• 分譲マンション
  • 埼玉県所沢市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 所沢レジデンス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 所沢レジデンス > 湖、緑、手つかずの自然が残る丘陵など…所沢から近いレジャースポットをレポート
2021年10月30日

湖、緑、手つかずの自然が残る丘陵など…所沢から近いレジャースポットをレポート

「池袋」駅から23分と都心からのアクセスも良く、駅周辺には大規模商業施設が集まる所沢ですが、実は雄大な自然も身近。

広~い湖の狭山湖や多摩湖、昔ながらの自然が残る狭山丘陵、本格的なキャンプができる飯能周辺など、ちょっと足を伸ばすだけで“非日常感”のあるレジャースポットにお出かけできちゃうんです。

そのほか、アウトレットや遊園地、和の情緒ある観光地などへも近く、休日に遊びに行く場所には困らなさそうな所沢。
ではどんな風に楽しめるのか、これからの季節、紅葉も楽しみな狭山湖・狭山丘陵周辺を詳しくレポートしたいと思います。

(上の写真:狭山湖 マンション現地より約5,610m)

こちらの記事をまとめると……

春は桜、秋は紅葉も見事。整備された遊歩道をお散歩するのが楽しい「狭山湖」

「ザ・パークハウス 所沢レジデンス」のある「所沢」駅周辺を中心に、少し範囲を広げた地図を見てみると、近くに広い水や緑のエリアがあるのが分かります。

▲「所沢」駅から半径8kmくらいの範囲の地図。
左下にある水色の部分が狭山湖と多摩湖、緑の部分が狭山丘陵です。

 

まずは「所沢」駅から約5.7kmの狭山湖をレポート。
こちらは正式名称を「山口貯水池」といい、1930年代に東京の水源確保のために造られた人造湖です。

元々この一帯は狭山丘陵という丘陵地帯。宅地やレジャー施設が開発されるより前に狭山湖や多摩湖が造られたおかげで、この周りには手つかずの自然が残されているのだそうです。

湖畔に整備された遊歩道からは御岳山や雲取山といった奥多摩の山々も見え、都心ではなかなか見られない気持ちのいい景色を楽しむことができます。

 
▲狭山湖の湖岸の一部にはこんな遊歩道が整備されていて、のんびりとお散歩することができます。
遊歩道を挟んで湖の反対側には市街地も見え、西武園ゆうえんちの観覧車や「所沢」駅周辺にある建物の頭もチラリ。
(狭山湖 マンション現地より約5,610m)

 

今の季節(10月下旬)は緑いっぱいの景色が見られ、空気も澄んでいる散策にちょうどいい時期ですが、春には桜も咲きますし、寒さが増してくると紅葉も楽しめます。例年、11月下旬から12月上旬が紅葉のシーズンだそうです。

 
▲10月下旬にも、木の実が色づいていたり、大人の背丈以上もあるススキや赤とんぼの姿などが見られ、秋の訪れを感じました。
(狭山湖 現地より約5,610m)

「所沢」駅から本格サイクリングが楽しめる。景色がキレイな「多摩湖自転車歩行者道」

狭山湖のすぐ近くには多摩湖(村山貯水池)があり、こちらは周囲がサイクリングロード「多摩湖自転車歩行者道」として整備されています。
以前は「多摩湖自転車道」の名称で親しまれていた道で、起点(西東京市の田無あたり)から多摩湖湖畔まで、全長は約22kmに及びます。関東に住む“自転車乗り”なら一度は聞いたことがある名前かもしれません。

▲水色のラインが多摩湖自転車歩行者道の全長。ほとんどのルートが車道と分離されています。
緑色のラインはマンションから多摩湖までの道(約5.2km)です。初心者でも走りやすい距離ですね。

 

多摩湖の周りに限ると、全周なら約12km、半周(真ん中に道があります)なら約7.2kmです。
適度なアップダウンがあり、豊かな緑の中を走ることができます。

 
▲多摩湖自転車歩行者道の一部。標高の高い場所に来ると、木々が生い茂って“山道”そのもの。情緒ある鉄橋などもあり、飽きないルートです。
(多摩湖自転車歩行者道 現地より約5,190m)

 

 
▲湖を眺めながら走れる部分も。
撮影日はよく晴れていて、遠くに真っ白な富士山も見えました!
(多摩湖自転車歩行者道 現地より約5,190m)

 


▲多摩湖の東側一帯には遊具のある公園(県立狭山公園)もあります。
広々としていて遊具もあるので、子どもの遊び場としてもオススメですよ。
(県立狭山公園 現地より約4,820m)

 

私は「西武球場前」駅などから利用できる電動のシェアサイクルでのんびり走ったのですが、それでも適度な運動になりましたし、この“非日常感”ある景色を眺めながら自転車をこぐのは気分爽快でした。
本格的なロードバイクで走っている方もいれば、私のように“ママチャリ”でお散歩気分を楽しんでいる方もおり、ジョギングやウォーキングをする方もいました。

途中、公園で休憩がてらピクニックを楽しむのも良さそう。本格的な山道ではないので沿道には飲食店やコンビニ、自動販売機、トイレもたくさんあります。
気負わず、気候の良い休日にふらっとサイクリングやジョギングを楽しめそうだと思います。

手つかずの自然が残る丘陵地帯、あのアニメ映画の舞台にもなったともいわれている「狭山丘陵」

狭山湖や多摩湖の周りに広がる狭山丘陵は、長編アニメ映画「となりのトトロ」のモデルになったともいわれる場所。
1960年代から「近郊緑地保全区域」として官民一体となってこの地域の自然を守ってきた歴史があるので、ほぼ手つかずの自然に出会える貴重な森なんです。

 
▲狭山丘陵の一部。
公園などが整備されているわけではなく、自然を感じながら歩くハイキングやトレッキング向きの場所です。
(狭山丘陵 現地より約4,260m)

 

オオタカやウグイス、野生のカブトムシやオオシオカラトンボなど街中ではなかなか見られない生き物に出会えることもありますし、ドングリが芽吹いて小さい木が生えて、いずれ大木に……という生きた森の様子を感じることができます。
とても静かなのに、歩いているとどこからかコツン、コツンと音がして「何だろう?」と思ったら、ドングリが落ちている音でした。思わず「トトロの合図だ!」と嬉しくなってしまいました(笑)

大人にとってはどこか懐かしく、子どもにとっては新鮮な場所かもしれません。家族で歩いてみるのも楽しそうだと思います。

 

これだけの広大な自然が「所沢」駅周辺からほんの5~6kmの距離にあります。
車なら30分程度、電車でも「武蔵大和」駅や「多摩湖」駅(所沢から30分くらいです)から歩けるので、「今日は天気が良いからちょっと足を伸ばして大自然を見に行こう!」なんてことが気軽にできちゃいそうです。

※掲載の写真はすべて2021年10月に撮影したものです。記載の距離は、現地からの地図上の概算です。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP