• 分譲マンション
  • 埼玉県所沢市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 所沢レジデンス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 所沢レジデンス > シングル・DINKSにとって所沢ってどう?「働きながらの住みやすさ」をチェックしました
2022年03月30日

シングル・DINKSにとって所沢ってどう?「働きながらの住みやすさ」をチェックしました

2020年以降、新築マンションを購入するシングル女性の割合が増えているそう。

その理由のひとつが在宅ワークの推進などで“おうち時間”が増えたこと。
それまでは「家には寝に帰るだけ」だった人も、自宅で過ごす時間が増えるにつれ、それまでの住まいを手狭に感じたり、快適な住環境を求めて引っ越したくなったり、ということがきっかけになったようです。

所沢でマンションを買った人のなかにもシングルやDINKS(ディンクス・子どもがいない共働きカップル)がいらっしゃるそうです。

ということで今回は、シングル・DINKSの目線でチェック。マンション選びの際にどんな条件を重視すべきかや、所沢が仕事を持つ人にとって暮らしやすい街か、といったことを見ていきたいと思います。

こちらの記事をまとめると……

生活利便性 : 駅近立地は大事な要素。駅からの帰りにスーパーなどの買い物スポットが充実

シングル・DINKSのマンション選びで重視したいポイントというと、まず次のふたつがほぼ必須の条件として挙げられます。
駅からマンションが近いこと
・スーパーなどの買い物施設の充実

近ごろは在宅ワークも増えていますが、通勤動線のチェックはやはり重要な要素。最寄り駅からの近さは重視されているようです。


▲ホームページの現地案内図を引用。
「ザ・パークハウス 所沢レジデンス」の場合、2 路線が通る「所沢」駅から最短ルートで徒歩6分です。
買い物に便利な所沢プロペ商店街を通るルートでも徒歩8分。

 

そして周辺環境の利便性というと、まずはスーパーなどの買い物施設が近くにあるかどうか。
仕事をしている方にとっては、やはり駅から帰る途中に立ち寄れる買い物施設があると便利です。

駅からのルート上に「コンビニならある」ということは多いと思いますが、生鮮食品やお惣菜が充実しているスーパーや日用品が安く買えるドラッグストアがあると尚良いですよね。できれば残業で遅くなってしまった日もサッと立ち寄れる、遅くまで開いているお店が欲しいところです。


▲先ほどの地図に、駅からマンションへの帰りに立ち寄れそうなスーパーとコンビニ、ドラッグストアを書き足してみました。
深夜1時まで営業している「西友」や、駅ビル1階の生鮮食品売り場(ザ・ガーデン自由が丘)、「西武所沢S.C.」の地下食品館、ディスカウントスーパーの「オーケー」、「業務スーパー」などがあります。
※オーケーは当面の間21:00閉店。西友は1F・B1Fのみ25:00まで営業。

 

 
▲仕事帰りの方がよく利用しているのが「西友所沢駅前店」。駅を出てすぐの場所にあり、深夜1時まで営業しています。
生鮮食品やお惣菜の他、コンビニでは手に入りにくい埼玉県産のサラダ春菊やフルーツトマトといった新鮮な野菜、ヴィーガンフード、低糖質食材などもありました。スーパーならコンビニよりもお手頃で買えるのも嬉しい点。
(西友所沢駅前店 現地より約380m)

 

また、駅ビルの「グランエミオ所沢」1階にある「ザ・ガーデン自由が丘」は、デパートの西武やそごう、アトレなどの地下に入っているような高品質スーパー。
ちょっと珍しい野菜(春野菜なら行者にんにく、うるい、花わさびなど)やイタリア産の生ハム、軽井沢で作られた国産果物のジャム、全国各地の地ビールなどが買えます。
同じフロアに「カルディコーヒーファーム」や自然派食品専門店、ベーカリー、お総菜専門店もありますよ。こちらは夜は21時まで営業しています。
(※各店舗の営業時間は状況により変更になる可能性があります。詳しくはホームページ等で確認してください)

 

また、食品以外ではコスメやインテリアなども買えます。

 
▲「グランエミオ所沢」の2階。駅の改札と直結しています。寄り道というよりも、帰宅ルート上でコスメや雑貨が買える感覚です。
(グランエミオ所沢 現地より約430m)

 

コスメは「西武所沢S.C.」内にシャネル、ディオール、M・A・C、RMK、エスティローダー、クリニーク、ジョンマスターオーガニックセレクトなどがあり、「グランエミオ所沢」内の「イセタン ミラー メイク & コスメティクス」では、アディクション、NARS、THREE、シュウウエムラといったブランドを取り扱っています。
プチプラコスメなら「ロフト」や「ハンズ ビー」、1月に「トコトコスクエア」内にオープンしたばかりの「コスメドンキ」などで探せます。

インテリア系のショップも、無印良品やフランフラン、ケユカ、ニトリなどが揃っていますし、「西武所沢S.C.」ではル・クルーゼのお鍋やリーデルのグラス、有田焼のお皿なども買えます。

 

ショッピング自体をじっくり楽しみたいときは都心部へ出かけても良いと思いますが、「ファンデーションのレフィルだけ」「お花を飾るステキな一輪挿し」のような「すぐ欲しいけれど、品質にはあまり妥協したくない」ものや、「これがぴったり入るポーチ」「この隙間に収まる収納用品」のような、ネットで買うよりも実物を見てすぐに買って帰りたいものが近くで手に入るって、結構便利ですよね。

飲食店の多さ : 休日に昼飲みできるイタリアンや自然派ごはんカフェなど、飲食店がたくさん

また、所沢は休日などに訪れたいステキな飲食店も結構充実しているんです。

シングルや共働きカップルの場合、休日は「休息デー」になることが多いもの。家事もお休みしてのんびり過ごしたいですよね。遠出のために気合を入れておしゃれをしなくても、ふらりと出かけて家とは違う美味しいものが食べられると嬉しいです。

所沢プロペ商店街やうらトコ通りだけでなく、「トコトコスクエア」の周りにある道(学校新道など)沿いに一軒家レストランや古民家カフェ、ダイニングバーなどがあって、散策が楽しいんです。

そんなお店をいくつか紹介。
まずはお酒も楽しめるイタリアン「ジラソーレ」です。

 
▲「トコトコスクエア」の近くにある「ジラソーレ」。賑やかな通りからは少し離れていることもあってか、大人のお客さんが多かった印象です。土日の昼はコース形式のスペシャルランチ(2,000円)が楽しめます。(ワインも込み!)
(ジラソーレ 現地より約430m)

 

続いて、旬の野菜や自然派の食材を使った美味しいごはんが評判のカフェ「Sai Kasumi(サイ カスミ)ごはん」。

 
▲「マルエツ」が入るタワーマンションの少し奥にある「Sai Kasumiごはん」。古民家風の店内はまるで昔から知っているおうちみたいにホッとできる空間です。
ランチはお弁当対応も可。私が訪れた日のメインおかずは車麩の味噌カツでした。サクサクジューシーで美味しかったですよ~!
(Sai Kasumiごはん 現地より約560m)

 

 
▲高級感ある鉄板焼きのお店「さくら(画像1枚目)」や、切り立ての生ハムと美味しいワインが楽しめるイタリアン「生ハムZEN(画像2枚目)」など、大人がゆっくりできる飲食店もあります。
(画像1枚目:さくら 現地より約270m/画像2枚目:生ハムZEN 現地より約930m)

 

また、ちょっと意外かもしれませんが、所沢は早稲田大学の所沢キャンパスや防衛医科大学校があり、学生街の一面も。
チェーン系の飲食店や居酒屋だけでなく、ラーメン店やとんかつ店、カレー専門店、昔ながらの定食屋さんなどリーズナブルな“がっつり系”のお店も結構あるんです。
自宅ではなかなか作れない専門店の味を食べに出かけるのも楽しそうだと思います。

交通アクセス : 2路線利用、地下鉄乗り入れでワーキングスタイルが変化した場合も対応しやすい

マンションを購入してからオフィスの場所や勤務形態が変わったり、共働きカップルであればそれぞれで勤務先が異なるということもあるでしょう。
最寄駅から利用できる路線が多いと何かと便利ですし、そのような変化にも対応しやすくなります。

「所沢」駅からは西武池袋線と新宿線2路線が使え、池袋線は東京メトロ副都心線、有楽町線、東急東横線、みなとみらい線に乗り入れています。


▲西武線の路線図。
複数路線が通る「池袋」駅や「高田馬場」駅、「渋谷」駅、「有楽町」駅などへ直通で行けます。
「練馬」駅や「中井」駅では都営大江戸線に乗り換えることもできますから、1回乗り換えるだけでなかなか幅広いエリアに行けるんですね。

 

マンションを買うと「賃貸のように気軽に引っ越せなくなる」というデメリットもありますが、実際に購入したシングルやDINKSの方からは「家が快適になり、帰るのが楽しみになった」「(バルコニーで野菜を育てる、インテリアに凝るなど)したいことができるようになった」「キッチンにディスポーザや食洗機が付いたりゴミ出しが24時間OKになったことで、家事の負担がかなり減った」など、総合的に見てメリットの方が大きかったという声が聞かれます。

所沢での暮らしについて考えてみると、駅周辺にお店が多いのはどんな世代にとっても便利だと思いますが、特にシングル・DINKSにとってはスーパーが遅い時間まで営業していることや、複数のお店で“ちょっと良い”お惣菜なども選べること、飲食店の数や種類が多いといった「バリエーションの多さ」が大きなメリットという印象です。

所沢は特にシングルやDINKSに好かれる街というよりも、以前に調べたところでは、子どものいるファミリーやシニアにもフレンドリーな街のようです。
実際、街を歩いていても、学生や子ども、仕事をしている人、シニアと、あまり偏らない幅広い世代の方が住んでいると感じます。

マンションを購入して長く住むことを考えると、将来的に子育てやシニアライフを送るなど、ライフスタイルが変化することもあるでしょう。ファミリーやシニアなど、さまざまな世代にとって暮らしやすい街は、シングル・DINKSにとってもメリットの大きい街といえそうです。

 

>> 所沢市の子育て支援についてはこちらの記事で解説しています
>> シニアにとっての住み心地についてはこちらの記事で解説しています

※掲載の写真は2022年3月に撮影したものです。
※店舗営業時間等は2022年3月28日現在の情報に基づいています。
※記載の距離は、現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分算出(端数切上げ)しています。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP