• 分譲マンション
  • 千葉県流山市
  • NTT都市開発・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリスおおたかの森サウスアリーナ > 工事の足場が外れて、マンションの外観が見られるように!コミュニティスペースの用途も投票で決まりました
2018年10月15日

工事の足場が外れて、マンションの外観が見られるように!コミュニティスペースの用途も投票で決まりました

建物の完成を2018年12月に控え、着々と建設工事が進んでいる「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」。
現在は建物の周りを覆っていた工事用の足場などが取れ、外観が見えるようになってきました。

今回の記事では、そんなマンションの外観と、投票で決まった「コミュニティスペース(共用部)」の用途について、レポートしたいと思います。

この記事をまとめると……

■マンションの建設工事は終盤。外観が見えるように!
■日当たりや、道路、周辺建物との間隔もより分かりやすく
■コミュニティスペースの用途は、投票で「バーベキューエリア」に決定

マンションの外観がお目見え!エントランスやバルコニーの雰囲気も分かります

今年4月の記事で、現場所長のインタビューと建設中の現場レポートをお届けしましたが、その際にはまだ足場や養生シートで全体が覆われていました。

9月下旬の様子はというと……


▲つくばエクスプレスの車内から撮影。
建物全体が見えるようになりましたね!

 

つくばエクスプレスの車内から見えるのは、マンションの共用廊下側。どちらかというと建物の“裏側”にあたります。
(余談ですが、私はマンションの共用廊下側は、夜に眺めるのが好きです。共用廊下や非常階段の照明がキラキラ光ってキレイなんですよね~)

「流山おおたかの森」駅で降りて現地へ向かうと、マンションの“正面”ともいえるバルコニー側が見えます。


▲▲こちらが9月下旬に撮影した「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」。
外観のデザインは、「おおたかの森」にちなんで、鳥の翼をイメージしたのだとか。全体的には落ち着いたベージュ系の色調ですが、中央部分がダークトーン、左右が明るめのトーンになっていて、のっぺりとしないデザインになっていますね。

 

まだ内装や外構(植栽や敷地内の庭園の部分など)の工事中なので、仮囲いなどが設置されていますが、エントランスの雰囲気なども分かるようになってきました。

 
▲建物の北東側(『流山おおたかの森』駅に近い側)に設けられるエントランスホールは、2層吹き抜け。ガラス張りでおしゃれな印象ですね。石調タイルもほどよいアクセントになっていると思いました。

 

また、バルコニー側のデザインを外から見ると、お部屋によってガラス、金属、コンクリートと、手すりの素材に違いがあることが分かります。室内から見た時の外の景色の見え方や、バルコニーのデザインも割と違いが出ますので、住戸選びで迷っている方は、こんなところに着目してみてもいいかもしれません。

 
▲中央部分の住戸は、金属製のバルコニー手すり。風通しが良さそうです。
左右の住戸は、低層階がプライバシーを守るコンクリート手すり、上層階は光をほどよく通すガラス手すりとなっています。
モデルルームでは、ガラス手すりと金属製の手すりを見ることができます。

 

ちなみに、共用廊下側の手すりも中央部と左右ではデザインが違っているんですよ。


▲つくばエクスプレスの車内から見える共用廊下側。こちらは、中央部の手すりがブラウンの横格子、左右はシルバーの縦格子となっています。単純な壁の場合と比べて、建物側から見ても明るい廊下になります。

日当たりや道路、周辺建物との距離感もより分かりやすくなりました

建物の外観が直接見えるようになったので、工事幕がかかっていた時よりバルコニーへの日当たりなどもよく分かるようになりました。


▲写真右手がマンション。道路を挟んだ向こうは一戸建て中心の住宅街となっています。見晴らしが良さそうですね。

 


▲もう少しマンションに近づいて撮影。午前11時頃の日当たりです。1階住戸のバルコニーにまでしっかりと日が差しそうですね!

 


▲こちらは南西側。隣接の商業施設「LEVEN(レブン)おおたかの森」側、向かいに建っているのは「ヤオコー流山おおたかの森店」の建物です。

 


▲「ヤオコー流山おおたかの森店」側からマンションを撮影してみました。
ヤオコーは低層の建物なので、スーパーが隣接しているのに圧迫感がないのはいいなぁと思います。

コミュニティスペースは「バーベキューエリア」に決定!

そして、これは私も個人的にずっと気になっていたことなのですが(笑)敷地内のコミュニティスペースの用途が、投票によってついに決定したとのこと!

以前に、マンションコミュニティ形成に関するインタビューの記事でも紹介しましたが、「バーベキュー」「ピザ窯」「砂場」の3つの候補の中から、最もマンション購入者さん支持を集めたものに決まるということだったのですが……結果は「バーベキュー」になったそうです。


▲コミュニティスペースがあるのは、敷地内の芝生の広場に隣接したこちらの場所。

 


▲家族や友人同士で、親戚を招いてなど、マンションの敷地内でバーベキューができると、休日の楽しみも増えそうですね。

 

こちらのマンションはすぐ隣に「ヤオコー」があるので、材料がすぐ手に入りますし、車で遠くまで移動する必要もないので、準備も楽そうですね。

さて、実は現在、マンション最寄駅の「流山おおたかの森」駅でも別の工事が進んでいるんです。


▲11月1日に新しい商業施設「こかげテラス」、そして新改札口も開業する予定とのこと。

 

ということで、次回の記事では、新しく開業する改札口についてレポートしたいと思います。
どうぞお楽しみに!

※掲載の写真はすべて2018年9月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP