• 分譲マンション
  • 東京都武蔵野市
  • 中央日本土地建物・三菱地所レジデンス・三信住建

住宅ライターの「バウス武蔵境」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス武蔵境 > 『武蔵境』駅前で何でも揃う?!お買い物施設を一挙紹介!
2019年07月26日

『武蔵境』駅前で何でも揃う?!お買い物施設を一挙紹介!

『武蔵境』から、中央線沿線を代表するショッピングタウン『吉祥寺』までは直通5分(※1)。自転車でも気軽に訪れることができる距離のため、「武蔵境エリアに住んでいる人は、吉祥寺まで買い物に出かける人が多いんだろうな・・・」と筆者は想像していたのですが、先日『武蔵境』駅周辺を取材してみてビックリ!

実は『武蔵境』駅前にも、商店街をはじめとした多彩な商業施設が揃っているので「吉祥寺までわざわざ出かけなくても、日常の買い物は地元でほぼ完結できる」ことがわかったのです。そこで、今回のレポートでは【バウス武蔵境】での新生活がスタートしたら利用する機会が増えそうな『武蔵境駅前の買い物施設』を一挙ご紹介します!
※『武蔵境』駅南口の様子・・・・・・現地より徒歩9分(約690m)/2019年7月撮影。

 


▲レポート内では『武蔵境』駅前のショッピングゾーンを3つのエリアに分類してみました。

【この記事のまとめ】

■「等身大の使いやすいお店」や「地元にあったら嬉しいお店」が駅前にほとんど揃っている『武蔵境』駅
■駅からの帰り道ルート上で主な用事を済ませることができるので日常生活の時間効率がアップ
■食材からブランドコスメまで多彩なショップが充実、“買い物の選択肢”が広がる点も嬉しい

【北口商店街ゾーン】銀行、郵便局、コンビニ、ドラッグストアなど
「帰り道にあったら嬉しい生活施設」がバランスよく揃うすきっぷ通り

日々慌しく生活を送っていると、ついつい時間に追われがちになりますが、駅からの帰り道に「買い物施設」や「金融機関」などが揃っていれば、わざわざ遠回りすることなく日ごろの用事を一気に済ませることができるので、日々の時間効率がアップします。まさに、そんな“効率の良さ”を実感できるのが、駅北口の『すきっぷ通り商店街』です。

  
▲『武蔵境』駅の中央改札を出て横断歩道を渡るとすぐ目の前に広がる『すきっぷ通り商店街』。約200mの通り沿いに約55店舗の専門店がズラリと並んでいます。インターロッキング舗装された広々とした道路は、車両の通り抜けがほとんど無い“歩行者天国”状態。小さなお子さんを連れている時も安心して歩くことができます。
※以下、すきっぷ通り商店街の風景・・・・・・現地より徒歩7分(約510m)/2019年7月撮影。


▲郵便局、各銀行のATMコーナー、ドラッグストア、青果店、フラワーショップ、オーガニックショップ、100円ショップや、SNSで話題のベーカリーや行列のできるラーメン店などグルメスポットも充実!商店街全体に活気があるので楽しく歩くことができ、この『すきっぷ通り』の中だけでも日常の主な用事を完結できそうです。

【駅ナカ・高架下ゾーン】新鮮ご当地野菜、お惣菜など、
こだわりの食材を選びたいときは“駅ナカ”がオススメ!

 
▲『武蔵境』駅にはJRの改札に面した『nonowa武蔵境』と西武線の改札に近い『Emio武蔵境』の2つの駅ナカショップが。エミオの中には『成城石井』のほか、惣菜店や焼き鳥店などテイクアウトのお店が充実しているので、「夕飯のおかずのあともう一品」を探したいときに頼もしい存在となりそうです。
※1枚目:nonowa武蔵境・・・・・・現地より徒歩9分(約690m)/2019年7月撮影。
※2枚目:Emio武蔵境・・・・・・現地より徒歩11分(約810m)/2019年7月撮影。


▲嬉しいのは、JRの中央改札を出ると目の前に青果店の『ころくや』があること。『ころくや』は全国の百貨店にテナント展開を行っている青果専門店で品質に定評のあるお店。旬のご当地野菜やブランド果物だけでなく、バイヤーおすすめのスイーツなども揃っています。平日は21:00まで営業しているので仕事帰りの買い物にも便利ですね。
※nonowa武蔵境(ころくや)・・・・・・現地より徒歩9分(約690m)/2019年7月撮影。

  
▲筆者が個人的に「利用頻度が高くなりそうだな」と感じたのは『武蔵境』駅nonowa口改札を出てすぐのところにある『クイーンズ伊勢丹』。お値段は少々高めの設定ですが、他のスーパーでは売っていないオリジナルブランドの取り扱いも多く、ドレッシングやワインなどの商品を吟味する時も“食の選択肢”の幅が広がります。
※nonowa武蔵境(神戸屋キッチンとクイーンズ伊勢丹)・・・・・・現地より徒歩9分(約690m)/2019年7月撮影。

しかし、線路の高架下というのは通常だとどうしても暗いイメージになりがちですが、こんな多彩なショップで明るくお洒落に演出されている点も、ここ『武蔵境』駅の魅力と言えそうですね!

 

 
▲もうひとつ、高架下ゾーンの補足として『武蔵境』駅中央改札に隣接する『QuOLa(クオラ)』の2階には、住民票の交付・国民健康保険の手続きなど、一部の市役所業務に対応してくれる『武蔵境市政センター』があります。わざわざ市役所まで行かなくても駅前で公的書類を受け取ることができるので、こちらも助かりますね!
※QuOLa・・・・・・現地より徒歩10分(約770m)/2019年7月撮影。

【南口ゾーン】ブランドコスメやファッション雑貨など、
トレンドアイテムをチェックしたいときは南口へ!

【北口商店街ゾーン】【駅ナカ・高架下ゾーン】だけでもすでに充分なラインナップですが、『武蔵境』駅前の商業施設で欠かせない存在となっているのが東京都下最大級の売場面積を誇る(※2)『イトーヨーカドー武蔵境店』です。


▲『武蔵境』駅南口ロータリーに面して西館と東館の2棟が並ぶ『イトーヨーカドー武蔵境店』。面積は約2万4000㎡。東京都下で最も売場面積の広いイトーヨーカドー(※2)で、夜は22時まで営業しています(西館は21時まで、西館地下1階フードコートのみ22時まで営業)。
※イトーヨーカドー武蔵境店・・・・・・現地より徒歩12分(約940m)/2019年7月撮影。

 
▲西館(1枚目の写真)には、『ロフト』『ユニクロ』『GU』『無印良品』『スターバックス』など、お馴染みの店舗が充実。東館(2枚目の写真)には、『カルディ』や『ダイソー』のほか、国産ブランドコスメが集まる『7(セブン)美のガーデン』がありコスメカウンターもデパート並みに充実しています。売り場が広々としていますから、都心の百貨店で買い物をするよりも“ゆったり商品を選ぶことができる”という点も嬉しいですね!

==============================

いかがでしたか?《武蔵境駅前で何でも揃う?!》というタイトルの意味がおわかりいただけたのではないでしょうか?もちろん、欧米のハイブランドのブティックなどはありませんが(笑)「等身大の使いやすいお店」や「地元にあったら嬉しいお店」が駅前にほとんど揃っている点は『武蔵境』の暮らしやすさを実感できるポイントです。

今回ご紹介した施設の他にも、駅周辺を歩いていると様々な発見がありますから、ぜひ皆さんもマンションギャラリーを訪れたときに駅前を散策しながら、お気に入りのお店を見つけてみてくださいね!

※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し端数は切り上げています。
※1:JR中央線快速利用。
※2:日本ショッピングセンター協会資料(2017年12月末日時点)より引用。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

この物件の他の記事
  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP