• 分譲マンション
  • 東京都町田市
  • エヌ・ティ・ティ都市開発

住宅ライターの「ウエリス町田中町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ウエリス町田中町 > “町田市中町一丁目”ってどんな街?穏やかな住宅街を歩いてみました
2017年07月08日

“町田市中町一丁目”ってどんな街?穏やかな住宅街を歩いてみました

前回の記事では、「町田」駅から「ウエリス町田中町」現地までの道のりをレポートしましたが、今回は、マンションの現地周辺を歩いて、どんな街なのかを探ってみたいと思います。

マンションがあるのは、「町田」駅から徒歩8分の場所。「賑やかで建物が密集したエリアなのかな?」 というイメージだったのですが、実は現地周辺は、穏やかな住宅街なんです。
「中町」という町名のとおり、町田市の“中心の街”ということも実感できた散策でした。

「町田」駅に近いのに、静かで落ち着いた住宅街です

まずは「ウエリス町田中町」の現地を地図でおさらいしてみましょう。


▲小田急小田原線「町田」駅から徒歩8分の「ウエリス町田中町」。
物件所在地の“町田市中町一丁目”は、オレンジ色の線で囲んだ部分です。
ざっくり言うと、「町田」駅の北側一帯、といったところでしょうか。

 

駅からマンション現地までの徒歩ルートももちろん大切ですが、現地周辺をあちこち歩いてみると、そこがどんな街なのか、どんな人が暮らしているのかがよく分かります。
“町田市中町一丁目”は、どんな雰囲気の街なのでしょうか。写真でレポートしてみたいと思います。

 
▲現地の南側、現地から直線距離で約300m以内に広がっている街並みです。比較的新しいマンションや、一戸建てが並んでいます。
マンションの植栽や学校の緑などがあり、成熟した住宅街らしい景色ですね。

 

 
▲こちらは現地の北側、「あけぼの病院」から少し西に入ったあたりの街並みです。
こちら側も住宅中心の街並みで、所々に小規模なクリニックや美容専門学校、美術予備校などが点在しています。賑やかな商業施設がないことが、この穏やかな雰囲気の理由のひとつかもしれません。

 


▲現地の東側には「町田シバヒロ」があります。
「町田シバヒロ」は天然芝が敷き詰められた気持ちのいい広場で、中町一丁目のシンボル的存在。
地域住民の方の憩いの空間になっています。
次回の記事で、こちらの広場について詳しくレポートしますね!

 

現地の周辺は、こんな風に落ち着いた住宅街ではあるのですが、適度な人通りがあって安心感もありました。
住宅だけでなく、小学校や専門学校・クリニックなどがあること、何より「町田」駅に近いために駅に向かう人の人通りがあるおかげで、小さい子どもと一緒のファミリーや、学生さん、サラリーマンの方、シニアの方など、さまざまな世代の方がいるのも好印象でした。

碁盤目状の綺麗な道路計画。フラットで見通しが良い街並みです

また、もうひとつの中町一丁目の街の特徴というと、道が綺麗な碁盤目状になっていて歩きやすいということが挙げられます。


▲地図で見てもこのとおり。「町田」駅からマンション現地までの道も、変に遠回りすることのない、分かりやすい道順でしたね。

 

この辺りは、昭和初期の耕地整理事業によってこのような形の街区づくりが行われたそう。
また、2012年に移転する前の町田市役所があったこともあり、整った街並みが形成されてきたんですね。

このように道路が碁盤目状になっていると、道が分かりやすいということの他に、見通しがよく、通行しやすいというメリットもあります。

また、中町一丁目は起伏の少ない地形なので、マンションからどこへ行くにも楽なんですよね。


▲現地の北西側を通っている森野中町大通り。ずっと向こうまで坂のないフラットな道なのが写真からも分かると思います。
こちらは2012年にできたばかりの新しい道路で、歩道の幅も充分。街路樹も整っていて綺麗ですね。

 

こちらの道路が開放的で、街路樹も綺麗に映える理由は、道幅の広さだけではありません。
電線・電柱が地中化されているので、空が広く感じられ、景色がスッキリとするんです。
台風などの災害時にも、電線が垂れ下がる、電柱が倒れてしまうといった心配がなく、安心感もありますね。

公共施設や商業施設も充実しています

「町田」駅まで行けば何でもあるので、ショッピング施設や飲食店に困ることはなさそうですが、「ウエリス町田中町」の現地のすぐ近くにも、生活利便施設がひととおりそろっています。

  
▲食品スーパー「スーパー三和」や「ドラッグストアいわい」、生鮮食品も買える「ローソンストア100」に加え、花屋や電気屋、パン屋などが軒を連ねる「栄通り商店会」が徒歩2分(約160m)の場所にあります。
近隣の買い物施設については、改めて詳しくレポートします!

 

また、商業施設だけでなく「さるびあ図書館」や「町田税務署」といった公共施設もマンションから約650m以内と身近なのも、市役所があった“町の中心(中町)”らしい特徴といえそうです。

 

さて、次回はそんな市役所跡地にできた憩いの場「町田シバヒロ」を詳しくレポートしたいと思います。
お楽しみに!

※掲載の写真は、すべて2017年6月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP