• 分譲マンション
  • 千葉県流山市
  • NTT都市開発・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリスおおたかの森サウスアリーナ > 【現場所長インタビュー・その2】「改善点を毎週会議で話し合う」NTT都市開発のマンションって、どうですか?
2018年04月25日

【現場所長インタビュー・その2】「改善点を毎週会議で話し合う」NTT都市開発のマンションって、どうですか?

前回に引き続き、今回も「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」の現場所長、長谷工コーポレーションの里見さんへのインタビューをお届けしたいと思います。

これまでに数々のマンション建設に携わってきた里見所長が日々の業務のなかで感じていること、マンションの売主であるNTT都市開発についての印象などをお聞きしてみましたよ!

Q.売主のNTT都市開発は、どんなディベロッパーという印象ですか?

里見所長 「率直にいうと、『お客様に良いものを届けたい』という気持ちが強い会社だなと思います。

私たち施工会社は、設計図通りにモノを造るのが仕事ではあるのですが、NTT都市開発の方は毎週1回、こちらの現場に来られて打ち合わせをするんですね。
『この図面通りに造ってください』で終わりではなく、その都度『もっと改善できる点はないか、本当にこれでいいのか』ということを、現場のスタッフを交えて、真剣に話し合うんです。

共用スペースの用途を投票で決めるとか、キッズルームの壁をあえて仕上げないでおくといった工夫も、面白いですよね。私が今までに関わったマンションのなかでは、こちらが初めてです。

 
以前、マンションコミュニティ支援を手掛ける株式会社フォーシーカンパニーへのインタビューの際にもお聞きしたのですが、「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」のキッズルームとパーティルームは、入居後のイベントの一環で、壁の一部を入居者さんの手で塗装する企画があるそう。
里見所長も「ご家族の思い出が増えそうで、いいですよね!」と仰っていました。

 

里見所長 「施工する側にとっては、決まるまで部材が手配できないということもありますが(笑)そういったことも織り込み済みで企画されていますから、こちらもできる限り協力したい、入居される方に楽しんでほしい、という思いです」

Q.お仕事をされていて、一番達成感ややりがいを感じる瞬間は?

里見所長 「長谷工コーポレーションの場合、マンションが竣工して入居が開始されても、しばらくは施工スタッフが現場の近くにいて、何かあったらすぐに駆けつけられるようにしているんです。
私たちの仕事は、竣工したら終わりではなく、内覧会や入居後のお客様からどんな声があったか、どのような改善点が見つかったか、といったことも細かく記録しています。今後に活かせるようにということですね。

ですから、入居後のお客様をお見かけする機会もあるんですけれども、その際に、マンションの前でご家族でお写真を撮られていたり、お子さんが『ここが自分の家だ!』と嬉しそうにしている姿を見ると、心から『良かったなぁ』と思います。

内覧会などで顔を覚えてくださったお客様が『里見さん、良いマンションを造ってくれて、ありがとうございます』と仰ってくださったこともあり、施工に携わった身として、感無量でした」

 
▲現在はまだ建設中の「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」ですが、完成するとこちらのCGのようなマンションになるそうです。
里見所長は、「以前は、建物が最上階まで建ち上がって、足場が取れて全体が見えた時や、『受電』といっているんですが、電気を通してすべての住戸に照明がバーッとつくのを見た時にも達成感を感じていたんですが、今はやはり、入居された方の笑顔を見た時が、一番嬉しい瞬間ですね」ともお話してくれました。

Q.「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」の購入を検討している方へ、メッセージを!

里見所長 「すべてのスタッフが一丸となって、施工にあたっています。
『良いものを作っている』という自信はありますから、ぜひ建設現地案内会などで、現地を見に来ていただければと思います。その際に気になることがあったら、何でも聞いてくださいね!」

 
▲写真では少し分かりづらいかもしれませんが、低層階は既に外壁の仕上げが始まっているところも。
現場では、大きなクレーンが動いていたり、内装工の方が出入りしていたり……「私は見慣れてしまっていますけども(笑)案内会に来られたお客様は、『マンションってこうやって作られてるんですね。見ていて飽きないな~』と仰る方もいらっしゃいますよ。
日々状況も変わってきますから、一度お越しになった方でも、また来られてみると、違った様子がご覧いただけるかもしれません」と、里見所長。

===============================

現場所長ならではの視点を交えながら、質問に真摯に答えてくださった里見所長。
「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」の完成時期は、2018年12月下旬の予定とのことですから、これからも工事は進められていきます。
購入検討者さんとお話するのも貴重で楽しい機会ということなので、建設現地案内会などで里見所長を見かけたら、ぜひ声を掛けてみてくださいね。

里見所長、ありがとうございました!

※掲載の写真はすべて2018年4月に撮影したものです。
※掲載の各完成予想CGは、設計段階の図面を基に描いたもので、実際とは異なります。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP