• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市緑区
  • NTT都市開発・川口土木建築工業

住宅ライターの「ウエリス浦和美園」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリス浦和美園 > 本当に「座って通勤」できる? 平日朝8時台に始発駅「浦和美園」駅から「飯田橋」駅へ行ってみました
2018年10月30日

本当に「座って通勤」できる? 平日朝8時台に始発駅「浦和美園」駅から「飯田橋」駅へ行ってみました

「ウエリス浦和美園」の最寄駅、「浦和美園」駅は、埼玉高速鉄道(東京メトロ南北線)の始発駅です。

始発駅というと「座って通勤できる」というイメージがありますが、近年開発が著しく、大規模なマンションが建ち始めているエリアだけに、「始発駅といえども、混雑が激しくて座れないのでは……」とも思ってしまいます。

ということで今回は、実際に平日の朝7:30~8:00時ごろに「浦和美園」駅を出発する電車の混み具合をチェック。
「飯田橋」駅近辺のオフィスに出勤することを想定し、体当たりで(笑)通勤体験をしてきました。

「浦和美園」駅からの通勤についてまとめると……

■平日朝7:30~8:00に「浦和美園」駅を出発する電車には、ほぼ「座れる」!
■「飯田橋」駅までは乗車41分。混雑の具合もほどほどで、楽に通勤できそう
■「東京」駅や「品川」駅へ通勤する際も、7:30以降にマンションを出ればOK

 

先に結論からいいますと、平日朝7:30~8:00ごろに「浦和美園」駅を発車する電車を数本チェックしましたが、ほぼ「座れる」状態でした。

埼玉高速鉄道は、東京メトロ南北線と直通運転を実施しています

まずは埼玉高速鉄道の路線図をおさらいしてみましょう。
埼玉高速鉄道は東京メトロ南北線と直通運転を実施しているので、「王子」駅や「駒込」駅、「飯田橋」駅、「四ツ谷」駅、「永田町」駅といった東京都内の主要駅に乗換えなしで行くことができます。

今回は直通で行ける駅のなかから、「飯田橋」駅を目的地に設定しました。


▲「ウエリス浦和美園」ホームページより引用した図を加工。
実際の通勤を想定し、「飯田橋」駅に8:45に着く電車に乗ることにしました。

 

「浦和美園」駅の時刻表をチェックしてみたところ、平日朝7時台は13本、8時台は10本の電車がありました。
通勤時間帯には3~6分置きに発車するので、本数は充分ですね。


▲「浦和美園」駅の時刻表。
埼玉高速鉄道と直通運転をしている東京メトロ南北線は、東急目黒線にも乗入れているので、「武蔵小杉」駅や「日吉」駅まで行く電車もあります。

車両によっては空席も。並ばなくても座って通勤できそうでした

では、通勤体験の模様をレポート!
10月中旬の平日朝7:30ごろ、「浦和美園」駅にやってきました。


▲駅前は通勤や通学をする人がひっきりなしに行き来していましたが、ロータリーが広々としていることもあって、ゴミゴミした印象はありません。
時折自転車が通りましたが、歩行者とすれ違うのも楽そうでした。

 

私が乗車したのは、8:02に「浦和美園」駅を出発、「飯田橋」駅に着く電車です。


▲「YAHOO!乗換案内」のスクリーンショット。乗車41分で「飯田橋」駅に着きます。

 

早めに駅のホームに入り、数本の電車の混み具合をチェックしてみたのですが、どの電車もほぼ座れる様子でした。
車両によっては立っている人もちらほらいましたが、中~後方の車両になると空席もあり、「並ばないと座れない」といった状況ではなさそうでした。


▲こちらは7:48発の電車。後方の車両には空席もあり、車両を選べば発車直前でも座れそうでした。

 

乗りたい電車の発車時刻が近づいてきたので、電車に乗ります。
どれくらいの時間で「飯田橋」駅に行けるのか、時間も計測してみたいと思います。


▲発車直前に撮影。私が乗った車両は、座席の埋まり具合は5~7割程度といったところでした。

 

「浦和美園」駅を発車した時点では空席があった車内ですが、次の「東川口」ではたくさんの人が乗り込み、満席+立っている人もたくさんいる状態に。
「東川口」駅から乗って座れる方もいましたが「絶対座って通勤したい派」の方は1本電車を見送るようで、電車に乗らずに並んだままの方もいました。

 

埼玉高速鉄道や東京メトロ南北線は、ほかの路線と比べて混雑率が低く(こちらの記事でも東京メトロ南北線について詳しく解説しています)、立って通勤する場合も「ギュウギュウ押されて苦しい」といった状況にはなりにくそう。

途中、JRと接続している「王子」駅や「駒込」駅ではかなりの人が乗ってきましたが、立っている人もスマホや本を片手に持てるような状態でしたよ。

 

そして「浦和美園」駅を発車してから41分で、「飯田橋」駅に到着。

 
▲「飯田橋」駅の改札を出たところで時計を見ると、8:44でした!
「飯田橋」駅は東京メトロ南北線のほか、東京メトロ有楽町線・東西線、都営大江戸線、JR総武線が通っていますから、乗換えに利用する人も多そうですね。

 

今回は乗車41分でしたが、「浦和美園」駅から「飯田橋」駅までは、日中(10:00~16:00ごろ)の所要時間も40分と、通勤時間帯でも日中でも、所要時間に大きな差がないのも良いなと思います。

路線によっては「普段はそうでもないのに、朝夕の通勤時間帯は電車がノロノロ運転になってしまって、思っていたよりも時間がかかる」なんてこともあるんですよね。

「東京」駅や「品川」駅に通勤する場合も、7:30以降にマンションを出ればOK

「ウエリス浦和美園」サウステラスから「浦和美園」駅までは徒歩7分、ノーステラスからは徒歩9分ですから、8:02発の電車に乗る場合は7:50ごろにマンションを出れば余裕そうですね。
マンションから「浦和美園」駅への徒歩ルートや実測の分数は、こちらの記事でレポートしています

ちょうど小学校の登校時間と同じくらいでしょうから、朝、家族が一緒に家を出ることができるかも。

また、1回乗換えて「東京」駅や「品川」」駅といったターミナル駅に通勤することを考えても、マンションを出るのは7:30ごろで良さそうです。


▲「ウエリス浦和美園」ホームページより引用。
駅の近くの会社まで9:00出勤の場合、「王子」駅での乗換え時間を含めても、「東京」駅への通勤なら7:52発、「品川」駅なら7:42発の電車に乗れば間に合うんですね。

 

実は私が現在、東京23区内(私鉄沿線)から23区内(JR沿線)への通勤をしているのですが、ドアtoドアで約1時間かかっています。
オフピーク通勤をしているのですが、座れることばかりでもなく、重い荷物を持って毎日通勤するのはハードだと感じることも(笑)
同じくらいの所要時間でも、毎日座って通勤するのと、立って通勤するのとでは、快適さがかなり違ってきますよね。

「座って通勤できる」というのは始発駅ならではのメリットだと思いますから、通勤の快適さを第一に考えたい方は、「始発駅」を住みたい場所選びの候補に入れてみてもいいかもしれません。

※掲載の写真はすべて2018年10月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP