• 分譲マンション
  • 愛知県名古屋市西区
  • 三菱地所レジデンス・三菱商事都市開発・野村不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 名古屋」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 名古屋 > あの『大名古屋ビルヂング』が本日リニューアルオープン!テイクアウトグルメやデリが充実する“生活密着型”の施設に
2021年07月27日

あの『大名古屋ビルヂング』が本日リニューアルオープン!テイクアウトグルメやデリが充実する“生活密着型”の施設に

リニア中央新幹線の開業(2027年以降予定※1)に合わせて大規模な再開発工事が進められている名駅エリア。その街並みの変化は全国的にも注目を集める存在となっていますが、街並みの変化だけでなく名駅エリア全体の街の機能も大きく変わろうとしています。

これまでは、おそらく多くの人が「名古屋駅=働く街、買い物の街」というイメージを持っていたと思いますが、近年の名古屋では郊外の住宅地を離れて都心で暮らす“都心回帰”のニーズが高まっていることもあり、そのニーズに伴って「名古屋駅=暮らす街」としての生活機能が充実するようになりました。

その象徴とも言えるのが、名古屋駅前にそびえ立つ『大名古屋ビルヂング』のリニューアルオープンです。
※1.JR東海リニア中央新幹線HPより(2020年2月)
※以下すべて、大名古屋ビルヂング・・・・・・現地より徒歩14分(約1070m)/2021年7月撮影。

地下鉄の改札口から直結する地下フロアは、
テイクアウトグルメやデリが充実する『大名古屋マルシェ』に!


▲実は『大名古屋ビルヂング』のリニューアルは第一期・第二期の二段階に分けて実施され、第一期はすでに4月28日に完了。地下フロアが『大名古屋マルシェ』としてリニューアルオープンしていました。


▲リニューアル前の地下フロアは、ブランドコスメのセレクトショップをはじめ、期間限定の海外ブランドのポップアップストアなどが登場するなど“高級服飾路線”でしたが、リニューアル後は名古屋初登場となる紅茶専門店や、名駅初登場となるソーセージ専門店、東海地区初登場となるパティスリーなど“食”の楽しみが広がるお店が充実!

 

ちょうど地下鉄の改札からつながるフロアにスーパーの『成城石井』や、美容グッズも充実するドラッグストアの『アインズ&トルペ』などがあるので、お出かけ帰りの買い物も便利になりました。

 

 
▲『大名古屋マルシェ』にはSNSで話題のスイーツショップも!1枚目は東海地区初上陸、鎌倉発のアップルパイ専門店『あっぷるぱい考太郎』のアップルパイ。この日も30分待ちの大行列でした。ちなみに、大名古屋ビルヂング限定の『アップルバターサンド』は開店と同時に売り切れてしまう人気商品ですが(この日も残念ながら完売でした)、名駅徒歩圏の“ご近所”で暮らしていれば、開店前に訪れて人気商品をゲットすることもできそうですね。2枚目は、スペイン発のアートキャンディ専門店『パパブブレ』。小倉などの名古屋地区ゆかりのフレーバーが入った『名古屋ミックス』は、お友達へのプレゼントにしても喜ばれそうです。

 

 
▲この他にも、『大名古屋ビルヂング』の中には『三菱UFJ銀行』や『名古屋銀行』『十六銀行』のほか、9階には『医療モール』が入っており、内科だけでなく、皮膚科、婦人科、耳鼻咽喉科などなど多くの診療科が揃っています。通院がてら買い物を済ませて帰りに銀行へ・・・と、いろいろな用事を一か所で済ませられるのも“名駅生活ならでは”の利便性と言えます。

 


▲この季節、猛暑の炎天下でも、涼しい地下通路を歩いて日用品の買い物ができるのが嬉しいですね!ちなみに『大名古屋ビルヂング』は三菱地所のビル。建物内のデジタルサイネージにも《ザ・パークハウス》シリーズのコマーシャル動画が流れています。

本日7月27日、第二期リニューアルオープン!

そして、いよいよ第二期のリニューアルオープンを迎えるのが、本日7月27日火曜日。


▲その目玉となっているのは、日本最大級の面積と品揃えを誇るという『ジェイアール名古屋タカシマヤ ウォッチメゾン』のオープン。1階と2階部分に一大高級時計ゾーンが登場します。地下フロアは生活密着型ですが、1・2階は高級飾品専門のフロアに。「日用品から高級アイテムまで幅広く“徒歩圏”内で揃う」という点も名駅生活の醍醐味です!

 

ちなみに、2階には時計のカウンセリングにも対応してもらえる『ウォッチリペアコーナー』が登場するとのこと。大切な時計のオーバーホールや電池切れなど“わざわざショップまで出かけるのが面倒でそのまま放置してある”という方も多いのでは?ご近所に“時計のお医者さん”がいると考えると、こちらも心強い存在になりそうです。

 

 
▲他にも、第二期リニューアルでは『大名古屋マルシェ』内に横浜生まれの本格中華惣菜店『華星』が東海地区初登場(6月28日先行オープン済み)のほか、低糖質・高たんぱくのヘルシーなサラダボウルのお店『モルノダ』が名駅地区初登場(9月オープン予定)などなど、テイクアウトグルメのラインナップもさらにパワーアップするのだとか!

ちなみに、2枚目の写真は華星の人気メニュー『あんかけ焼きそば』500円。“名駅エリアは物価が高い”というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、意外にもこんなお手頃価格で本格グルメが楽しめるんですよ!

 


▲ぜひ皆さんも、本日第二期リニューアルオープンを迎える『大名古屋ビルヂング』を訪れて、【ザ・パークハウス 名古屋】で新生活がスタートした後の“快適名駅生活”をシミュレーションしてみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

この物件の他の記事
  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP