスタイルが変わっても桜の季節を楽しめそうなのも良いなと思います。

※掲載の写真は2022年3月から4月にかけて撮影したものです。
※記載の距離は、現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分算出(端数切上げ)しています。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の他の記事
  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP