• 分譲マンション
  • 東京都狛江市
  • 東急不動産・三菱地所レジデンス・小田急不動産

住宅ライターの「プレイスコート喜多見」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > プレイスコート喜多見 > マンションの最寄り駅、「喜多見」ってどんな駅?
2018年07月20日

マンションの最寄り駅、「喜多見」ってどんな駅?

今回レポートするのは、「プレイスコート喜多見」の最寄り駅、小田急線「喜多見」駅の駅前。

最寄り駅の周りに何があるか、どんな雰囲気なのかは、生活するうえではかなり大切なポイントですから、しっかりとチェックしておきたいところです。
マンションがある側の北口エリアだけでなく、反対側の南口エリアも“暮らす”目線でリサーチしてみました。

スーパーや交番などがあり、パチンコ店などは見当たらない駅前

「喜多見」駅ってあまり馴染みのない方もいらっしゃると思いますが、今回私が駅周辺を歩いてみて感じたことをまとめると、

■北口・南口のどちら側にも駅前広場があって、整った印象
■北口側の駅前広場には交番があり、見守られている安心感も。
■スーパーの「サミットストア」(深夜1時まで営業しています)や、「ドトールコーヒーショップ」、喫茶店、雑貨店、衣料品店やクリーニング店などが集まる「喜多見商店街」があり、生活するには充分な施設がそろっている。
■デパートや大型ショッピングビルなどはないものの、代わりに、パチンコ店や風俗店、ギラギラした印象の繁華街もなく、女性や小さな子どもも歩きやすい。

といったところでした。
デパートや大型ショッピングビルなどはありませんが、その分穏やかな街だと思いましたよ!

では、どんな雰囲気の駅前で、どういった施設があるのか、詳しく見ていきたいと思います。

交番や小規模な店舗があり、小ぎれいな印象の北口側

「プレイスコート喜多見」がある駅の北口側には、車が通行しない駅前広場と交番があります。
高架下を活かした複合型商業施設「小田急マルシェ喜多見」もあり、小規模ながらも一通りのものがそろうラインナップで、暮らすうえで不足はなさそう。


▲電車の発着時に駅からたくさんの人が出てきても、広々として通行がしやすしそうな「喜多見」駅北口側の駅前広場。

 

高架下の複合型商業施設「小田急マルシェ喜多見」内には、「ミスタードーナツ」や「マクドナルド」、コンビニの「Odakyu MART(オダキューマート)」、子ども服や寝具などもある衣料品店の「コルモピア」などが集まっています。

 
▲飲食店や雑貨店など、バラエティに富んだ店舗が入る「小田急マルシェ喜多見」。

 

また、駅前には100円ショップの「ダイソー」や「喜多見駅前郵便局」などもあり、平日の日中でも買い物などをする人で賑わっています。
皆さん、車というよりも徒歩や自転車でお買い物に来ているようで、道には適度に人通りもあります。

 
▲「コルモピア」の向かい側にある一角に、100円ショップや郵便局、リサイクルショップ、酒店、クリーニング店、三菱UFJ銀行のATMコーナー、学習塾などが入る商業施設があります。

 

また、北口側の駅前広場には交番もあり、見守られている安心感も。


▲警視庁成城警察署「喜多見駅前交番」。

 

私が取材に訪れた時に見た限りでは、常時交番には1~2名ほどのお巡りさんがいて、駅前を見守ったり、道案内をしていたりするようです。帰宅が夜遅くなった時なども、駅前に交番があると心強く感じられそうですね。

深夜1時まで営業している「サミットストア」などがある南口側

反対側の南口を出たところも駅前広場が整っていて、通行しやすい雰囲気。
大きなスーパーの「サミットストア」が目に付くため、一瞬「南側の方がちょっと賑やかかな?」という感じもしますが、のんびりしていて、適度にお店がある雰囲気は北側と同じです。


▲「喜多見」駅南口側の駅前広場。

 

 
▲南口側の「サミットストア」は1階がお惣菜やベーカリー、2階が野菜などの生鮮食品の売場になっています。深夜1時まで営業。

 

駅からマンションまでの帰り道の途中にあるスーパーの「信濃屋」も深夜0時まで営業していますから、「プレイスコート喜多見」に住む場合は、普段のお買い物はそちらの方がパパッと済ませられそう。

ただ、売場面積は「サミットストア」の方が広く、品揃えも「信濃屋」とは傾向が異なりますから、必要に応じて利用するスーパーを使い分けてもいいですね。

 

南口側には、「ドトールコーヒーショップ」や「クスリのナカヤマ薬局」など、生活に密着したお店がいくつか並んでおり、眼科や整形外科が入る医療モールもありました。

 
▲「サミットストア」の向かい側に、便利そうなお店が並んでいます。
医療モールには眼科、整形外科の他、レディースクリニックや消化器内科のクリニック、処方箋薬局がありました。

 

ここでワンポイント情報ですが「喜多見」駅周辺は、駅の北側と南側にあるお店がまとまって「喜多見商店街」になっています。
駅を境に違う商店街(商店会)になる街も多いなか、喜多見のように“北も南もひとつの商店街”という街は、アットホームでまとまりがあって、いいなぁと思います。

「喜多見商店街」では、フリーマーケットや盆踊り、ハロウィン、イルミネーションや餅つきなど、季節のイベントも実施されている様子。家族で参加してみても楽しそうですね。

線路が高架化されているので、北口⇔南口の行き来もしやすいんです

それから、私がいいなぁと思うのは、線路が高架化されているおかげで踏切がなく、駅の南北へ行き来しやすいこと。


▲「喜多見」駅北口側から線路側を撮影。
高架下も歩道が整っていて通行しやすく、“駅の反対側”のお店にも行きやすいんです。

騒がしい商業施設や、飲食店は? あえて裏道に入ってみました

ここまで、「駅の周りにあるもの」をチェックしてきましたが、もちろん「ないもの」も。
例えば、大きなデパートなどはありませんし、高層ビルも見当たりません。おしゃれなものを買いたい場合は、ひとつ隣の「成城学園」駅前に行くといいのかなと思います。

「喜多見」駅の周りにあるのは、どちらかというとスーパーや生活雑貨など、生活密着型のお店が中心で、そんな穏やかな雰囲気がこの街のいいところだと思いました。

そして、“穏やかさ”の理由を考えているうちにふと気が付いたのですが、派手な商業施設もない代わりに、パチンコ店やゲームセンター、風俗店なども「喜多見」駅の周りにはないんですよね。


▲駅の周りを一人でぐるぐる歩き回っていたので、整骨院の方に「何かお探しなんですか?」と不審に思われたのかお声がけをいただいてしまったのですが(笑)、整骨院の方も「喜多見の周りにはパチンコはないですよ。商店街にも、地元のスナックが1軒あるだけで、ほとんど“真面目”なお店ばっかり(笑)」と仰っていました。

 

今回「喜多見」駅の周辺を調査してみたところ、日常のお買い物は充分間に合い、適度に賑わってもいるけれど、パチンコ店などがなく安心感のある街、という印象を持ちました。

 

さて、次回は「プレイスコート喜多見」の建設地周辺の「用途地域」について解説します。
どうぞお楽しみに!

※掲載の写真はすべて2018年7月に撮影したものです。
※記事中の店舗・施設の現地からの距離…ミスタードーナツ喜多見駅前ショップ(約470m・徒歩6分)/マクドナルド 喜多見マルシェ店(約480m・徒歩6分)/Odakyu MART(オダキューマート)喜多見店(約460m・徒歩6分)/コルモピア喜多見駅店(約490m・徒歩7分)/ダイソー喜多見駅前店(約520m・徒歩7分)/喜多見駅前郵便局(約530m・徒歩7分)/サミットストア喜多見駅前店(約440m・徒歩6分)/ドトールコーヒーショップ 喜多見店(約480m・徒歩6分)/クスリのナカヤマ薬局喜多見駅前店(約480m・徒歩6分)/医療モール(小泉メディカルビル)(約510m・徒歩8分)
※表示距離は、現地からの地図上の概算です。徒歩時間は80mを1分として算出し、端数を切り上げています。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP