• 分譲マンション
  • 愛知県名古屋市西区
  • 三菱地所レジデンス・三菱商事都市開発・野村不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 名古屋」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 名古屋 > ランニングコスト面でも魅力的な敷地内『自走式駐車場』、名駅徒歩圏ながら月額8500円から
2021年02月17日

ランニングコスト面でも魅力的な敷地内『自走式駐車場』、名駅徒歩圏ながら月額8500円から

最近は若い世代のクルマ離れが社会現象化していることを受けて、全国のマンションを取材していると「駐車場スペースを極力省略した物件が増えてきたなぁ」ということを実感します。

特に、駅から近い物件や、都心エリアにあり交通利便性の高い物件の場合は「駐車場スペースが住戸比50%以下」というケースも少なくないのですが、本物件では名古屋都心エリア&名駅徒歩圏にありながら「敷地内に403台分(総戸数462戸に対して住戸比約87.2%)」というゆとりある駐車スペースが確保されています。

さらに特筆すべき点は『自走式駐車場』ということ。そこで今回のレポートでは【ザ・パークハウス 名古屋】の駐車場の魅力について解説します。
※アベニュースクエア(※1)エントランス完成予想CG。

『自走式駐車場』のメリットとは?

ちなみに、マンションの駐車場には大きく分けて3つのタイプがあることをご存知でしたか?

●平面駐車場・・・・・・車の出し入れがしやすい平置きタイプの駐車場
●機械式駐車場・・・・・・入出庫の際に機械操作が必要になる駐車場
●自走式駐車場・・・・・・2階建て以上の複層立体駐車場


▲平面駐車場(イメージ写真)はその名の通り平置きで車の出し入れがしやすく、車高を気にせずに好きな車種を選べるメリットがあります。しかし、敷地内のセキュリティシステムがしっかりと構築されていない場合、車上狙いなどの犯罪が発生しやすくなるケースがあります。


▲機械式駐車場(イメージ写真)は一般的なマンションに多い駐車場。パレットと呼ばれる台の上に車を載せて駐車スペースを積み上げることにより、省スペースで多くの区画を設置できるメリットがあります。ただし、機械操作に時間がかかってしまうため入出庫の際に「待ち時間」の煩わしさがあるほか、パレットの大きさに応じて駐車できる車のサイズ・高さに制限が設けられています。また、定期的に機械のメンテナンスを行う必要があり、平面や自走式に比べると長い目で見て管理費・修繕費などのランニングコストがかかりやすくなります。


▲自走式駐車場(イメージ写真/この物件の駐車場ではありません)は、平面が複層階設けられた立体駐車場のことで、平面と同様に車の出し入れがしやすいほか、ハイルーフなど車高の高い車も駐車可能。機械式のような「待ち時間」のストレスもなく、屋根つきのフロアを選べば真夏の日差しや雨からも愛車を守りやすくなります。

 

【ザ・パークハウス 名古屋】の駐車場は、冒頭でご紹介した通り『自走式駐車場』です。


▲こちらは敷地配置図。【ザ・パークハウス 名古屋】では約1万8000㎡という広大な敷地の中央部分に4階建ての『自走式駐車場』が設けられます。『自走式駐車場』というのはそもそも広大な敷地を持つマンションでなければ設置することができない“大規模マンションならではの便利な設備”の1つと言われているんですよ!


▲駐車場の出入口には『シャッターゲート』が設置されるため、部外者は侵入することができず、大切な愛車をしっかりと守ることができます。ちなみに、シャッターゲートはETCと連動するためリモコンの操作は不要(リモコンでも操作が可能) 。他にも『来客用駐車場』を兼ねた『電気自動車充電スペース』が3台分用意されるほか、『洗車スぺース(※1)』まで設置されるそうですから、クルマ好きの方も快適な環境でカーライフを満喫できそうですね!

また、当レポートの冒頭にもCGを掲載したとおり『アベニュースクエア』のエントランスには物件の格式の高さを感じさせてくれる『キャノピー付きの車寄せ』が。『ディライトスクエア』の1階建物内には『コーチエントランス』が設けられているので、雨の日の車の乗り降りや荷物の積み下ろしの時にも便利。まさに“ホテルライク”な風格漂う設計になっています。

名駅徒歩圏にありながら、月額利用料はなんと8500円から!

なお、近年は『名古屋』駅周辺の大規模再開発に伴い、駐車場代金がどんどん値上がりしているというのは皆さんもご承知の通りでしょう。筆者が月極駐車場のサイトを確認してみたところ、名駅エリアの駐車場の平均賃料は3万2890円、則武エリアでも2万1765円(2021年2月時点)というデータがあったので「名駅徒歩圏でマイカーを維持するのってちょっと大変かも・・・」という印象を持っていたのですが、【ザ・パークハウス 名古屋】の駐車場月額使用料はなんと「8500円から」と聞いてビックリ!


▲これなら、維持費の負担を軽減しながらマイカーを持つことができそうですね。
※ディライトスクエア『コーチエントランス』完成予想CG。

もちろん、屋根付きや大きさの違いなど階数や区画によっても月額使用料は異なりますので、詳細はレジデンスギャラリーでスタッフの方に確認してみてくださいね!
来場予約フォームはこちらから。

※1:アベニュースクエアの車寄せおよび洗車スペースは建物全体の入居(2023年2月予定)以降の使用開始となります。
※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

この物件の他の記事
  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP