• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市緑区
  • NTT都市開発・川口土木建築工業

住宅ライターの「ウエリス浦和美園」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリス浦和美園 > まるで遊園地!大型遊具やプールがあるご近所公園「しらこばと公園」に行ってきました
2019年08月14日

まるで遊園地!大型遊具やプールがあるご近所公園「しらこばと公園」に行ってきました

「ウエリス浦和美園」から車で気軽に行ける場所に、「しらこばと公園」があります。

こちらの公園は以前、浦和美園にお住まいの方に「休日に家族でよく遊びに行く“ご近所”レジャースポット」のひとつとして教えてもらったところ。とても広い公園で、面積は約31.1ha。東京ドームおよそ6.6個分の広さ(※1)です。

公園の南側に子どもたちが喜びそうな遊具がある「コバトンの森」エリアがあり、北側に9つのプールがある「しらこばと水上公園」があります。ここに来るだけでいろいろな遊び方ができて、夏のレジャースポットにぴったり。

今回は、そんな「しらこばと公園」に出かけてみました。

こちらの記事についてまとめると……

■「コバトンの森」には芝生広場とたくさんの遊具があり、家族で一日中遊べそう
■1周約1,500mのジョギングコースなどもあるので、スポーツを楽しむ場としても
■9つのプールがある「しらこばと水上公園」は、夏のレジャーにぴったり

家族で一日中遊べそうな、広い公園。大型遊具や芝生広場に子どもがワクワク!

こちらが「しらこばと公園」の全体図。


▲北(マップの上の方)がプール中心の「しらこばと水上公園」エリア、南が大型遊具などのある「コバトンの森」エリアです。
駐車場も約1,900台分あるそうですが、夏休み期間中の土日ともなるといっぱいになってしまうのだとか。こちらの公園の人気ぶりが伺えますね。

 

まずは無料で遊べる「コバトンの森」エリアからレポート。

「コバトンの森」は、入口からずっと向こうまで芝生広場が広がっていて、「自然いっぱい!」といった雰囲気の公園です。
柔らかな芝生の感触を楽しみながらのんびりお散歩するのも楽しそうですし、これだけ広い芝生の広場はなかなかお目にかかれませんから、子どもたちなら思い切り遊ぶことができそう。


▲とにかく広い芝生広場。大きな屋根のあるスペース(写真の右手)もあるので、日差しを避けで一休みするならこちらで。

 

遊具を見てみると、とても大きくて複雑な仕組みにびっくり。
中央に秘密基地のようなひときわ高い3階建て(?)の「コバトンハウス」が建っていて、その周りをさまざまなすべり台やアスレチック風の遊具が囲んでいるような形。この遊具を行ったり来たりしているだけでも、かなりの運動になりそうだと思いました。

 
▲私も頑張って、一番高いところまで登ってみました。遠くにさいたまスタジアムの特徴的な屋根が見えて、気分爽快! 子どもたちの冒険心を刺激しそうです。
とても長~いローラースライダーは、遊具の中では一番人気の様子。降りる時に方向感覚を失いそうな(笑)グルグルとぐろを巻いているスパイラルスライダーもあり、子どもたちが夢中になってしまうこと間違いなし!

 

他にも、こういった大きな公園でないとなかなか遊べない、体を思いっきり動かせる遊具があちこちにありました。

 
▲ターザンロープとタワーネット。たくさんの遊具があるので、順番待ちになりがちなターザンロープもあまり待たずに遊べそうです。

 

それから、遊園地でよく見かけるバッテリーカーの広場もありましたよ。

 
▲動物などの形をしたユーモラスなバッテリーカーは1回100円。週末には大人気になるようです。

1周で約1,500mのジョギングコースも。お散歩やスポーツの場としても◎

とにかく広い公園なのですが、子どもの遊び場としてだけでなく、ジョギングやウォーキング、お散歩などを楽しむ場としても利用できそうなのが良いなと思いました。


▲公園をぐるっと囲んでいるジョギングコースは、1周約1,500m。ジョギングにちょうどいい距離ですね。
こちらのコースの部分は、地面がゴムのようなクッション素材になっていて、足への負担が少なそう。家族で遊びに来て、子どもはアスレチック遊具、大人はジョギングと、思い思いに過ごしてもいいかもしれません。

「しらこばと水上公園」には、流れるプールやウォータースライダーなど、9つのプール

夏に大人気となるのは「コバトンの森」のすぐ隣にある「しらこばと水上公園」です。

「しらこばと水上公園」だけでも約11.8haの面積があり、その中にウォータースライダーや流れる「流水プール」、海のような波が楽しい「さざなみプール」、水深2mで飛び込みOKの「もぐりプール」、幼児用のプールなど、合計9つのプールがあるんです。


▲ひとつひとつのプールも充分大きいのに、それが9つも! ボートや浮き輪、サマーベッドなどのレンタルサービスもあります。
人工の砂浜「「ホワイトビーチ」もあり、パラソルとチェアでくつろげるプライベートビーチエリア(別料金、要申込)で過ごせば、セレブ気分も味わえるかも!?(笑)

 

 
▲これだけ充実していて、プールの利用料金は、大人720円、子ども210円です。大人2人と子ども2のファミリー券なら、家族4人分で1,650円とお得。公営の施設ならではのリーズナブルさですね。

 

今年のプールの営業期間は7月13日~9月1日ですが、オフシーズンには「しらこばと水上公園」内でバーベキューが楽しめたり、レンタル自転車、卓球場、ボールプールなどで遊ぶこともできるそう。

わざわざ車や電車で1時間以上かけて遊びに来る人もいるくらいの人気スポットですが、「ウエリス浦和美園」からなら気軽に遊びに行ける距離です。


▲「しらこばと公園」の場所はこちら。
気候の良いシーズンなら、お散歩がてら徒歩や自転車で遊びに行ってもいいかもしれませんね。

 

綾瀬川沿いの遊歩道の整備も進んできて、浦和美園には体を動かして元気に遊んだり、スポーツに親しんだりできる環境が整っているなぁと感じます。
天気の良い休日は、広い公園やプールで、家族と一緒に活動的な一日を過ごしてみるのも良さそうですね。

※記載の情報は2019年7月現在のものです。利用に関する詳細は、各施設へ直接お問い合わせください。
※1:「しらこばと公園」の開設面積約31.1haを、「東京ドーム」の建築面積約4.68ha=1個分として換算
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP