• 分譲マンション
  • 茨城県つくば市
  • NTT都市開発・日立ライフ・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「ウエリスつくば竹園」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリスつくば竹園 > マンションからの眺望をレポート!目の前に高い建物がなく、開放的な景色を体感してきました
2017年11月30日

マンションからの眺望をレポート!目の前に高い建物がなく、開放的な景色を体感してきました

今回は、完成済みの「ウエリスつくば竹園」のバルコニーから見える眺望をレポートしたいと思います。

前回までのレポートで、最寄駅の「つくば」駅周辺から建設地まで歩いた際も、空の広さや街並みの綺麗さ、緑の多さなどを感じましたが、マンションの高層階(13階・9階)から眺める景色は、また違った気持ちよさがありました。

完成前のマンションとは違い、“○階相当の高さからのイメージ画像”が見られるだけではなく、“実際の住戸のバルコニーから”どんな景色が見えるのか実感でき、同時に音や風通しなども分かるのが、完成済みマンションの良さ。
階数の違いによる視界の開け具合や、景色の変化も体感できますよ。

全戸南西向き。視界を遮る高い建物がない、のびのびした場所です

まずは地図で「ウエリスつくば竹園」の建つ場所や住戸の向きについて再確認!


▲「日本の道100選」にも選ばれている「学園東大通り」沿いに建つ「ウエリスつくば竹園」。
上の地図で黄色くマーキングした側、南西向きにすべての住戸のバルコニーが位置します。

 

「学園東大通り」は幅が約50mもある大通り。
住戸のバルコニーのすぐ目の前に建物が建ってしまう心配が少ないのは、要チェックのポイントですね。

 
▲マンションが面する「学園東大通り」は、車道と歩道が街路樹や植栽帯で分離されています。
エントランスを出てすぐの場所を車がビュンビュン通る訳ではないというのは、小さいお子さんのいる家庭にも嬉しい点だと思います。

1階住戸は白いフェンス、2階住戸はバルコニー手すりがコンクリートになっていて、外からの視線にも配慮されています。(3階以上はガラス製の手すりが採用されています)

13階のバルコニーからは、いっぱいに広がる青空と、つくばの街の緑が見えます!

では、上層階(13階)の建物内モデルルームに行ってみましょう!

 
▲こちらは現在公開中のモデルルームのひとつ、1314号室。
室内にも照明が点いているのですが、外からの光の方が強いのが写真からも分かるかと思います(笑)
こちらのモデルルームを訪れたのは一年のうちでも日差しが徐々に弱まってくる11月下旬でしたが、充分な明るさが室内に届いていましたよ。
(建物内には他にも複数のモデルルームがあります)

 


▲こちらが1314号室のバルコニーから見える景色です!
カメラのパノラマモードで撮影したものですが、つくばの街を一望できる、何とも気持ちのいい見晴らしでした。

 


▲カメラを通常モードに戻して……こちらは南西~北西方向の景色。
「つくば」駅の方角ということもあって大きな建物は建っていますが、マンションとの距離は充分。
開放感の妨げにはなっていない印象です。

 


▲こちらは、南西~南東方向の景色です。
比較的低い建物が多く、より空が広く感じられますね!
街のあちらこちらに豊かな緑があり、黄色や赤に色づいているのがとても綺麗だな~と、しばし見とれてしまいました。

 

 
▲写真では小さくてちょっと見えづらいかと思いますが、マンション周辺にあるスーパーなどの生活利便施設も「あ、あそこにある!」と確認することができましたよ。
徒歩6分(約480m)のスーパー「カスミ フードスクエア学園店」や、「ヨークベニマル つくば竹園店(約460m)」などは、お店のロゴが読めるほど。
「つくば」駅まで行かなくても、結構あちこちにショッピングスポットがあるんですね~。

 

これまでにも、住宅ライターとして、完成済みのマンションからの眺望をレポートすることは度々あったのですが、ここまで緑がたくさんある街って、もしかしたら初めてかもしれないと思いました。
特に秋から冬にかけての季節は、空は青く澄んでいても、木々の葉が落ちてしまうので、全体的に少し寂しい写真になってしまうことがあるのですが、つくばの街には常緑樹も紅葉する木もあり、とても鮮やかな写真になりました。
こんな写真、実はなかなか撮れないんですよ(笑)

 

 
▲こちらは、9階(917号室)のモデルルームのバルコニー。
こんな風にテーブルとチェアを置いて、青空や紅葉を眺めながらのんびりくつろぐのもいいですね。
夜はまた違った景色が楽しめそうです。

 

さて、ちょっと視点を変えて、共用廊下側(バルコニーの反対側)からの景色も紹介!

 
▲こちらは14階の共用廊下から、北~東方向を眺めた写真です。
こちら側は一戸建てなどの低層の建物が多く、バルコニー側とはまた違った穏やかさが感じられました。
北方向には、遠くに「西の富士、東の筑波」とも称される名峰「筑波山」のシルエットが見えています。
また、通学校の「竹園東小学校」とその隣の「竹園東公園」もよく見えました。
毎日玄関から出入りする度にこんな景色が見えるというのも、また気持ちが良さそうですね~。

 

さて、次回の記事では、マンションの共用部をレポートします。
実際の共用部が見られるのは、完成済みマンションならでは。
どうぞお楽しみに!

※掲載の写真はすべて2017年11月に撮影したものです。
※掲載の眺望写真は、住戸からの眺望を将来にわたり保証するものではありません。また、眺望は住戸・天候・階数等により異なります。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

過去の記事

PAGE TOP