• 分譲マンション
  • 埼玉県所沢市
  • 三菱地所レジデンス・大栄不動産・ビーロット

住宅ライターの「ザ・パークハウス 所沢プレイス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 所沢プレイス > 屋内で遊べて育児の相談もできる。こども支援センター子育て支援エリア「ルピナス」
2020年12月26日

屋内で遊べて育児の相談もできる。こども支援センター子育て支援エリア「ルピナス」

今回レポートするのは、4歳未満の子どもと保護者のための交流施設、所沢市こども支援センター「大地」の中にある子育て支援エリア「ルピナス」です。

これまでの記事で、所沢の子育て環境や「ザ・パークハウス 所沢プレイス」周辺にある小さい子ども向けの遊び場などを紹介してきましたが、調べていくなかでこちらの「ルピナス」を見つけ、「ここってどんな施設なんだろう?」と気になったので、取材してみることに。

というのも、児童館やこちらの「ルピナス」のような公共の子育て支援施設は、赤ちゃんを連れて遊びに来たり、お友だちを作ったりと、子育てでかなり頼りになる施設だからです。

「ルピナス」は、小さい子どもが安全に遊べるだけでなく、スタッフさんや専門知識を持つ方に子育ての悩みごとを気軽に相談できる場所。市内の広い範囲からたくさんの人が訪れているようです。

私自身も二児の母なのですが、「我が家の近くにもこんな施設が欲しかった!」と思ったほど、とても行き届いた施設だと感じました。

(上の写真:所沢市こども支援センター子育て支援エリア「ルピナス」 マンション現地より約2,060m)

こちらの記事をまとめると……

広々とした室内におもちゃがたくさん!元気に遊べてお友だちもできそう

所沢市こども支援センターは、2017年にオープンした比較的新しい施設。
西武新宿線「新所沢」駅近くの「所沢市こどもと福祉の未来館」の2階部分にあります。


▲「所沢」駅のふたつ隣、「新所沢」駅から徒歩5分ほどの場所にある「所沢市こどもと福祉の未来館」。
「ザ・パークハウス 所沢プレイス」からは約2kmと、電車でも、自転車でも行きやすい距離です。
福祉と子育てに特化した施設ということもあって建物全体がバリアフリー仕様になっています。
(所沢市こどもと福祉の未来館 現地より約2,060m)

 

「ルピナス」は広い児童館のような施設で、利用は無料。
子どもがさまざまなおもちゃや遊具で遊べるほか、保護者同士の交流や情報交換の場になっているようです。

 

施設内は広々としていて、大きな窓から外の光が入り、子どもはもちろん大人もリラックスできそうな雰囲気でした。

 
▲こちらの対象年齢である0歳から3歳くらいのお子さんが大喜びしそうな、おままごとや電車遊びのおもちゃ、ブロックやパズルなどがたくさん!
私が取材に訪れた平日の午前中も親子連れの方で賑わっていました。(それでも、新型コロナウィルスの影響で通常の1/3くらいの賑わいだそうです)
(所沢市こども支援センター子育て支援エリア「ルピナス」 現地より約2,060m)

 

 
▲大きな窓から西武線の線路が見え、電車が通るたびにお子さんたちが大喜び。
西武線は昔ながらの黄色い電車や、ブルーが基調の新型車両、赤いラインが印象的な特急レッドアロー号といろいろな電車が走るので、見ていて飽きないんですよね(笑)
本物の電車を眺めながら電車のおもちゃで遊ぶこともできちゃいます。

 

手を使うおもちゃだけでなく、歩き始めたばかりの赤ちゃんや小さいお子さんが体全体を使って遊べる遊具も。
1~2歳くらいって、家の中だけではちょっと物足りなくなってきたけれど、公園で遊ぶにはまだ早い……という年齢だと思いますが、ちょうどそれくらいの子どもが興味を示すような遊具がたくさんありました。

 
▲飛び石や平均台のようにして遊べる室内遊具や、小さな木製のすべり台、小さい子どもでも気軽にトライできるトランポリンなどがありました。子どもの運動能力やバランス感覚のトレーニングツールとして、キッズ向けのスポーツ施設などでもよく見かけるものですね。発達に偏りのあるお子さんの訓練にもなるそうです。
こういった遊具は家にはなかなか置けないので、近くの遊び場でトライできると良いなぁと思います。

 

赤ちゃん優先のコーナーもあるので、まだ歩けないくらいの赤ちゃんと一緒でも大丈夫。


▲マットが敷かれた赤ちゃん優先コーナー。
ゆるやかにゾーニングされているので、きょうだいや他の年齢のお子さんとも関わりながら遊べそうです。

 

「ルピナス」全体でも大人ひとりで目が届くくらいのほどよい広さですし、常に複数名のスタッフさんが見守ってくれているので、きょうだいで遊びに来て大人が赤ちゃんに付きっきりになってしまっても、上のお子さんは自由にのびのびと、赤ちゃんは優先コーナーでのんびりと、それぞれ楽しく遊べそうなのが良いなと思いました。

スタッフさんや保育のプロに、子育てのお悩みや幼稚園・保育園などについて相談できる

また、こちらのスタッフさんは子どもが安全に遊べるように見守ってくれるだけではなく、子育ての悩みごとやちょっとした困りごと、市内の幼稚園・保育園選びなどについても相談に乗ってくれます。

「せっかく作った離乳食を食べてくれない」「そろそろトイレトレーニングを始めた方がいい?」「最近幼稚園に行きたがらないんだけど……」「イヤイヤ期で大変!」「引っ越してきたばかりで、近くの幼稚園や保育園のことがよく分からない」といった、ネットや育児本では答えが見つかりづらく、また、自分の親や友達に相談してもなかなか解決できないお悩みなど。

子どもと一緒に遊んでいるときにスタッフさんがさりげなく声をかけてくれるので、お喋りをする感覚で、気負わずお話できそうです。


▲「ルピナス」のスタッフさん。
ひとりで来ている方にさりげなく声かけをしたり、子どもの遊びの幅を広げるような手助けをしたりと、来館者の皆さんひとりひとりに丁寧に接していました。

 

育児の悩みごとは、時にはプライベートな内容になったり、専門的な意見を聞きたくなることもありますが、そんな時は相談用の個室で、保育士の資格を持つ「子育てコンシェルジュ」の方が対応してくれるそう。


▲遊ぶスペースと同じ空間にあり、かしこまり過ぎずにお話できそうな個室。
子育てコンシェルジュの方に相談だけをしに来る方もいらっしゃるそうです。
電話予約優先とのことなので、じっくりと相談したいことがある場合は予約をすると確実だそうですよ。

 

また、こちらでは子育てに関する情報収集をしたり、さまざまなお役立ち講座に参加したりもできます。

 
▲大人だけでゆっくりと情報収集ができるコーナーも。所沢市の子育てに関するパンフレットや資料がひと通り揃っています。
こちらで開催している子育て講座も好評とのことで、特に子どもの靴選びに関するアドバイスやサイズの測定を行ってくれる「子どもと足の靴講座」などは、すぐに満員になってしまうこともあるそうですよ。

 

「ルピナス」の利用時間は9:30~16:00、休館日は水曜日のみ。(※年末年始は休館)
土日も開館しているので、休日のお出かけ先にもできますね。土日はパパの姿も増えるそうですよ。

近くの児童館でも、乳幼児向けのグループ活動や体操などのプログラムを実施

また、もう少しマンションに近い場所にある「ひばり児童館」にも、子どもと保護者のための遊び場や、親子で参加できる活動があるようです。

好きな時間に行って自由に遊べるほか、乳幼児向けのリトミックやスポーツ、工作、科学教室があったり、毎週決まった曜日に半年間通える幼児グループ活動も開催されていて、お友だちも作りやすそう。
こういった活動は幼稚園や保育園に通う前のステップにもなりますし、無料で参加できるので子育てファミリーには嬉しいですね。


▲「航空公園」駅の近くにある「ひばり児童館」。こちらは0歳から18歳までの子どもと保護者が利用できます。
利用はもちろん無料で、休館日は第2日曜日のみ。
利用時間は9:00~17:30とのことですが、乳幼児のお子さんと保護者は午前中に利用することが多いそうです。
(※現在は新型コロナウィルス感染防止のため、予約制にて利用受付中)
(ひばり児童館 現地より約1,420m)

 

▲今回紹介した所沢市こども支援センター子育て支援エリア「ルピナス」(所沢市こどもと福祉の未来館)と「ひばり児童館」の場所はこちら。

 

マンションの近くには、子連れで楽しめる「西武所沢S.C.」や「グランエミオ所沢」などのショッピング施設もありますし、小さいお子さんと遊べる公園や近隣保育園・幼稚園の園庭開放もあります。
加えてこういった公共の子育て支援施設も利用できますから、選択肢が多いですね。

「所沢」駅の周辺って、大型商業施設が集まっていることもあって、一見すると商業店舗ばかりの街のように見えたりもしますが、調べてみると子育て環境もなかなか充実しているんだと感じました。

※掲載の写真は全て2020年11月に撮影したものです。掲載の情報は2020年11月現在のもので、今後変更となる場合があります。
※徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げています。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の他の記事
  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP