• 分譲マンション
  • 東京都町田市
  • エヌ・ティ・ティ都市開発

住宅ライターの「ウエリス町田中町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリス町田中町 > 現地の“今”をレポート。いつ頃完成?入居時期は?
2017年09月14日

現地の“今”をレポート。いつ頃完成?入居時期は?

上の写真は、2017年9月1日に撮影した「ウエリス町田中町」です。
この時点では最上階の12階まで建ち上がってきていて、仕上げ工事に入っている部分もあるとのこと。着々と完成に近づいていますね!


▲森野中町大通り(町田駅寄りの場所)から、建設中の「ウエリス町田中町」を撮影。
他の建物と比べても高さがあるのが分かります。

 

ここまで建ち上がっていると、「完成まであと4ヶ月近くもかかるものなの?」と思うかもしれませんが、建物がほぼ出来上がって養生シートが外され、外観が見えるようになってからも、植栽などの外構工事が進められますから、その分の期間も必要なんですね。
こうして定期的に現地を見ていると、“人の手”によって着々と作り上げられているのが実感できます。
完成が楽しみですね。

 

さて、完成前に購入することの多い新築分譲マンションですが、物件やタイミングによっては、契約してから入居まで1年以上、長いと3年近く待つこともあります。
「ウエリス町田中町」の竣工予定は2017年12月下旬。入居開始予定は2018年2月下旬となっています。

あと数か月で入居できるわけですが、それって入居まで時間がかかるマンションと比べて、何が違うのでしょうか。
私自身のマンション購入経験なども交えながら、解説していきたいと思います。

2018年2月下旬に入居できると、こんなメリットがあります

比較的早めに入居できるマンションと、入居までに何年か待つ必要があるマンションとで大きく違うのは、実はお金のこと。

現在賃貸に住んでいる方なら、購入した新築分譲マンションに入居するまでの間、変わらず家賃を支払うことになります。
仮に入居まで3年待つとなると、その分の家賃がかかることに。
同じ居住費を支払うなら、なるべく早いうちから住宅ローンの返済を始めたいと思う方は、早めに入居できるマンションを選ぶのも賢い選択といえるかもしれません。


▲マンション探しから入居までの流れを簡単にまとめてみました。
モデルルームを見学して申し込みをするところまでは、どのマンションでも期間に大きな差はありませんが、建物の建設期間が長いと、内覧会や入居まで長期間待つ必要が出てきます。

 

また、住宅ローンはマンションの引き渡し時に“融資実行”となり、金利はこの実行時のものが適用されます。
つまり、3年後の引き渡しであれば、今から3年後の住宅ローン金利が適用されるということ。その時にどんな社会情勢になっているかって、なかなか想像がつきませんよね(笑)

早めに入居(引き渡し)できるマンションであれば、住宅ローン金利の見通しが付けやすく、資金計画が立てやすいというメリットもあるんですね。


▲また、2月下旬に入居できれば、4月の入学式にも間に合います。
引っ越しのピークといわれる3~4月よりも前に引っ越しを終えられるメリットもありそう。

 

まとめると、建物の完成・入居までの期間が短いマンションを選ぶと

■入居まで長期間待つ訳ではないので、その分家賃の負担が少なくなる
■住宅ローンの金利変動の見通しが立てやすい

また、2月に入居できる「ウエリス町田中町」の場合は

■4月からの新生活がスムーズにスタートできる
■3月のピーク前に引っ越しを済ませられる

といったメリットがあります。

 

私自身は、子どもが生まれたことをきっかけにマンションの購入を考えたのですが、今お腹の中にいる赤ちゃんでも、3年経つともう自分で歩き回れるようになります。もしかしたら、家族が増えることもあるかもしれません。

その期間を夫婦2人暮らしのことだけを考えて選んだコンパクトな賃貸アパートで過ごすことは考えられなかったので、すぐに引っ越せるマンションを選んだという経験があります。
結果、綺麗で快適な新居で育児をスタートすることができ、あの時に決めて良かったなぁと思っています。

マンションギャラリーを訪問するラストチャンス。予約はお早めに!

「ウエリス町田中町」の販売スタッフさんにお聞きしたところ、現在のマンションギャラリーは9月下旬でクローズする予定なのだとか。
その次にモデルルームが見られるようになるのは年明けになるということなので、週末などにマンションギャラリーを訪れてじっくり相談をしたい場合は、なるべく早めに予約を入れた方がよさそうです。

 
▲マンションギャラリーには、小さいお子さんが遊べるキッズコーナーやプライベート感のある相談スペースの他、IHクッキングヒーターやディスポーザの使用体験コーナーも設けられています。
こういった体験ができるのもマンションギャラリーならでは。
使用感を試してみたい方は、今のうちにチェックしておいてもいいかもしれません。

 

のんびりしていたらマンションギャラリーに訪問できる機会を逃してしまって、2月の入居開始に間に合わなかった……となるとちょっともったいないですから、“見学に適したタイミング”を逃さないようにしたいですね!

※掲載の現地写真は2017年9月、マンションギャラリーの写真は2017年6月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP