• 分譲マンション
  • 愛知県知多郡東浦町
  • トヨタホーム

住宅ライターの「アネシアフロル東浦」取材レポート

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

そのうちTOP > アネシアフロル東浦 > 気になる現地からの眺望は?建設中の現地からレポートします!
2020年12月26日

気になる現地からの眺望は?建設中の現地からレポートします!

2021年5月予定の完成・入居開始に向け、着々と工事が進む【アネシアフロル東浦】。
10月末に上棟を迎え、14階建てのマンションの姿を見ることができるようになった現地では、外観を覆っていた工事用の幕も一部外され始めていました。

周辺に高い建物がない【アネシアフロル東浦】は、少し離れた場所からでも一際目立つ存在。
マンションからどんな景色を見ることができるのか…気になるところですよね。

そこで今回は工事中の現地に特別に入らせていただき、【アネシアフロル東浦】完成に先駆けて、現地からの景色や現在の工事状況についてレポートしたいと思います。

駅前から、公園から…街の至るところから目にすることができる【アネシアフロル東浦】のランドマーク的な存在感

JR「東浦」駅の駅舎を出ると、すぐに目にすることができる【アネシアフロル東浦】の姿。


▲JR「東浦」駅から【アネシアフロル東浦】までは徒歩2分(約110m)。
駅前の建物の中でもひときわ背が高く、ランドマーク的な存在感を放っています。

また、【アネシアフロル東浦】のスケール感を実感するのにオススメなのが、マンションから徒歩7分(約540m)の「三丁公園」から見てみること!


▲「三丁公園」は高台にあり、街の様子を一望することができます。
いかがですか?街中の建物の中でも背が高く、大きな建物であることが感じていただけるのではないでしょうか?

ちなみに、上の写真を撮影した場所の標高はおよそ21m。
【アネシアフロル東浦】はこの場所よりも背が高そうです!

これだけ目立つ存在の【アネシアフロル東浦】からなら、どんな景色が見えるのでしょう…気になるところですよね。

それでは続いて、現地からの景色をご紹介したいと思います。

高層階ならではのスッキリとした眺望!低層階でもたっぷりと明るい陽の光が届きます

いよいよ建設中の【アネシアフロル東浦】へ。

まずは最上階、14階からの眺めはというと・・・

▲こちらは14階の南側バルコニーから撮影した写真です。
目の前に視界を遮るものは一切ない清々しい眺望!空もとても広く見えます。
奥行約2.2mのバルコニーとも相まって、リビング・ダイニングからの開放感も気持ちが良いものになるのでしょうね。


▲北側の共用廊下からも街の様子を一望。先ほどご紹介した「三丁公園」の姿も見えます。

続いて階段を降り、8階や5階からの景色は…というと、
 
▲8階も南側バルコニー(写真左)、北側共用廊下(写真右)ともに、まだまだ目の前には視界を遮るものはなく、気持ちの良い抜け感。南側からは川の向こうの街の様子まで見渡すことができます。

 
▲5階からでも、南側(写真左)・北側(写真右)ともに、スッキリとした眺めを見ることが可能!

 
▲ここで少し視線を下に向けてみると、【アネシアフロル東浦】の南側に完成したばかりの分譲住宅地「東浦
コートヴィラ 美しの街」の姿が。新しい街のおしゃれな雰囲気を感じることができました。

さらに階段を降りて、3階は…というと、

▲こちらは3階の南側バルコニーの様子。高層階ほどの抜けた眺望は得られませんが、目の前に背の高い建物がないため、午前中でも陽の光がたっぷりと届きます。これなら冬の寒い日でも暖かく、お部屋の中まで明るい生活が送れそうですね。

まもなく外観がお披露目!来年5月の完成も待ち遠しい

【アネシアフロル東浦】では現在、来年5月の完成に向け、外装工事・内装工事ともに着々と進んでいる様子でした。

 
▲こちらは2階住戸の玄関の様子。ここで注目したいのが、玄関上に設けられた庇(ひさし)。一邸ごとに独立した庇が設けられていて、マンションの廊下ながら、住宅街のような賑やかで楽しそうな雰囲気があります!

 
▲エントランスラウンジの内装工事はまだまだこれからですが、窓外に見えるガーデンの景石はすでに配置済み。
幅3m近くありそうな大きな迫力のある景石もありました!今は冬なので樹木の葉は落ちていましたが、今後さらに低木や地被植物も加わり、来年の春にどのような表情を見せてくれるのか、とても楽しみです!

いかがでしたか?

工事用の幕が外れ、外観が見られるようになるのは年明け1月末頃の予定。
現地からの景色や現在の工事の様子を知り、ますます【アネシアフロル東浦】完成への期待感が膨らみますね!


▲最後に、【アネシアフロル東浦】から「東浦」駅方面を見てみました。すぐ目の前に駅の姿を見ることができ、その近さを改めて実感!駅に向かう家族へバルコニーから手を振って、お見送りもできそうですよ。

※掲載の写真・内容は2020年12月取材時のものです。
五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

  • 情報は掲載⽇時時点のもので、現在は対象の住⼾等が販売済みになったり、周辺環境が変わっている場合もあります。
  • このサイトでは、住宅ライターが実際に物件やその周辺を取材し、または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、直近の状況等については現地でご確認ください。
この物件の他の記事 PAGE TOP