• 分譲マンション
  • 茨城県つくば市
  • NTT都市開発・日立ライフ・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「ウエリスつくば竹園」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリスつくば竹園 > マンションから「つくば」駅まで、自転車だと何分で着けるか計測しました!
2017年11月26日

マンションから「つくば」駅まで、自転車だと何分で着けるか計測しました!

前回の記事では、「ウエリスつくば竹園」の最寄駅、つくばエクスプレス「つくば」駅から、ペデストリアンデッキ(歩行者専用の通路)を通ってマンション現地まで歩いてみました。
私の足でおよそ13分半の所要時間でしたが、「つくば」駅とマンションを行き来するのには、自転車も便利です。
駅周辺には駐輪場もたくさんあるので、通勤や通学などで利用しやすそう。
ということで今回は、自転車で「ウエリスつくば竹園」から「つくば」駅まで行ってみたいと思います!


▲自転車で通るのは、こちらの点線で示したルート。
「つくば」駅周辺のペデストリアンデッキは自転車も通れますが、今回は地上を走って駅まで行ってみます。

フラットな並木道を通って通勤! サイクリング気分も楽しめる道です

 
▲それでは早速、マンションの自転車用出入口の前からスタート。
「ウエリスつくば竹園」は、歩行者用のエントランスと、自転車用の出入口、車用の出入口がそれぞれ分かれていて、歩車分離がされています。安全性への配慮を感じます。
自転車に乗ったら、ストップウォッチをスタート!

 

 


▲前回もレポートしましたが、マンション前の道路は歩道が広く、自転車の通行も許可されています。
歩道は自転車用のエリアと歩行者用のエリアが分かれていて、走りやすいんです。
車道と歩道の間には街路樹や植栽帯があり、しっかり分離されています。
補助輪を外したての子どもと一緒でも、ハラハラせずにゆったりした気持ちで見守ってあげられそう。

 

歩いていた時も感じましたが、つくばの街は街路樹の緑が綺麗なんです(ちょっと軽井沢のような……? 笑)。
マンションや集合住宅のような高い建物は点在していますが、なにより道路の幅も広いですし、看板や塀がせり出しているというようなこともないので、遠くまで見渡しやすくて、街並み全体に解放感があるんですよね。
気持ちがいいだけでなく、自転車でも安全に走りやすくていいなと思います。

 

ちなみにこちらの「学園東大通り」は、「つくば」駅から先もこのような歩道が続いていて、およそ2km先には「筑波実験植物園(現地より約2,340m)」などもあります。
「週末は家族で植物園までサイクリング」なんて楽しそうですね!

 


▲さて、「学園東」交差点まで来たら左折し、「土浦学園通り」を走っていきます。
片側3車線の大通りですが、こちらも歩道がしっかり取られていて、自転車の通行が許可されていますよ。
まだまだフラットな道が続きます。

 


▲こちらの道路の街路樹は、イチョウ中心。
取材時はお天気にも恵まれ、広い青空と鮮やかなイチョウに、つい見とれてしまいました。
左手に「つくば中央警察署」が見えたら、駅はもうすぐ。
周りにもオフィスビルなどが目立ち始めました。

 

 
▲「大清水公園」を過ぎた辺りに「つくば駅」の表示がありました。
ここまで来ると、駅へと向かう歩行者の方が増え始めます。

 

「つくば」駅の周辺には、公営・民営のものを含め複数の駐輪場があるのですが、こちらの「大清水公園」の近くにある「さくら大橋南自転車駐車場」は、終日無料の公営駐輪場です。


▲駅からは少し離れますが、24時間無料で利用できる「さくら大橋 南 自転車駐車場」。
ここから「つくば」駅までは300mほどの距離なので、節約派の方はここに自転車を停めて歩いてもいいかもしれません。

 


▲駅とペデストリアンデッキで直結しているショッピング施設「つくばクレオスクエア」の手前を右折します。

 

「つくばクレオスクエア」は、「イオン」のある「CREO」と、「ロフト」や「GAP」、「スターバックスコーヒー」などが集まっている「Q’t」、飲食店中心の「MOG」から成る、大規模商業施設。
帰りは、自転車で立ち寄ってお買い物を楽しんでもいいですね。
荷物が増えても楽なのが、自転車のいいところです(笑)


▲「つくば」駅へ向かうには、「Q’t」の脇を進んでいきます。
ここまで来ると、商業施設やペデストリアンデッキに囲まれた駅前エリアなので、スピードを出して走ってくる車はほとんどありません。
駅や周辺商業施設から出入りする歩行者の方はいますが、道幅が広いので、注意しながらでもスイスイ進めましたよ。

マンションから「つくば」駅まで、信号待ちの時間も含めて6分36秒でした

 
▲つくばエクスプレス「つくば」駅のA5出口前まで来ました。
駅の出口のすぐ近くに駐輪場(つくば駅A5南路上自転車駐車場)があるので、ここに自転車を停めたとして……マンションを出発してからかかった時間は、6分36秒でした。

 

今回通ったルートでは、信号の数は5個。その内、2個で信号待ちをしました。
今回の計測結果は信号待ちの時間も含んでいるので、信号のタイミングや道路状況、自転車のスピードによっても所要分数は変わってくると思います。
また、他のルートを走ることもできますが、どの道を選んでも基本的には急な坂道などのない、フラットな道。
ルートによっては、スーパーの「カスミ フードスクエア学園店」や、「西友 つくば竹園店」、「サンドラッグ」などのある「デイズタウン」なども経由できますから、駅からの帰り道に食料品などを買いたい場合は、そちらのルートを選んでもよさそうです。


▲違うルートを通ると、スーパーなどのショッピング施設を経由して帰ることもできますよ。
駅前にこういった大型の商業施設が集まっている街って、歩行者はお買い物しやすくても、自転車だと駐輪場からお店までのルートが遠回りになってしまうこともありますが、「つくば」駅の場合は駐輪場が商業施設のすぐそばにあり、自転車でもサッとショッピングができて便利そうだなと思います。
特に小さい子どもと一緒だと、「自転車でも買い物しやすい」って、結構助かることが多いんですよね。

 

 

 
▲「つくば」駅の周辺には、駐輪場がたくさん!
場所によって料金が異なるのですが、定期利用で月額1,260円~2,090円(学割あり)、一時利用の場合は12時間、もしくは24時間ごとに100円~150円といったところでした。(詳しくはつくば市のホームページや各駐輪場の看板でご確認くださいね)
民営の駐輪場は3時間まで無料という所もあるので、お買い物の際などにも気軽に利用できそうです。

マンション内には、ファミリーで利用できるサイクルポートも用意されています

また、私が「いいな!」と思ったのは、「ウエリスつくば竹園」には、200%以上の自転車置場が設置されていること。
1世帯あたり、2台分の駐輪スペースが使えるということですね。

 
▲「ウエリスつくば竹園」は、ラック式の自転車置場に加えて、家族で利用できるサイクルポートも12区画用意されています。
子ども用の自転車や三輪車も置くことができ、ファミリーには嬉しい配慮ですね。

 

私が今住んでいるマンションは、全戸分(100%)の自転車置場しか設置されていないので、置くことができる自転車は1台のみ。夫や子どもの自転車は、仕方なく住戸の中まで持ち込んでいます……。
マンション選びの際に、自転車置場のことまではなかなか気が回らないかもしれませんが、「自転車置場が足りない」というのは、ファミリーにとってはかなり切実な問題。

通勤や通学、お買い物などに自転車を活用したい方は、特に要チェックのポイントです。

 

さて、次回からは「ウエリスつくば竹園」の建物についてレポートしていきます。
眺望や共用施設などについてお届けする予定です。どうぞお楽しみに!

※掲載の写真はすべて2017年11月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

過去の記事

PAGE TOP