• 分譲マンション
  • 東京都武蔵野市
  • 中央日本土地建物・三菱地所レジデンス・三信住建

住宅ライターの「バウス武蔵境」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス武蔵境 > 駅から【バウス武蔵境】現地までの道のりレポート!実際には徒歩何分?!
2019年08月09日

駅から【バウス武蔵境】現地までの道のりレポート!実際には徒歩何分?!

皆さんは『物件概要の徒歩分数の表示ルール』についてご存知ですか?新築分譲マンションの物件概要には、必ず「○○駅から徒歩○○分」と最寄り駅からの所要分数が表示されていますが、実はあの分数は実際に歩いて計測したものではなく「80m=徒歩1分の距離計算で算出する」という不動産広告共通のルールに基づいて表示されています。

そのため、急勾配の上り坂だったり、くねくねと路地が入り組んだ歩きにくい道のりの場合は、実際に歩いてみると「概要に表示されている分数よりもなんだか遠くに感じるなぁ」という感想を持つことも実は少なくありません。

そこで今回のレポートでは『駅から現地まで実際には徒歩何分かかるのか?』について、筆者が歩いて計測してみることにしました。ちなみに【バウス武蔵境】の物件概要では、最寄り駅であるJR『武蔵境』駅北口から現地まで「徒歩9分」の表示になっていますが、果たして実際はどのような結果になるのでしょうか?!
※JR『武蔵境』駅北口の様子・・・・・・現地より約690m/2019年8月撮影。

【この記事のまとめ】

■最寄りのJR『武蔵境』駅北口からバウス武蔵境現地まで実際に歩いて所要時間を計測したところ9分足らずで到着。
■大きな交差点はひとつだけ。まっすぐでフラットな道のりだから「とても歩きやすい」印象。
■わざわざ遠回りすることなく、帰り道ルート上で主な買い物を済ませられる点も“時短”を叶えることができて便利。

まっすぐ&フラットで歩きやすい、駅から現地まで“9分足らず”で到着!

JR『武蔵境』駅には中央改札とnonowa口改札の2つの改札がありますが、今回は中央改札を出て北口の『すきっぷ通り商店街』を通り抜け、【バウス武蔵境】の現地を目指すルートを歩いてみました。

 
▲では、ここからスマートフォンのストップウォッチ機能を使って計測スタート(※1)。
※JR『武蔵境』駅北口の様子・・・・・・現地より約690m/2019年8月撮影。


  
▲『すきっぷ通り商店街』については前回のレポートでもご紹介しましたが、コンビニ、ドラッグストア、100円ショップ、郵便局やメガバンクのATMコーナーまで、多彩な店舗が揃っています。わざわざ遠回りすることなく、帰り道ルート上で「ふだんのちょっとした用事」が済ませられるのは本当に便利!買い物時間の“時短”にもつながります。
※すきっぷ通り商店街の風景・・・・・・現地より約510m/2019年8月撮影。

 
▲『すきっぷ通り商店街』を通り抜けると『アジア大学通り』と交差する大きな交差点が。ここを西へ向かって左折したら、あとは通り沿いをまっすぐ進んでいきます。この『アジア大学通り』から先の街区は、先ほどまでの「商店の賑わいを感じる駅前エリア」からガラリと雰囲気が変わり、「閑静な住宅街」の穏やかな街並みが広がります。
※以下、アジア大学通りの風景・・・・・・現地より約500m/2019年8月撮影。


▲『アジア大学通り』の歩道は、夏の季節もアスファルトの照り返しを感じないインターロッキング舗装で、道幅もゆったり確保されているため、前から歩いてくる人とすれ違うときもストレスを感じません。また、通り沿いには街路灯に加えて、マンションや一戸建てなど“人の気配”を常に近くに感じることができる住居系の建物が多く建ち並んでいるので、これなら夜道を帰るときも安心できそうです。

 
▲駅からはずっとフラットな地形が続いているため、ベビーカーを押しているときや、仕事用のハイヒールでも歩きやすそう。商店街で買い忘れたモノを思い出しても、途中『ミニストップ』があるので買い忘れ対策もOK!冷たいものが恋しくなる真夏の季節、「アイスを買って帰りたいな・・・」というときも気楽に立ち寄ることができます。
※ミニストップ武蔵境2丁目店と周辺の風景・・・・・・約190m/2019年8月撮影。

こうして『ミニストップ』の前を通り過ぎると・・・

 
▲あ、【バウス武蔵境】の現地が見えてきました!・・・さて、ストップウォッチの計測結果は?!
※現地周辺の風景・・・・・・2019年8月撮影。


▲メインエントランス前で、駅からの所要時間は『8分10秒』でした!

この日は35度を超える猛暑日だったため、あまり無理はせずに比較的ゆっくりと歩いたのですが、9分かかることなく現地に到着。また、大きな交差点を渡るのは『すきっぷ通り商店街』から『アジア大学通り』に出たところの1回きりで、あとはまっすぐ通り沿いを進むシンプルなルートとなるため、筆者個人的には「物件概要の9分から想像していたよりも、もっと駅が近くに感じるなぁ」という感想を持ちました。

==============================

いかがでしたか?実際に歩いてみると“JR『武蔵境』駅から9分足らずで到着”することがわかった【バウス武蔵境】。駅からの帰り道には緑の風景も多く、木々の並木が爽やかな木陰をつくりだしてくれるため、真夏でも気持ちよく歩ける点も特筆すべき魅力です。ぜひ皆さんも“ご自身の歩行速度で”実際に駅から現地までの道のりを歩きながら、この街に暮らすイメージを膨らませてみてくださいね!


▲駅からの帰り道、フェンス越しに眺めることができる『農業体験型農園』の草原に、なんとヤギの親子の姿を発見!農園の草取り係として活躍しているようです。こうしたのどかな風景にもほっこりと気持ちが癒されます(笑)
※現地周辺の風景・・・・・・約210m/2019年8月撮影。

※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し端数は切り上げています。
※1:計測結果については、歩行速度・天候・信号の状況によっても異なります。あくまでもレポート時の実測として参考にしてください。より正確に計測を行うため、風景写真撮影の際はストップウォッチを一時停止にして歩行分数を計測しました。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

この物件の他の記事
  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP