• 分譲マンション
  • 東京都町田市
  • エヌ・ティ・ティ都市開発

住宅ライターの「ウエリス町田中町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリス町田中町 > サ高住一体開発の「つなぐTOWNプロジェクト」はどんな仕組み? どんなメリットがあるの?(1)
2017年08月01日

サ高住一体開発の「つなぐTOWNプロジェクト」はどんな仕組み? どんなメリットがあるの?(1)

「ウエリス町田中町」は、隣接地にサービス付き高齢者向け住宅(通称:サ高住)が一体開発されるマンションです。
年齢を重ねても快適に暮らせる施設がすぐ隣にあるというのは安心感がありますが、「どんなサービスが受けられる住宅なんだろう?」「分譲マンションからの住み替えはスムーズにできる?」「費用面の負担は?」など、細かい部分が気になるという方も多いのでは。

そこで今回から2回にわたって、「分譲マンション」と「サービス付き高齢者向け住宅」を一体的に開発する「つなぐTOWNプロジェクト」について、「ウエリス町田中町」の販売担当者さんからお聞きした内容も交えながら、レポートしていきたいと思います。

「サービス付き高齢者向け住宅」って何? 有料老人ホームとはどう違うの?

まず気になるのが、「サービス付き高齢者向け住宅」とは何かということ。

介護サービスが付帯した高齢者向けの住まいというと、なんとなく「老人ホーム」をイメージしますが、高齢者向けの住まいや介護施設には、要介護度による制限や公共型・民間型といった違いにより、複数の種類があるんです。


▲大きく分けると、こちらの図のように「有料老人ホーム(民間型)」「サービス付き高齢者向け住宅(民間型)」「ケアハウス(公共型)」「特別養護老人ホーム(公共型)等」といった種類があります。

 

【公共型】の施設は、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的なもの。利用費は低めなものの、入居できる年齢に加え、要介護認定、所得制限などに細かい規定があり、「希望すれば誰でも入れる」というものではありません。
また、入居待機者の多さも全国的に問題になっていて、特に原則要介護3以上が入居条件の「特別養護老人ホーム」は、数百人、数年間の待機が生じているところもあります。

要介護の状態になれば公共型の施設へ入る権利は得られますが、立地や環境などを考えると、必ずしも本人や家族が望んだところに住める訳ではありませんし、例えば夫婦で別の施設になってしまうこともあり得ます。
そして、「自立しているけれども、日常の生活にはサポートが欲しい」「家族にはなるべく負担をかけず、自立した生活を送りたい」「自分の好きなように時間を使って、快適に暮らしたい」という場合には公共型施設は利用しにくいという現状があるようです。


▲バリアフリーやサポート体制が整った住まいで、安心しながら自立した生活を送りたい。家族に負担はかけたくないけれど、寂しい生活も嫌だし、身近に頼れる人がいてほしい。できれば住み慣れた環境がいいな……と思う方は多いのではないでしょうか。私自身も、年齢を重ねたらそんな暮らしが送りたいと思っています。

 

そういった希望を満たしてくれるのが、【民間型】の施設や住居。
こちらには大きく分けて、「有料老人ホーム(介護型・住宅型)」と「サービス付き高齢者住宅」があり、どちらも、自立した高齢者から要介護の高齢者まで、幅広く対象とした住まいです。

厚生労働省が2015年から「サービス付き高齢者住宅」を有料老人ホームの一種として位置づけたこともあり、両者を明確に区別することが年々難しくなっているのですが、一般的には以下のような違いがあります。


▲大きな違いは「プライバシーの確保」と「入居一時金の有無」。

「サービス付き高齢者向け住宅」は、いわゆる「賃貸マンション」に高齢者向けのサービスが付帯したものと考えると分かりやすいのですが、敷金以外には多額の一時金は必要ありません。また、一戸一戸が独立しているので、プライバシーも確保されます。一部の住戸ではペットを飼育できるところもあります。

一方、「有料老人ホーム」は、施設によって異なる0円~1億円超(!)の一時金が発生します。数十万円~数百万円程度が相場の様子。食事は入居者用のダイニングルームで取る必要があったり、起床・就寝の時間が決められている、外出が制限されるなど、生活スタイルに管理的な部分があることも。

お互いに快適で安心。親との“近居”も可能です

年齢を重ねても、“自分らしい暮らし”が送れるサ高住ですが、「ウエリス町田中町」に隣接する「ウエリスオリーブ町田中町」は、自立した高齢者の方はもちろん、介護が必要になっても住み続けられるという安心感もあります。

将来的に自分がサ高住に暮らすという選択肢だけでなく、「ウエリス町田中町」への入居の際に、シニア世代の親を呼び寄せて、マンションの隣に住んでもらうということもできますね。


▲すぐ隣に住んでいるからいつでも会えますし、お子さんと一緒に遊んでもらったり、一緒にお買物を楽しむのも気軽にできそう。日常のサポートや食事のお世話はプロが行ってくれるので安心感があり、お互いに負担にならないのもいいですよね。
まさに“スープの冷めない距離”での心地よい近居ができそうです。

 

次回の記事では、「ウエリス町田中町」に住みながら受けられるサービスや、サ高住への優先入居権などについて解説したいと思います。

※「ウエリスオリーブ町田中町」で提供されるサービス内容および料金については予定であり、今後変更となる場合があります。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP