• 分譲マンション
  • 茨城県つくば市
  • NTT都市開発・日立ライフ・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「ウエリスつくば竹園」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリスつくば竹園 > さまざまな店舗内装を手掛ける「SO,u」プロデュースの住戸が販売されます
2018年01月31日

さまざまな店舗内装を手掛ける「SO,u」プロデュースの住戸が販売されます

これまで「ウエリスつくば竹園」の建物内モデルルームとして使用されていたふたつの住戸が、2月3日から登録受付が開始されるとのこと。
インテリアのプロが手掛けた、インテリアオプションや造作家具なども含まれた状態での販売となるそうなので、内装にこだわったマンションを選びたい方には嬉しいニュースといえそうです。

今回は2タイプのモデルルームのうち、デザイン会社の「So,u(ソウユウ)」がコーディネートしたお部屋をレポート。
「So,u」は、数多くのアパレル、美容系ブランドの店舗内装などを手掛けており、独自の世界観が評価されている会社です。


▲販売されるのはこちらの「Baタイプ(84.42m2、3LDK+ウォークインクローゼット+納戸)」の住戸(917号室)。
開放的で明るい横型のリビング・ダイニングと、洋室が3つ設置されているプランです。

 

「So,u」によるコーディネートがされているのは、主にリビング・ダイニングと洋室(3)。
子ども部屋や寝室として使える洋室(1)や洋室(2)は、手が加えられていないシンプルな状態です。

木の質感が個性的! 「ロッジスタイル」のリビング・ダイニング

こちらのモデルルームで印象的なのは、リビング・ダイニングの内装。
ロッジをイメージした温かみのあるアレンジがされています。


▲約13.5畳のリビング・ダイニング。
写真だけだと、一見して分譲マンションとは思えないくらい、個性的な仕上がりになっていますね!
木やレンガなどの質感と暖色系の照明の効果で、ロッジ(山小屋)のような雰囲気です。

 

 
▲天井にはログハウスのような“梁”があえて再現されています。
カーテンボックスの上と天井、梁の造作と、すべて違う木材を使用することで、よりナチュラルで面白みのある印象になっていますね。
流木の形がそのまま活かされた照明も、普通の家だと使いどころが難しそうですが、こちらのモデルルームには自然と馴染んでいます。

 

ちょっと専門的な話になりますが、「ウエリスつくば竹園」は、床スラブ(コンクリートの部分です)の中にPC鋼線を通してスラブを持ち上げ、コンクリートのたわみを防ぐ「PRCスラブ・アンボンド工法」が採用されています。

そのため、天井を支えるための小梁が必要なく、凹凸の少ないスッキリとした天井になっています。

天井に元から大きな凸凹があると、こういったインテリアもちょっと野暮ったくなってしまいそうですが、元々の構造がシンプルなので自由度の高いアレンジができているんですね。

「こんな家にしたい」というイメージがある時、家具やクロスを工夫するのはすぐに思いつきますが、天井をアレンジするという発想は、さすが、お店のインテリアなどを手掛けているプロフェッショナル! という感じがします。

 
▲壁面にも木材を使い、暖炉風のスペースも設けられています。
コンセントひとつで設置OKの暖炉風ストーブで、マンションでも暖炉の温もりを感じられるというのは、面白いアイディアですね。

 

 
▲ダイニングスペースもロッジ風の家具が置かれています。
こちらは4人掛けのダイニングテーブルですが、壁とテーブルとの間に人が通れる空間があるのがいいなと思いました。
子ども用のハイチェアを置くスペースにもできそうですね。

 

 
▲リビング・ダイニングの角にある「PCコーナー」は、こちらのモデルルームでは食器などをちょこっと置けるスペースになっています。
気に入って選んだこだわりの食器などがあったら、食器棚にしまい込まずに、こんな風に“見せる”収納にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

キッチンカウンターも木製にアレンジ。吊戸棚のないスッキリ感にも注目です

また、キッチンにも工夫が凝らしてあります。

 
▲標準仕様のキッチンは白いカウンターなのですが、こちらでは木目のものが採用されています。
カウンターの角はカットしてあり、柔らかい雰囲気になるのと共に、安全性にも配慮してあります。
ブルーグレーのアクセントクロス(壁紙の色を一部分だけ変える、インテリアのテクニックです)に、ナチュラルなデザインの食器棚が素敵ですね~。

 


▲こちらのキッチンには吊戸棚がないので、視界がスッキリ。
キッチンの中からもリビング・ダイニングや外の光がよく見えて、気持ちよく作業できそうです。家族の会話も弾みそう!

 

  
▲吊戸棚はありませんが、キッチンカウンターの下には収納がたっぷり用意されています。
収納はすべて奥まで見渡しやすい引出し式で、高さのある鍋やボトル類のストックなども入れられます。
ガスコンロ脇のスパイスラックも、調味料を油やホコリで汚さずに収納しておけるので便利。

リビング・ダイニングに接している洋室(3)は、遊び心ある色使いがアクセントに

続いて、リビング・ダイニングの奥にある洋室(3)に注目してみましょう。

 
▲リビング・ダイニングとL字型の引戸で仕切ることができる洋室(3)。
こちらのモデルルームでは、リビング・ダイニングとの統一感のあるコーディネートになっています。

 

 
▲印象的なのは、収納の扉が鮮やかなブルーにカラーリングされていること!
中は使いやすいクローゼットと布団収納なのですが、扉がこんな色になっていると、倉庫のような楽しさがあります。

 


▲洋室(3)の照明も、なかなか個性的です。
アイアン調のシャンデリアのようなペンダントライトで、おしゃれなバーにありそうなデザイン!
ロッジのような温かみがあるインテリアの中に、こういったアクセントを効かせるのも、デザイン会社ならではのセンスですね。

 

分譲マンションでも、プロの手でこだわればここまで室内に個性を出せるというのは面白い発見でした。

中古マンションのリノベーション済み住戸というのはたまにありますが、内装コーディネート済みの新築マンションが分譲されることはそう多くありませんから、この住戸のデザインが気に入ったという方は一度チェックしてみても良いかもしれませんよ。

【第11期登録販売のご案内】 ●登録受付/2018年2月3日(土)~2月25日(日)
※2月7日(水)・14日(水)・21日(水)除く
●登録時間/[平日]11:00~19:00 [ 土日]10:00~18:00
※最終日2月25日(日)は12:00迄
●抽選日時・場所/2018年2月25日(日)13:00より「ウエリスつくば竹園」マンションギャラリー
※ご登録の際は、お認印、ご本人様確認書類(運転免許証など)、2016年分の収入証明書(確定申告の方は直近3年分)をご持参ください。
※掲載の室内写真は建物内モデルルーム(2017年2月~ご成約まで使用予定)Baタイプ917号室を撮影(2018年1月)したものでSo,u株式会社によるコーディネートのため他の住戸と仕様が異なります。また家具・調度品等は販売価格に含まれ現況での販売となります。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP