• 分譲マンション
  • 千葉県流山市
  • NTT都市開発・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリスおおたかの森サウスアリーナ > コストは?評判は?全館浄水システム「良水工房」について、メーカーさんに聞きました!
2018年02月19日

コストは?評判は?全館浄水システム「良水工房」について、メーカーさんに聞きました!

「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」には、浄水システムの「良水工房」が標準で設置されています。
キッチンの水栓などに取り付ける一般的な浄水器と違うのは、マンションの住戸内で使う“すべての水”が浄水になる点。
「お家まるごと浄水システム」とか「セントラル浄水器」と呼ばれるものなのですが、それってどういう仕組みなのでしょうか。
また、家族にとってどんなメリットがあるの? ランニングコストは? といった気になるポイントについて、「良水工房」の製造やメンテナンスを手掛ける相鉄ピュアウォーターの佐藤さんに、直撃インタビューしてきました。

Q.「良水工房」の仕組みについて教えてください。

佐藤さん 「まず、マンションの直圧ポンプの後に設置する『異物除去フィルター』で、さびやゴミなどを取り除きます。

その後、各住戸のメーターボックス内に取り付けてある『カーボンフィルター』で、残留塩素などを低減させるので、二重にろ過を行っているんですよ。


▲マンションにおける「良水工房」の設置イメージ。
水道の本管と直圧ポンプ(各住戸へ届けるために水を汲み上げるポンプ)の後に①の「異物除去フィルター」が設置され、各住戸のメーターボックス内に②の「カーボンフィルター」が設置されます。

 

 
▲「異物除去フィルター(左の銀色のもの)」は、マンション全戸分の水を通すため、サイズもかなり大きなもの。
目には見えない細かいゴミやさびなどを取り除きます。
続いて、各住戸に設置された「カーボンフィルター(右の青色のもの)」で残留塩素を低減。二重のろ過システムになっているんですね。

 

佐藤さん 「これ、ご覧になるとびっくりされる方が多いんですが、実際に1年間使用した『異物除去フィルター』です。
新品のときはこんなに真っ白なんですが……1年間使用するとこんな色になっちゃうんですね。
これでも実はマシな方(笑)。場所によっては、チョコレートのように黒っぽくなっていることもあります。

お住まいになっているマンションは新築でも、そこまでにお水を届けている水道管が老朽化していることもありますし、このまま飲用しても問題はないとはいえ、どうしても不純物が混じってしまうようですね」

 

 
▲佐藤さんが見せてくれた、使用前と使用後の「異物除去フィルター」。
使用後のフィルターを近くでじっくり見てみると、細かいさびやゴミのようなものがびっしり付着していて、「普段、浄水器を通さないで使っている水には、見えないけれどこういうものが混じっているんだ……」と、ちょっと怖くなってしまいました。

「ウエリスおおたかの森レジデンスサロン」でも、1年間使用された「異物除去フィルター」と「カーボンフィルター」を見ることができます。
それぞれ、左側の白いものが新品、右側の茶色っぽく変色しているのが使用後。着色したサンプルではなく、本当に使用されていたものだそうですよ。

Q.家庭用の浄水器やウォーターサーバーなどとは、どう違うんですか?

佐藤さん 「やはり一番は『家中の水がまるごと浄水になる』というところだと思います。

キッチンでは浄水を使っている、飲用にはミネラルウォーターを使っているという方は多いと思いますが、洗面所やお風呂、トイレの水まで浄水にしているというご家庭はなかなかないんじゃないでしょうか。


▲「良水工房」はマンション共用部と水道メーターボックスの中に取り付ける浄水システムのため、家の蛇口から出てくるお水が全部浄水になるんです。
わざわざ浄水用のレバーを操作したり、スイッチを押す必要もありませんから、小さいお子さんにも簡単ですね。

 

佐藤さん 「飲むことに関して言いますと、家中どこの蛇口からも浄水が出てくるという便利さはご好評いただいています。

家族でお風呂に入っていて、お子さんに『喉が渇いた~』と言われた時も、バスルームの蛇口から出てくる水をそのまま飲ませてあげられて便利、とユーザーさんにお聞きしたこともありますよ。

浄水専用の蛇口ではないので、水の勢いも変わらないんですよね。
市販のカセット型浄水器などの場合、浄水に切り替えると水勢が弱くなってしまうのが嫌で、野菜を洗ったり、お鍋に水を張ったり、お米を研ぐ時はつい普通のお水を使ってしまうという方も多いと思うんですが、「良水工房」ならそういうこともありません。
手洗いも食器洗いも、全部浄水でできちゃうんですね。

 

それから、『とにかく楽!』というコメントもよくいただきます。
ウォーターサーバーやペットボトルのお水にももちろん長所はたくさんありますが、ボトルの保管やサーバーへの付け替え、空ボトルの処理などが面倒と感じている方も多いようです。
『良水工房』なら室内に保管場所もいりませんし、手間もかからないんです。

また、私もそうだったのですごくよく分かるんですが(笑)、ご自分でフィルターやカードリッジを取り換えるタイプの浄水器の場合、どうしても取り換えを怠ってしまいませんか? (熊谷、大きく頷く・笑)そうすると、浄水の効果ってどんどん薄れていってしまうんですよね。

『良水工房』は、住戸内に作業員が立ち入ることなく、1年に1回のフィルター交換が完了します。
キッチン内に人を入れなくていい、作業時に在宅しなくていい、自分で交換する必要もない、ということで、その点も『楽!』と仰ってくれるお客様は多いですね」


▲「良水工房」のホームページより。
水道水の臭いや雑味の元となる残留塩素を低減し、ミネラル分は残すのが「良水工房」の技術なのだとか。
残留塩素が「0.1ppm(mg/l)」となっているのもポイントで、これは、味にはほとんど影響しないけれど、必要な消毒効果は充分発揮する濃度なのだとか。
塩素を完全に除去してしまう訳ではないので、「浄水器の水は使用しないでください」とされている加湿器や自動製氷機にも使えるそうですよ!

 

佐藤さん 「後はやはり、お風呂やシャワーも浄水が使えるという点に、ご好評をいただいています。

ちょっと極端な例ですが、プールに入った後って、髪がきしんだり、お肌がピリピリするような感覚がある方も多いと思うんですね。それは塩素の影響によるものなんですが、水道水だとそこまでではなくても、やはり塩素から刺激は受けてしまいます。

お風呂も、シャワーも、洗顔や歯みがきも浄水が使えるので、肌が敏感な赤ちゃんやお子さん、女性の方などには嬉しいことも多いと思います。男性からも、髭剃りの後にヒリヒリしにくくなったという声をお聞きしたこともあります」

 
▲「ウエリスおおたかの森レジデンスサロン」には、「良水工房」の体験コーナーもあります。
「良水工房」浄水システムによってどれくらい塩素が低減されるのか、色で分かる試薬を使ってデモンストレーションしてもらえますよ。

 

佐藤さん 「私の娘も、自宅に『良水工房』を設置した後、いつものヘアサロンに行ったら「シャンプー、変えた?」って聞かれたんですって。娘本人も実感していたらしいんですが、髪の手触りが変わったと。シャンプーはずっと同じものを使っていたので、お水の違いなのかなと話しているんですよ。

私も、毎日食器洗いをしているんですが、ハンドクリームを使う頻度が本当に少なくなりました。以前は水仕事の間に塗って、寝る前もたっぷり塗って……とやっていたんですが、最近は冬場でも、2~3日に1回塗るくらいで大丈夫。お水でこれだけ違うものなんだなと、自分の肌で感じています」

Q.実際に使用されているユーザーさんの声で、印象的だったものはありますか?

佐藤さん 「『お水が美味しい』『ご飯が美味しくなった』というのは、本当にたくさんの方からお聞きする声ですね。

他にもたくさんあるのですが(笑)、お子さんのアトピー性皮膚炎で悩んでいたお客様が『病院に行く回数が減りました』とお話ししてくださったり、一度解約されたお客様が『やっぱり、お水が違う』とまたお使いくださったりしたことは印象に残っていますね。

後は、プロの方の声も参考になります。
美容室や飲食店にも『良水工房』を導入いただいているんですが、美容師の方からは『同じシャンプーでも、良水工房のお水だと泡立ちが違う』『手が荒れにくくなった』というお声をいただきます。

飲食店の方も、『氷が透明になった』『ご飯に艶が出て美味しく炊けるようになった』『洗い物を拭くのが楽になった』と言ってくださって、嬉しく思っています。


▲「良水工房」のホームページより。
ご飯を炊いた時のビタミンB1残存率や、キャベツを浸水させた時のビタミンC残存率を塩素濃度の違いで比較しています。塩素濃度が高いほど、栄養素も壊れやすくなってしまうんですね。

 

佐藤さん 「よく『もっと早くから使い始めればよかった』というお声もいただきます。
既に建っているお店や住宅の場合、後から『良水工房』を設置していただくのですが、初期費用がかかる(戸建用 200,000円/マンション用190,000円 税別、設置工事費別)ことで、導入に慎重になる方もいらっしゃるようです。

マンションに後から設置する場合、初期費用に加えて、共用部の工事が必要になるので、管理組合に届け出を行っていただく手間もお掛けしてしまうんですね。
『ウエリスおおたかの森サウスアリーナ』のように、新築マンションに標準で設置されているというのは、既にお使いの方からすると羨ましいことかもしれません(笑)」

Q.ランニングコストはどれくらいかかるのでしょうか?

佐藤さん 「『ウエリスおおたかの森サウスアリーナ』の場合ですと、1年ごとに、フィルター交換費用として12,000円(税別)を戸別にご負担いただく形となっております。

個人で後から設置した場合の交換費用は、1年ごとに26,000円(税別)なので、『ウエリスおおたかの森サウスアリーナ』にお住まいの方はかなりお得にお使いいただけるんですよ。

ペットボトルのミネラルウォーターやウォーターサーバーの場合、年間24,000円~60,000円くらいかかるかと思いますし、後付け型の浄水器の場合はキッチンのみの設置となったり、カードリッジの頻繁な交換が必要なこともありますから、『計算してみたら、良水工房の方が安かったわ』なんてお声もお聞きします。

お使いいただいて、やはり不要と感じられましたら解約していただいても大丈夫ですし、再契約もいつでも可能です。『どうしても』というものではないので、その点もご安心いただければと思います」

Q.「ウエリスおおたかの森サウスアリーナ」をご検討中の方へ、メッセージをお願いします。

佐藤さん 「マンションの蛇口を捻ると、すべて浄水が出てくる仕組みになっていますから、浄水器を操作することが難しい小さいお子さんでも、初めての手洗いから肌に優しい浄水がお使いいただけます。
赤ちゃんのミルクや、初めてのお風呂、離乳食などにも安心だと思いますので、ぜひご家族で『お家まるごと』浄水システムの使い心地を実感してみてくださいね」

 

佐藤さん、このたびはありがとうございました!

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP