• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市緑区
  • NTT都市開発・川口土木建築工業

住宅ライターの「ウエリス浦和美園」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリス浦和美園 > マンションにホテルのフロントがあるような安心感。コンシェルジュサービスについて聞きました~その2~
2019年03月30日

マンションにホテルのフロントがあるような安心感。コンシェルジュサービスについて聞きました~その2~

前回に続いて今回も、「ウエリス浦和美園」のコンシェルジュサービスについて、実際にサービスにあたられている、株式会社アスクの丸山さんと高木さんにお話をうかがいます。

マンションのエントランスにあるカウンターで、受付や管理業務のほか、宅配便の発送やクリーニングをお願いできたり、マンション内の“困りごと”を相談できたりするコンシェルジュサービス。
いつも入居者の方の近くにいるからこそできる心のこもったサービスは、サービスを利用されている方からも好評なのだとか。

今回は、実際のエピソードをとりまぜながら、既に「ウエリス浦和美園」に入居されている方の様子や共用施設の利用シーンなどについて、コンシェルジュさんならではの目線でお話ししていただきました。

株式会社アスクは、1991年創業以来、快適なマンションライフをサポートする「フロントサービス」の提供を開始し、現在では、そのパイオニアとして約30万世帯(約850物件)のマンション居住者の方へサービスを提供。
外国人向け多言語対応、オフィス向け、法人・自治体向けなど、幅広い形態のサービスも提供している企業です。

今回の記事をまとめると……

■マンションならではのセキュリティに加え、「人の目」がある安心感も
■利用頻度が高い共用施設はゲストルームやキッズルーム。スタディルームも人気
■浦和美園は発展中の街。新規オープンのお店情報を入居者さんに教えることも

オートロックや防犯カメラに加え、“人の目”があることの安心感も評価ポイント

熊谷 「私自身が今住んでいるマンションは規模が小さくて、固定の管理員さんはおらず、清掃スタッフさんが週に数日勤務されているだけなんです。
こちらのマンションのように、いつもエントランスにコンシェルジュさんがいてくれる(※1)というのは、心強そうですね」

 

丸山さん 「それは本当によく言われることですね。
最近の分譲マンションはオートロックも防犯カメラもあって、セキュリティはしっかりしているんですけれども、さらに“有人”による管理で防犯面は間違いなく向上していると思います。」

 

高木さん 「勤務時間は夜9時までなので、ほとんどの方が帰っていらっしゃる時間までフロントに人がいるのは、確かに安心感につながると思います。

明らかなセールスやポスティングの業者はこちらでお断りすることもありますよ」

 
▲「ウエリス浦和美園」ノーステラスは、道路からマンションのエントランスまでゆったりとしたアプローチが設けられていて、その先のエントランスホールにコンシェルジュカウンターがあります。
部外者はちょっと入りづらいかも(笑)

 

丸山さん 「マンションはたくさんの方が住む場所ですから、本当にいろいろなことが起こります。
私どもでは、社内やチームで、入居者の方からどんなご要望があったか、どんな対応が喜ばれたかといったことを共有して、日ごろの業務に役立てているんですね。

先輩コンシェルジュからも、いろいろなテクニックを教わるんですよ。
お子さん同士でワーッとケンカになっちゃったら、違うエレベーターに乗るように案内してあげる、ですとか(笑)
マニュアルにはないですが、サービスのプロとして、最善の方法をいつも考えながら業務にあたっています」


▲今回お話をうかがった丸山さん(写真左)と高木さん(写真右)。
これまでにさまざまなマンションでコンシェルジュ業務に携わってきたベテランコンシェルジュのお二方です。

住民の憩いの場、ワークスペースとなっている共用施設

熊谷 「コンシェルジュさんは、共用施設の予約の受け付けなどもしてくれるんですよね。
こちらのマンションにはいくつか共用施設があると思いますが、実際にはどれくらい利用されているものなのでしょうか?
マンションによっては、せっかく設置されていても、あまり使われていない共用施設があるなんて聞くこともありますが……(笑)」

 

高木さん 「いえいえ、こちらのマンションではそんなことはないですよ(笑)
特に人気があるのはオーナーズルームという宿泊施設です。

入居者さんのご家族の方がよくご利用されているようですね。
『ウエリス浦和美園』の居住者さんは、20代、30代のお若い方が多いので、ご両親の宿泊に利用されることが多い印象ですね。特にGWなどの連休でのご利用が多いです」


▲「ウエリス浦和美園」ノーステラスのオーナーズルーム。
畳が敷かれた和洋折衷のお部屋は、幅広い世代の方に好評なのだそうです。
オーナーズルームなどの共用施設については、こちらの記事でも詳しくレポートしています

 

熊谷 「そのほかに人気の共用施設はありますか?」

 

高木さん 「スタディルームをご利用されている方も結構多くいらっしゃいます。

お子さんの利用も多いのですが、大人の方で在宅ワークのようなお仕事をされている方もいて、1日中スタディルームにいらっしゃる方もいます。
電源やWi-Fiも使えますので、お仕事をされるのにも大変便利ですから。

それと、小さいお子さんが遊べるキッズルームも人気です。パパがお子さんを連れて遊びにいらしている姿もよく見かけますよ。
特に外で遊ぶのが難しい雨の日や夏の暑い日などは、ご利用されている方が多いようですね」

 
▲「ウエリス浦和美園」ノーステラスのスタディルーム(写真1枚目)と、キッズルーム(写真2枚目)。
スタディルームやキッズルームなどについては、こちらの記事でも詳しくレポートしています

 

高木さん 「来客用の駐車場や駐輪場もご利用者は多いですね。
自動車用は2台分、自転車は4台分あります。自転車用はお届けさえしていただければ、無料でご利用できます」


▲ノーステラスの来客用駐車場。
奥に写っている壁に囲まれた部分は洗車用のスペースで、連休の最終日など、こちらで洗車をされている方もいらっしゃるそうです。

発展中の街、浦和美園。新しいお店や施設が次々にオープンするのも楽しみのひとつ

熊谷 「最後に、浦和美園という街についてお聞かせ願えますか?」

高木さん 「まだ新しい街なので、近所にある大型のショッピングセンターに行くにしても、学校に行くにしても、歩道が広くて、すごく安心して行き帰りできる街ですね」


▲「ウエリス浦和美園」ノーステラスの前を通っている道路。
歩道が広く、道の起伏が少ないので、小さいお子さんからシニア世代の方まで、安心して歩けそう。

 

熊谷 「それは、私もこれまでの取材ですごく感じています。
私にも小学生の子どもがいるんですが、歩道がしっかり取られた道を通って通学できるって安心感があるだろうなと思います。

あと、取材に行くたびに、新しいお店がオープンしているんですよね」

 

高木さん 「はい、街自体がどんどん大きくなっていますよね。

今度4月には新しい小学校(さいたま市立美園北小学校)が開校しますし、5月にはノーステラスの向かい側にスーパー(イオンスタイル美園三丁目)がオープンします。
さらにその向こうには、大きな大学病院もできる予定ですし、そのほか飲食店などもいろいろできると聞いていますので、これからが楽しみです

 

丸山さん 「『平らな街』という言い方もできますね。実際に坂が少なくて過ごしやすいんです。
ですから、ベビーカーも押しやすいと思いますし、年齢を重ねても移動がしやすいのではないかと思います」

 

高木さん 「それに、解放感があるので、空が広い感じがするんですよね」

 

熊谷 「確かに、そうですね。そんな街並みに、駅から続く桜並木はこれからの季節楽しみですね。」


▲「浦和美園」駅前から、マンション方面へ向かって伸びる桜並木。

 

高木さん 「実は意外とクルマが無くても快適に生活できる街なんです。
大型のショッピングセンターが歩いて10分くらいのところにありますし(※2)、たいていの場合は徒歩か自転車で用が済んでしまいます。

ウエリス浦和美園の居住者の方も、週末などにクルマを利用される方ももちろんいらっしゃいますが、歩きや自転車で用事を済ませている方がほとんどのように思います」

 

===================

 

お話をうかがって、コンシェルジュサービスがまさに「人と人とのコミュニケーション」をベースにしたサービスであることを実感しました。
マンションに、こういう「人によるサービス」が導入されると、マンションの雰囲気もグッと変わってきますね。
お話をおうかがいした株式会社アスクの丸山さんと高木さん、興味深い話をありがとうございました!

※1:年始3日間(1月1日~1月3日)はお休み。また、毎日12:00~13:00の間はカウンターがクローズします。
※2:「イオンモール浦和美園」…サウステラスより徒歩6分・約430m/ノーステラスより徒歩8分・約600m
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP