• 分譲マンション
  • 東京都世田谷区
  • 丸紅都市開発・相互住宅

住宅ライターの「グランスイート世田谷仙川」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > グランスイート世田谷仙川 > 実際に歩くと何分?仙川駅からマンションまでの道をチェックしました
2022年06月28日

実際に歩くと何分?仙川駅からマンションまでの道をチェックしました

今回は「グランスイート世田谷仙川」の最寄駅、京王線「仙川」駅からマンションへの徒歩ルートをレポートします。

マンションの立地選びを考えた場合、シングル目線でもやはり、まずは駅近が好まれる傾向にあるようです。

ただ、静かな環境や敷地のゆとり、日当たりなどといったことを重視したい場合、駅からの距離にこだわりすぎないことで求める条件が揃いやすくなる場合もあります。

こちらのマンションの場合は、駅からは少し離れるようですが、その分環境がぐっと良くなる“環境重視型”。
公式サイトでは「徒歩10分」となっていますが、本当にそれくらいで着けるか、安全性はどうかなど、実際に現地を歩いて検証していきます。

結論から言うと、実測では10分よりも少し早く歩けました。平坦で歩きやすく、賑やかな駅前から静かな住宅街へと変わる道のりで、マンションが建つ場所の環境の良さも感じることができました。

こちらの記事をまとめると……

まずは最短ルートを検証。実測で8分37秒!賑やかな駅前から落ち着いた住宅街へ

まずは道のりを地図で見てみましょう。マンションの公式情報で「徒歩10分」となっている最短ルートから検証します。


▲マンション公式サイトの地図を加工。
線路沿いから住宅街の中を進んでいくルートです。途中、信号は1か所だけのようです。

 

では早速、「仙川」駅の改札を出たところからスタート。


▲実際にかかった分数をストップウォッチで計測します。

 

 
▲ちなみにこの日はちょっとかかとの高いパンプスを履いていました。個人的にはこういう靴でも歩きやすい道だと嬉しいのですが……果たして!?
(一部、進行方向をオレンジ色の矢印で描き入れています)

 

駅を出たら、まずは道のりの3分の1ほど線路沿いを進みます。人ひとりと問題なくすれ違えるくらいの幅で、車が通らない細い道です。

飲食店や住宅、駐輪場などがあり、駐輪場を利用する方や近隣にお住まいの方か、昼夜を問わず人通りがあります。「人目がちゃんとあるか」は安心感に繋がる要素ですが、私が実際に歩いたところ、こちらの道は問題なさそうだと感じました。

 
▲画像1枚目: 線路沿いの道。
画像2枚目:改札を出て160mほど歩いたところで、信号のある横断歩道を渡ります。こちらがルート上で唯一の信号。大きな交差点ではないので、赤信号で立ち止まってもすぐに変わります。

 

ちなみに、線路は道路よりも低い場所を通っているため、踏切はありません。
京王線は笹塚~仙川間で踏切解消工事を進めてきたんですよね。事故や渋滞が起こりにくくなって、良いなと思います。

さて先ほどの信号から110mほど歩いたら、右へ。ここから住宅街に入ります。

 
▲駅から少し歩くだけで閑静な住宅街になります。

 


▲一戸建てが中心で、お庭の樹木がキレイにお手入れされているお宅も多く、緑が多い街並みです。

 

このあたりまで来ても、近くに住んでいるらしき方の人通りが絶えずありました。前後を見回したときに人の姿が見えなくなる瞬間があるにはありますが、1分間にも満たないくらい。
すれ違う人も学生くらいの若い人や子連れの方、年配の方、スーツ姿の方など、世代がさまざまでした。

住宅街だと「夜歩くのが怖いかも……?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、夜間の人通りもチェックしてみたところ、昼間ほどではないですが適度に人通りがありました。前後に人が見えなくなる瞬間が長くて2~3分程度といったところでしょうか。駅に電車が着くタイミングで、人が歩いてくる感じでした。

マンションが完成すれば、「グランスイート世田谷仙川」の72世帯に加えて、同じ開発区域(SETAGAYA Qs-GARDEN)内に163戸の学生向け住宅もできますから、今後さらに人通りが増えそうです。

 

車はごくたまに通りますが、乗用車1台が通れるくらいの道幅のためスピードを出してくる車は見ませんでした。仮に歩きスマホをしていても(笑)危険を感じずに歩けるような道だと思います。

人通りや車通りについては時間帯やタイミングによっても異なってくると思いますので、気になる方はご自身で歩いてみてくださいね。


▲途中、右手に生産緑地があり、日中はこちらで畑仕事をしている人の姿も。
(生産緑地制度というのは、都市部の緑ある環境を守るために作られた制度です)

 

住宅街を進むと、前方にマンション建設地のクレーンが見えました。

 
▲マンションが完成したら、このあたりから外観が見えるのかもしれませんね。

 

「給田六所神社通り」という片側1車線の道路に出ると、目の前がマンション建設地です。


▲写真右側の白い仮囲いのある場所が、マンションの建設地です。
前の道は車通りが少なく、横断歩道で車が通りすぎるのを待つようなことはほとんどありません。

 

敷地の端まで来たところでストップウォッチを止めました。
ここまでかかった分数は……


▲8分37秒! 公式サイトの「10分」よりも1分半ほど早く着きました。

 

不動産の広告では80mを徒歩1分(端数は切り上げ)として表示するように決められています。

こちらのマンションから「仙川」駅までの距離は約740mですが、720m(9分)を1mでもオーバーした場合は「10分」という表記になるので、実質は「9分ちょっと」の距離ではあるんですね。

駅ビルに深夜1時まで営業しているスーパーがあり、残業帰りでも買い物できます

ここまでマンションまでの最短ルートを紹介しましたが、帰宅ルート上にある買い物スポットも見てみましょう。

前回の記事でも少し触れたとおり、仙川は買い物スポットが充実している街です。
メインの商業ゾーンは駅南側の一帯ですが、駅ビルの中にも食品などが買えるお店があります。


▲2階建ての駅ビル「フレンテ仙川」には、「京王ストア」の他、「啓文堂書店」やコスメのお店「atman atman (アートマン アートマン)コスメ」、「おむすび権米衛」などが入っています。

 

駅ビル1階にある「京王ストア」は2020年8月にリニューアルオープンしたばかり。
生鮮食品だけでなく、デリやサラダ、カット野菜、冷凍ミールキットなども充実していて、忙しい人も利用しやすいんです。
朝7:00~深夜1:00まで営業しているので残業帰りでも立ち寄れるのが嬉しいですね。

駅前には他にもドラッグストアや雑貨店(ITS’DEMO)などがあり、22:00ごろまでは買い物ができます。

コンビニや自然食品のお店を通る“買い物ルート”も。少し遠回りをしても実測で9分41秒

さらにもう少し買い物の選択肢が欲しいとか、コンビニに寄ってから帰りたいという場合は、こちらのルートを通って帰ると便利です。


▲駅前を南へ、「自然食品F&F」や「ファミリーマート」を通ってから住宅街へと向かうルートです。
こちらのルートからは少し外れますが、ほんのちょっとの距離なので「クイーンズ伊勢丹」に寄っても良いですね!

 

こちらの道も歩いてみましょう。もちろん、実際にかかった分数も計測しますよ~。


▲駅前の道(日向通り)。右手のビルの1階には「自然食品F&F」(21:00まで営業)が入っています。

 

「自然食品F&F」は成城や二子玉川、麻布十番などに店舗がある自然食品のお店。契約農家から取り寄せた野菜や自然派のスイーツ、お惣菜、乳製品などが充実しています。

お弁当やお惣菜も美味しいんですが、こちらで翌日の朝ごはんを買うのもオススメです。グルテンフリーのナッツ入りパンや有機栽培のコーヒー、薬膳スイーツなども買えるので、出かけたくない日の(笑)ストック食材を買っておいても良さそう。

さて、駅から100mほど歩いたら、「仙川駅南」交差点を左へ。

 
▲交差点の角には、「スターバックスコーヒー」や「カルディコーヒーファーム」「青山フラワーマーケット」などが入る商業施設「パール仙川」があります。
ちょっと寄り道して「明日の朝飲むコーヒー豆を調達」「輸入のチーズを買っておつまみに」という買い物をするのも楽しそう。

 

このあたりからだんだん落ち着いた街並みになってきますが、まだ飲食店や郵便局、学習塾などが並ぶ商業エリアといった雰囲気。
先ほどの「仙川駅南」交差点から100mほど先に、「ファミリーマート」があります。


▲こちらのファミリーマート、駅近のコンビニですがちょっぴり広めなのが個人的には好印象。
通勤バッグを肩にかけていても人にぶつからず、買い物しやすい適度な広さというのでしょうか。つい立ち寄ってしまいそう(笑)

 

 
▲ここを過ぎると、住宅街に入っていきます。

 

ここからは、先ほどの最短ルートでも通った住宅街です。

 
▲こちらのルートでの実測値は9分41秒。10分未満で着きました。

 

今回の検証結果をまとめると……

・最短ルートは実測で8分37秒。ヒールでも歩きやすい平坦な道。
・途中、信号は1か所のみ。時間のロスが少ない。
・賑やかな駅前から住宅街へと街並みが変わる。住宅街も人通りは適度にあり、車通りはほぼなし。
・コンビニや自然食品のお店を通る道で朝食やお惣菜の買い物も。こちらは実測で9分41秒。

 

ここで徒歩分数についての豆知識をひとつ。
こちらのマンションは公式情報で「徒歩10分」ですが、11分ではなく「10分」なのがちょっとポイントです。

実はこの数字は、「中古で売りに出す場合」にも適用されるんですが、購入検討者が住宅サイトの検索で「5分以内」や「10分以内」「15分以内」という絞り込みをかける場合、「10分以内」の物件として表示されるということになります。


▲住宅サイトの絞り込み条件はだいたい5分刻みなので、5分か6分か、10分か11分かの場合は、キリよく10分以内の方が、後々条件よく売り出せるということになるんですね。

 

マンションの徒歩分数などの基礎知識については、公式インスタグラム(世田谷仙川100日ダイアリー)の「おうち選びのマメ知識」シリーズも参考になりますよ。


▲物語調で親しみやすい内容のアカウント。スマホで手軽に見られるの、良いですね。

 

さて次回は、「将来ずっと住むとしたらどう? 年を取っても快適に住める?」という視点で、仙川の街をチェックします。
どうぞお楽しみに。

※掲載の写真はすべて2022年6月に撮影したものです。
※距離表示についてはマンション現地からの地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

過去の記事
  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。

過去の記事

この物件の他の記事 PAGE TOP