• 分譲マンション
  • 東京都武蔵野市
  • 中央日本土地建物・三菱地所レジデンス・三信住建

住宅ライターの「バウス武蔵境」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス武蔵境 > マンションによって異なるアフターサービスの内容、『バウスプレミアムオーナーズクラブ』のサービスをチェック!
2021年08月28日

マンションによって異なるアフターサービスの内容、『バウスプレミアムオーナーズクラブ』のサービスをチェック!

マンション購入を検討するとき、おそらく多くの方が「価格・広さ・環境・設備」等については事前にチェックされると思います。しかし、もうひとつ忘れずにチェックしておきたいのが『入居後のサービス内容』について。

分譲マンションには、法令で定められている『瑕疵担保責任(構造耐力上主要な部分又は雨水の浸入を防止する部分の瑕疵について請負人が10年間の担保責任を負う)』に加えて、売主独自のアフターサービスが設けられていることが多く、マンションごとにサービス内容や保証内容が異なっているのです。

そこで今回のレポートでは、《バウス》シリーズのアフターサービスについてご紹介します。
※写真は『バウスプレミアムオーナーズクラブ』ホームページTOP画面より引用。

【この記事のまとめ】

住宅設備機器の保証を「最長10年」まで延長

マンションの設備機器に関するアフターサービス期間は、通常「2年間」とされています。しかし、最近は顧客サービスの拡充を図るため、大手デベロッパーを中心にしてアフターサービス期間を延長する事例が増えています。

入居後の暮らしをサポートする《バウスプレミアムオーナーズクラブ》では、システムキッチンやガス給湯器など、対象設備の保証期間を引渡し後「最長10年」まで延長。対象となる住宅設備機器に不具合が発生した場合は、利用規約に基づき出張修理または本体交換が無償で実施されることになります(※1)。


▲こちらが対象となる設備機器の数々。特に水まわり設備は毎日使う大切な設備ですから、最長10年まで保証が延長されるというのは心強いですね!


▲筆者自身も経験がありますが、特に『ガス給湯器』は湯沸かしの負荷がかかりやすい冬場に基板故障を起こしやすいため、「寒い冬の朝に突然お湯が出なくなって困った!」というトラブルをよく耳にします。こうしたトラブルの際もアフターサービス保証として修理対応してもらえます。※ただし、使用上の過失があった場合や、災害などの外的要因があった場合は、出張費・作業費含めて有償対応となります。

 

そして、こうしたトラブル発生の際に頼りになるのが、24時間・365日対応のアフターサービス窓口『バウス住まいのサポートデスク』の存在です。

家具の移動や電球交換も。「24時間・365日」受付のサポートデスク

突然住まいの設備に不具合が起こった場合、「取扱説明書を読み直しても解決できない」「営業時間外でメーカーの窓口がつながらない」などのケースで不安になることも多いでしょう。そんな時はまず『バウス住まいのサポートデスク』に電話をすると、下記の手順で対応してもらえます。


▲このサービスは、賃貸で運用している住戸にも同様の対応が行われるほか(有償の場合は賃借人が経費を負担)、売却などでオーナーが変わったとしても「所有者等変更届」を提出すれば、そのまま次のオーナーに引き継がれます。こうしたサービスの継承も“住まいの価値”を高めるポイントとなりそうです。

 

ちなみにサポートデスクでは、設備関連のトラブル相談だけでなく「家具の移動」や「電球の交換」などのちょっとした『お手伝いサービス』にも無償で対応(スタッフ1人・作業時間は30分程度が目安※2参照)。一人暮らしの方や、高所作業が不安な高齢者の方には特に、いざというとき助かるサービスですね!

住戸専有部の定期点検は「約3ヶ月目・12ヶ月目・24ヶ月目」の計3回

一般的に、マンションの小さな不具合は新築後2年のあいだに発見されやすいと言われています。

《バウスプレミアムオーナーズクラブ》では、建物内外の仕上げや設備不具合については短期保証(1年~5年)、構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分については長期保証(10年)としており、万一の不具合を早期発見するための『定期アフターサービス』も実施しています。


▲住戸専有部の定期点検については「約3ヶ月目・12ヶ月目・24ヶ月目」の計3回実施。点検時期になると各住戸のポストに「補修工事依頼書」が投函されるため、気になる箇所を記入して返信すると、短期保証の部分について補修工事が行われます。この保証を上手に活用するためにも、入居後は“住戸内に不具合がないかどうか?”を隅々までチェックしておくと良いでしょう。
※写真は建物内モデルルーム601号室(Rタイプ/77.95㎡/3LDK ※3)


▲また、建物共用部については「12ヶ月目・24ヶ月目」の計2回実施。入居者の中から選出された管理組合担当者の立会いのもとで「屋上防水」「床下ピット」「建物躯体状態」などの確認が行われます。
※写真はブックラウンジの様子・・・・・・2021年7月20日撮影。

多くの世帯が集まるマンションにおいて、定期的に点検を行い、良好な住まい環境の維持に努めることは、結果的に「資産としての価値を維持すること」につながります。今回ご紹介した定期点検やサービスの内容については『BAUS PREMIUM OWNER’S CLUB』の案内(※4)の利用規約を確認しておきましょう。

ホテルやレストランで使える割引サービス『バウスクラブオフ』も!

いかがでしたか?今回は《バウスプレミアムオーナーズクラブ》のアフターサービスや保証内容についてご紹介しましたが、他にも、全国約2万5000軒のホテルや旅館を「最大80%オフ」で利用することができたり、飲食店、テーマパーク、映画館等で割引優待が受けられる『バウスクラブオフ』もバウスオーナーならではの特典となっています。

「どんなマンションを選ぶか?」によって、入居後の安心感や節約術が大きく変わってきますから、この機会に『バウスプレミアムオーナーズクラブ』のサービス内容をじっくりとチェックしてみて下さいね!

■バウスプレミアムオーナーズクラブ https://www.baus-web.jp/owners/

※1:メーカー保証期間内は、メーカー保証が優先的に適用されます。
※2:無償での対応は、作業員1名で行える応急処置で、30分以内の部品交換や特殊工具を必要としない修理・調整作業。9:00~17:00対応のお手伝いサービスで、作業員1名・1回あたり30分以内で行える軽作業。ただし無償は2回までとなります。また、応急処置では対応できず、別途2次対応が必要となる修理・調整作業や、30分を超える作業・部品交換・消耗品交換にかかる費用等、年2回を超える回数のお手伝い、作業員の増員、30分を超えるお手伝い作業等は有償となります。
※3:モデルルームで使用されている家具・調度品等は販売価格に含まれません。
※4:プレミアムオーナーズクラブの案内は来場時と契約時、引き渡し時に配布されます。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

この物件の他の記事
  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP