• 分譲マンション
  • 東京都町田市
  • エヌ・ティ・ティ都市開発

住宅ライターの「ウエリス町田中町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリス町田中町 > モデルルームを見るだけじゃない。「マンションギャラリー」って何をするところ?
2017年07月27日

モデルルームを見るだけじゃない。「マンションギャラリー」って何をするところ?

WEBなどで興味のある物件をいくつか絞り込んでいるという方はもちろん、マンション購入が初めてという方も、「問い合わせをしたりすると、営業マンに契約を急かされるのでは……?」と不安に思っている方も(笑)、一度訪れておきたいのが、マンションギャラリーです。

マンションギャラリーはモデルルームの見学だけでなく、模型で建物の全体像を把握できたり、間取りプラン選びや資金計画の相談ができたり、キッチンの設備を体験できたりする“情報の宝庫”でもあります。

今回の記事では、「ウエリス町田中町」のマンションギャラリーでできること、分かることをレポートしたいと思います。訪問前の参考にしてみてくださいね。

まずはシアターでマンションのことを知ろう! 気持ちも盛り上がります♪

最初に体験するのは、こちらのシアター。映像で物件のことがよく分かりますから、より“マンションを買う(かもしれない)”という気持ちが盛り上がります。

 
▲映画館のような空間で、約5分の映像を鑑賞。内容は見てのお楽しみですが、マンションの開発に携わった担当者のインタビューなども見られて、「なるほど~」と納得することがたくさんありました。
外の暑さからクールダウンするにもちょうどいい時間です。

 

自分自身がマンション探しをしていた時にも感じたのですが、こういったシアターで映像を見て、家族で一緒に「このマンションについて知ろう」という気持ちになれるのって、結構貴重な時間だと思います。

夫婦のどちらかがマンション購入に積極的でも、もう一方はちょっと腰が重かったり、関心が薄かったり……ということって割とありがちですが(笑)、マンションギャラリーって、そういった家族間のギャップを埋めてくれたりする場所でもあるんですよね。

外観模型をチェック! 検討住戸の位置や外観全体の雰囲気も分かります

そして、なるべくしっかりとチェックしたいのが、外観模型コーナーです。

 
▲外観の細かい部分まで再現されているので、外観完成予想CGだけだとイメージしづらい共用廊下側のデザインや、道路からエントランスまでの動線、敷地境界線からマンションの建物までの距離などが一目で分かります。
道路の歩道沿いにぴったりマンションが建つのではなく、少し奥に離れているんですね。

 

実は私たち住宅ライターも、この外観模型はよく参考にしています。
新築分譲マンションは完成前に販売されることが多いため、現地と図面、この外観模型を照らし合わせて、実際にマンションが建ったときの住戸の位置や、バルコニーへの日当たり、周辺建物との距離感、植栽の配置などをイメージしていくんですね。

希望する住戸がある場合は、販売担当者さんに位置を聞いて、模型でチェックしてみてもいいと思います。

ディスポーザやIHクッキングヒーターの使用体験もできます

また、「ウエリス町田中町」のマンションギャラリーでは、全戸に標準採用されているディスポーザとIHクッキングヒーターの使用体験ができます。


▲こちらはディスポーザの体験コーナー。
ディスポーザとは、キッチンシンクの下に設置される生ごみ処理機のこと。
野菜くずや魚の内臓、小さな骨、食べ残しなどをその場で処理してしまえるので衛生的ですし、夏場の臭いも軽減されます。生ゴミの量が減り、ゴミ出しも楽になります。

実際のキッチンとは違い、デモンストレーション用にシンクの下が透明になっているので、粉砕された生ごみが流れていく様子を見られるんです。

 

 
▲実際のキッチンに採用されるディスポーザは水が自動で流れる仕組みになっているのですが、今回は実演用の機器なので、水を流しながら使用します。
ニンジンの切れ端を入れて、フタを回せば粉砕処理がスタート。この量だと、ほんの5秒くらいで処理が終わってしまいます。

 


▲すると、あっという間に排水管をオレンジ色の水が流れていきました。硬かったニンジンの塊も、こんな風に水になって流されてしまうんですね~。

 

 
▲ディスポーザと同じく、全戸のキッチンに採用されるIHクッキングヒーターも使ってみることができますよ。
「操作が難しいのでは?」「ガスと比べて、火力は?」といった気になることも、体験しながらチェックできます。

 

この他にも、ホーローキッチンパネルやレンジフードの整流板の実力が分かるコーナーもあります。
お子さんと一緒に「すごい!」と楽しめちゃうかもしれません。

キッズルームもあるので、赤ちゃんと一緒でもじっくり見学・相談OK!

モデルルームを見学した後は、希望するプランや資金計画について、担当者さんと相談ができます。

 
▲適度な開放感と落ち着きのある半個室スペースで、「今の年収で買える?」「将来住み替えたくなったらどうすればいいの?」「隣のサ高住に親を呼び寄せる場合は?」などの、ちょっとプライベートな内容もお話できます。住宅ローンの返済シミュレーションも出してもらえますよ。

 

 
▲おもちゃや絵本、DVDが楽しめるキッズコーナーや、おむつ替えができるトイレ、授乳室も用意されています。

 

小さいお子さんと一緒でもゆっくり見学や相談ができますから、思ったより敷居が低そう!
住宅の最新設備を体験しに、お出かけ気分で遊びにいってみてもいいかもしれません。

 

さて、次回はモデルルームをレポートしたいと思います。
どうぞお楽しみに!

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP