• 分譲マンション
  • 愛知県名古屋市西区
  • 三菱地所レジデンス・三菱商事都市開発・野村不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 名古屋」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 名古屋 > 竣工レポート【2】豪華ラウンジ、ゲストルーム、テレキューブまで、共用施設が充実!
2022年01月31日

竣工レポート【2】豪華ラウンジ、ゲストルーム、テレキューブまで、共用施設が充実!

今月下旬から入居開始となった『ブリリアントスクエア』『センタースクエア』『ディライトスクエア』の3棟。名古屋駅徒歩圏に位置する【ザ・パークハウス 名古屋】での快適な新生活がいよいよスタートします。今回は竣工レポートの2回目!大規模物件ならではの多彩な共用施設を設けた建物館内の様子をご紹介します。
※掲載の写真はすべてザ・パークハウス 名古屋 現地にて撮影・・・・・・2022年1月中旬。

共用部には高級家具ブランド「アルフレックス」の家具を採用(※1)

 
▲こちらは『センタースクエア』1階のメインエントランスの様子。本物件では、ノンタッチで操作できる『ラクセスキー』が採用されているので、入居者の方はわざわざ鍵を取り出さなくてもハンズフリーでオートロックを解除できますが、来訪者の方がインターホンを操作する時に手荷物を置けるよう、荷物置きスペースも用意されています(実はこれ、実際に暮らし始めるととても助かるこまやかな配慮です)。

 
▲オートロックを解除して館内へ進むと『コンシェルジュカウンター』が。ここでは管理スタッフがクリーニングの取り次ぎや共用部の予約管理などに対応。大型のタッチパネルで管理組合からのお知らせや共用施設の予約状況を確認することができます(コンシェルジュ業務は8:00~20:00)。

また、夜間から早朝までの時間帯は警備員が勤務。24時間有人管理が行われるため、“もしもの時にも頼れるスタッフがいてくれる”という安心感も「住まいの価値」につながります。

 


▲コンシェルジュカウンターのお隣には、待ち合わせにも使える『ウェイティングスペース』が。この空間にも赤レンガのマテリアルが温かな彩りを添えています。

 

そして、ウェイティングスペースの先に広がっているのが・・・

 


▲「おおおおお、ステキ~~~!」と思わず筆者も声を挙げてしまった『2層吹抜のエントランスホール』。和モダンな印象の照明デザインが美しく、うっとりと見とれてしまう空間です。

 

さらに、エントランスホールを通り抜けた先には・・・

 


▲広々とした『ラウンジスペース』が!インテリアには高級家具ブランドとしてお馴染みの『アルフレックス』社製の家具(※1)が採用されています。お友達が遊びに来たら、つい自慢したくなりそうなゴージャスな空間ですね!
※1:一部の家具は除きます。

 
▲ガラスウォール越しに広がるのは『フォレストアベニュー』の緑景。ここが名古屋駅徒歩圏であることを忘れてしまいそうな、穏やかな情景に心癒されます。

 
▲壁面には『ノリタケカンパニーリミテド』のボーンチャイナがアート作品として並べられていました。ちょっとした商談や打ち合わせの時も、来訪者を自宅に招き入れることなく、このスタイリッシュな空間で対応できます。

東海地区のマンションで初登場の『テレキューブ』を設置

では、さらに奥へと進んでいきましょう。

 


▲各住居棟へ続くアプローチにもふんだんに植栽が配置されています。毎日の暮らしの風景の中で“常に緑が目に映る環境”が整っているとは、何とも贅沢ですね!


▲こちらは、ディライトスクエア内にあるキッチンを併設した『パーティルーム』。テーブルを長方形に並べれば、お子さんのお誕生日会など大人数を招いてのパーティにも対応可能です。

 
▲そして、こちらはパーティルームの奥に設けられた『スタディルーム』。写真の通り個別ブースごとにコンセントが設けられており、Wi-Fiも完備しているので、家族から一歩離れて仕事に集中したい時や、試験前の勉強をしたい時に“一人になれる静かな場所”として使えます。


▲加えて、『スタディルーム』の外には東海エリアのマンションで初登場となるコミュニケーションボックス『テレキューブ』も設置。防音設計になっているので、重要なリモート会議の時も安心して利用できます。

 
▲ゲストルームは2部屋あり、事前予約制で1泊4000円から利用可能(写真は一泊6000円のゲストルームⅠ)。ご両親やお友達が遠方から訪ねてきてくれたときも、このゲストルームがあればお互いに気を遣うことも無く、ホテル感覚でゆったり滞在してもらえます。

建設中のアベニュースクエアには『フィットネスルーム』も

いかがでしたか?今回ご紹介した他にも、現在建設中の『アベニュースクエア』(2022年12月完成予定、2023年2月上旬入居予定)には、『車寄せ』や『フィットネスルーム』などが設置される予定になっています。


▲いよいよ入居者の皆さんの新生活がスタートする【ザ・パークハウス名古屋】。名古屋駅徒歩圏に位置しながら、総戸数462戸というビッグスケールで登場し、名古屋圏外のカスタマーからも注目を集めた本物件は、東海エリアのマンション分譲史に名を刻む「羨望の生活ステージ」となりそうです。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

この物件の他の記事
  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP