• 分譲マンション
  • 埼玉県所沢市
  • 三菱地所レジデンス・大栄不動産・ビーロット

住宅ライターの「ザ・パークハウス 所沢プレイス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 所沢プレイス > 所沢を代表する大規模公園、「所沢航空記念公園」へ! 川遊びやバーベキューも楽しめます
2021年03月30日

所沢を代表する大規模公園、「所沢航空記念公園」へ! 川遊びやバーベキューも楽しめます

今回レポートするのは、「ザ・パークハウス 所沢プレイス」から徒歩7分(約550m)の「所沢航空記念公園」。
観光情報サイトの「埼玉県の公園ランキング」などでも上位3以内に名前が挙がることの多い、人気の大規模公園です。

東京ドーム約11個分(※1)という広さや四季折々の自然に触れられる楽しさに加えて、こちらの特徴といえば飛行機にちなんだ展示や遊具などがたくさんあること。
本物の飛行機の機体が間近で見られたり、熱気球に乗れるイベントが開催されていたりと、他ではなかなかできない体験ができます。

子育て中の私自身も電車で30分くらいかけて何度も遊びに来たことがあるのですが、大きな遊具や水遊びができる小川があったり、バーベキューやピクニック、お花見、スポーツもできますし、日本庭園のある茶室で過ごすこともでき、大人も子どもも1日中楽しめる公園なんです。

(上の写真:所沢航空記念公園 マンション現地より約550m)

こちらの記事をまとめると……

日本初の飛行場の跡地。元滑走路の広場や日本初の国産飛行機の展示など珍しいものも

「所沢航空記念公園」は、明治時代に作られた日本初の飛行場「所沢飛行場」の跡地です。
当時この場所でフランス製の飛行機が“日本初飛行”し、以来所沢は「日本の航空発祥の地」として知られるようになりました。

ちなみにマンションの近くにある商店街「ファルマン通り」の名前は、このときの飛行機「アンリ・ファルマン機」に由来していますし、駅からマンションへ向かう途中の「所沢プロペ商店街」も「プロペラ」が語源。
所沢はいろんなところに航空にちなんだものがあるんですね~。

もちろん「所沢航空記念公園」内にも、飛行場だったときの名残があるんですよ。


▲園内マップ。
左と中央に真っすぐな通路のような部分がありますが、これは飛行機の滑走路の跡なのだとか。

 

 
▲公園の入口には戦後初の国産旅客機YS-11(画像1枚目)が。こちらは年に数回ほど、機体の中も公開されます。
長~い通路と芝生の広場(沈床茶園・画像2枚目)。元・滑走路で遊べるなんて、なんだか不思議な感じがしますね(笑)

 

園内には博物館「所沢航空発祥記念館」もあります。(入館は有料)
埼玉県内の“乗り物系”博物館では大宮の「鉄道博物館」も有名ですが、こちらは航空がテーマのちょっと珍しい博物館ということで、遠方から訪れる航空ファンもいるほど。


▲公園のシンボル的存在、「所沢航空発祥記念館」。国内外の歴史ある飛行機の展示や、操縦士気分が味わえるフライトシミュレーター、シアター、カフェなどがあります。
西武線沿線にお住まいの方は、遠足や社会科見学で訪れたことが一度はあるのでは。

広い芝生で凧揚げ、大型の遊具、夏の水遊びやピクニックなど、子連れで遊ぶのにぴったりな公園

広い公園ですから、子連れで遊ぶのにももってこい。
マンションからは歩ける距離ですが、思いっきり遊んだ後の帰り道のことも考えると(笑)自転車がオススメです。
自転車なら5分もかからずに来られちゃいますよ。


▲私が訪れたのは平日の日中でしたが、レジャーシートを広げてピクニックを楽しんでいる人の姿も見られました。
土日でも都内の公園のように混み合ってしまうことはほとんどなく、ゆったり、のんびり過ごせますよ。
「所沢航空発祥記念館」前の広場では、凧揚げやゴム動力のプロペラ飛行機を飛ばして遊ぶこともできます。

 

園内南側(マンションに近い側です)の「子ども広場」には、大きな遊具がたくさん!
小さな公園にはなかなかない大型のすべり台や、体を使って遊べるアスレチックのような複合型遊具もあり、いつも多くの親子連れで賑わっているエリアです。

 
▲歩き始めたくらいの小さいお子さんから小学生くらいまで、「ここで遊んでていいよ」というと体力を考えずに1日中遊びまくってしまうくらい(笑)楽しい「子ども広場」。
最近ちょっと寝つきが悪いな、なんてお子さんも、半日くらいこちらで過ごせば夜はぐっすり寝てくれるかも……?

 


▲「子ども広場」の近くには、夏期になると水が流れる小川もあります。
斜面を駆け下りたり、遊具で遊んだり水遊びをしたりと、たくさんの豊かな経験ができそう。

 

それから、今はちょっと珍しくなってしまったこんなコーナーも。

 
▲100円で走る飛行機型のバッテリーカーです。ちょっとした遊園地気分が楽しめそうですね。

 

また、月に1回ほど熱気球に乗れるイベントが開催されていたり、ボランティアの方による紙飛行機教室、手ぶらでOKのバーベキューエリア(通常時は3月より受付開始ですが現在は利用停止中)、長い通路にお店が並ぶフリーマーケットなど、イベントも盛りだくさん。

子どもと一緒に公園で遊べる時期って実は意外と短いものですが(中学生くらいになると、親と出かけてくれなくなっちゃいますもんね~・笑)こんな公園が近くにあると、楽しい思い出がたくさん作れそうだと思います。

日本庭園を眺めながら抹茶を楽しめる茶室も。花を見てのんびりお散歩、ジョギングなど大人も楽しい

大人だけでのんびり訪れてもステキな楽しみ方ができます。
そのひとつがこちらの茶室「彩翔亭」。日本庭園を眺めながら抹茶がいただける場所です。

 
▲日本庭園だけをお散歩することもできますが、時間があったらぜひ埼玉名産・狭山茶の抹茶と、季節の和菓子をどうぞ!
一服440円とリーズナブルで、椅子に座って気軽に“和”を満喫できますよ。

 

 
▲四季折々の自然も見どころ。2月中旬~3月中旬は紅白の梅や黄色いロウバイが咲きます。
これからは桜も楽しみですね。

 

 
▲春を感じる菜の花や、雑木林の地面にはドングリも。追いかけて行ったらトトロに会えそう!(笑)

 

また、約2kmのジョギング・ウォーキングコースが整備されていたり、登録なしで利用できるドッグランも。
サッカーコートやテニスコート、野球場(事前申込制、有料)もあるので、スポーツを楽しむ場としても利用する方が多いようです。


▲緑のなかをぐるりと回るジョギング・ウォーキングコース。
広々としているのでランナーで“渋滞”してしまうこともなく、皆さんマイペースで走っていましたよ。

 

さて、次回の記事ではマンション周辺で楽しめる桜の名所を紹介したいと思います。

マンションが建つのは大規模商業施設や商店街で賑わう「所沢」駅周辺エリアですが、少し歩くと今回紹介した「所沢航空記念公園」をはじめとするほっこりした自然のスポットもあるんですよ。
どうぞお楽しみに!

※掲載の写真は全て2021年3月に撮影したものです。情報は取材時点のものです。
※徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げています。
※1:所沢航空記念公園の総面積50.2ha、東京ドームの建築面積46,755㎡で換算。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の他の記事
  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP