• 分譲マンション
  • 千葉県松戸市
  • 清水総合開発

住宅ライターの「ヴィークスイート松戸」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ヴィークスイート松戸 > 1LDK、2LDKでも収納・仕様充実! モデルルームを見てきました
2021年02月27日

1LDK、2LDKでも収納・仕様充実! モデルルームを見てきました

今回は「ヴィークスイート松戸」の収納や、設備・仕様面についてレポートします。

こちらのマンションは1LDK~2LDKのコンパクトマンションですが、コンパクトマンションを探している人の間でよく聞かれるのが「収納が少ない」「ファミリー向け物件に比べて、設備・仕様がさほど整っていない」といった声です。

そこで、現在事前案内会が開催されている「ヴィークスイート松戸」のモデルルームを取材。

こちらの物件は「1,000名を超える女性の声(※1)」をもとに生まれた仕様が採用されているということで、どんな違いがあるのか、実際にチェックしてきました。

こちらの記事をまとめると……

全てのタイプにウォークインクロゼット付き。1LDKでも収納率10%超と収納が充実

こちらのマンションに用意されている間取りプランは全5タイプ。1LDKが3タイプ、2LDKが2タイプです。

その中から今回はこちらの「Aタイプ(35.20㎡、ウォークインクロゼット+シューズインクロゼット+納戸)」を例に、まずは収納をチェックしたいと思います。


▲「Aタイプ」の間取り図。
約35㎡のプランですが、収納率が約10.22%確保されているそうです。

 

「収納率」とは、住宅の床面積に対する収納面積の比率のこと。
マンションの場合は8%以上確保されていれば理想的とされていますが、こちらはさらに多い“10%以上”なんですね。

寝室の「ウォークインクロゼット」に、玄関の「シューズインクロゼット」(靴のまま入れて天井まで使える大きな収納)、キッチンの「床下収納」といった、3LDK以上の住戸でも設置されていないことが多い大きな収納まであるのは、なかなかの充実度。

また、廊下の納戸に加えて、キッチンのカウンター下やパウダールーム(洗面室)などは、使い勝手が良くなるように「開き方」や仕切りなど細かい工夫があるようです。

ちなみにウォークインクロゼットは全タイプに設置されており、2LDKにはウォークインクロゼットが2つ付いているプラン(Dタイプ)もあります。

ウォークインクロゼットは、高さが変えられるハンガーパイプや「なげし」など、工夫がたくさん

では、モデルルームで取材した収納のポイントをレポートしていきましょう。まずは、寝室のウォークインクロゼットです。


▲モデルルーム(Cタイプ:46.62㎡、2LDK+ウォークインクロゼット+シューズインクロゼット)のウォークインクロゼット。

 

 
▲ハンガーパイプがあり、床から天井まで丸ごと「洋服をしまう場所」として使えるウォークインクロゼット。
こちらのモデルルームのように、下部に引き出し式の収納ケースを入れるとかなりたくさんのものが入ります。
写真には写っていませんがコンセントも2口付いており、家電製品の充電や、W-Fi機器を設置する場所としても使えそうだと思いました。

 

こちらのウォークインクロゼットは大きさがあるだけでなく、上部に「なげし」が付いていたり、棚板やハンガーパイプの高さが変えられるようになっていたりと、自由度が高いのも「良いな」と感じました。


▲こちらがウォークインクロゼットの「なげし」。
元々は和室の装飾のための木材なのですが、ハンガーやフックなどを掛けられる便利さから洋室に付ける人も多いんです。

 

明日着ていく服や脱いだばかりのコートなどをひょいっと掛けておくのに便利ですし、新築の壁に穴を開けてフックなどを取り付けるのは抵抗があるという方でも、これならスマートに壁面を有効活用できそう。
冬場はマフラー類、夏場は帽子といった風に、季節によっても使い方を変えても良さそうです。


▲また、上下の棚板とハンガーパイプの高さが変えられるので、手持ちの服の長さやしまいたいものに応じて調整可能。

 

人によって違う「コートやワンピースをたっぷり掛けたい」「丈の短いトップスやボトムスの方が多い」などのニーズにも対応できそうですし、「上の収納があと5cm高ければ、バッグの持ち手を曲げずに置いておけるのに……」というような細かい調整もできるんですね。

“斜め”にガバッと開くカウンター下収納やちょうどいい深さの床下収納など、キッチン収納も充実

続いてキッチン。
「新築のマンションに住んだらお料理を思う存分楽しみたい」と思う方も多いと思いますし、キッチンツールって少しずつ増えていくものですから、収納はしっかり調べておきたいもの。


▲こちらがモデルルームのキッチンです。
こちらは2LDKのタイプ(幅約180cm)ですが、1LDKには幅約150cmのタイプのものが採用されます。
1LDKのキッチンも、コンセプトルーム(Bタイプのキッチンとリビング・ダイニングが再現されているお部屋)で実際の広さや使い勝手をチェックできますよ。

 

また、カウンター下の収納もなかなか面白い工夫がありました。

 
▲シンクまわりで一番大きな収納の、コンロ下の引き出し。
奥行きも高さもしっかりあり、高さは約30cmのワインボトルが収まるくらいなので、鍋を重ねて収納できそうだと思いました。
キッチンツール用のポケットは取り外して丸洗いもできるようです。

 

引き出しの前板の部分が手前にガバッと開くので、中のものが取り出しやすく、ポケット内のキッチンツールも出し入れしやすいという工夫も。
ポケットには包丁だけでなく、まな板、菜箸、キッチンバサミやピーラーといったキッチンの必需品専用のポケットがありますから、「出しっぱなしにしていたら、いつの間にか油汚れだらけに……」なんてことも防げそうです。

 

それからちょっと珍しいのが、キッチンに床下収納が付いていることです。
マンションでは時々、1階住戸のみに付いていることがありますが、こちらの物件は全住戸に床下収納があるんですって。

 
▲モデルルームの床下収納。
約60cm×60cm(開口部)の標準的な大きさで、深さは350ml缶が縦にすっぽり収まるくらいの浅型です。
2Lペットボトルも寝かせれば入ります。
缶や瓶、レトルト食品や洗剤類のストックの他、防災グッズや電球のストック、土鍋などの季節用品、花瓶、意外とかさばる取り扱い説明書類など……「頻繁には使わないけれど家のどこかには保管しておきたいモノ」をしまっておく場所としても使えそう。

 

続いて、玄関のシューズインクロゼット。

3LDK~4LDKくらいのファミリータイプのマンションでも玄関の収納はシューズボックスのみのことが多いので、80%以上の住戸(全5タイプ中4タイプ)にこのシューズインクロゼットが設置されているのは「すごい!」と思いました。


▲こちらはモデルルームのシューズインクロゼット。玄関の床とひと続きになっている収納で、靴はもちろん、傘やスーツケース、ゴルフバッグなども入れておけます。

 

 
▲シューズインクロゼットの中にもちょっとした工夫を発見。
壁面を無駄なく使ったスリッパラックや、小物が入れられるトレーが付いていました。
ちなみにスリッパラックは胸の高さくらいの位置にあるので、S字フックなどを使えば、フィットネス用のシューズを入れるバッグやレイングッズなどを掛けておくなど、収納スペースとしても活用できそうです。

コンパクト住戸でも充実の設備仕様。ミストサウナや食洗器・ナノイー発生器まで付いて、おウチ時間が楽しく・快適に

収納以外に、「これも付いてるんだ!」と思った設備・仕様を紹介。

 
▲身長155cmの私が足を伸ばしてくつろげるバスルーム。
天井に設置されている浴室換気乾燥機はミストサウナ機能付きです。
お肌の水分量アップが期待でき(私も体験したことがありますが、本当にお肌が潤います!)、湯ぶねに漬からなくても体が芯から温まるので、「あると嬉しい」設備のひとつですね。

 

 
▲床暖房や食洗器も標準で設置されているそうです。
私が「これ、便利!」と思ったのは、最近時々見かけるようになってきた室内物干しの設備。梅雨の時期や、洗濯物を外に干したくない花粉の季節などには特に重宝しそうです。

 

 
▲他では見たことがないこんな設備も。
玄関のパナソニックのナノイー発生装置です。スイッチオンで脱臭効果が期待できるそうですよ。

 

また、モデルルームを見た時に、バルコニーの奥行きがしっかり確保されていて空間のゆとりを感じられそうなのも良いと思いました。


▲モデルルームのバルコニー。コンパクトタイプでも広々、全住戸のバルコニーが約1.8mの奥行きがあるようです。
これくらいのゆとりがあれば、観葉植物を育てたり、チェアなどを置いてちょっとしたリラックススペースにもできそう。
バルコニーの床が木目調のシートになっているのもオプションではなく標準仕様だそうです。ステキですね~。

 

「ヴィークスイート松戸」のモデルルーム事前案内会は、予約ですべて満席となってしまったそう。

3月6日(土)からグランドオープンとのことですから、「もっと細かい部分も見てみたい」「室内もいいけど、構造面のことが知りたい」「プランや価格のことが気になる」という方は、予約のうえ訪問してみてはいかがでしょうか。

※掲載の写真はモデルルーム(Cタイプ)を2021年2月に撮影したものです。また、一部オプション仕様が含まれている他、家具・調度品等は販売価格には含まれません。
※1:CO-TABLE PROJECTアンケート(集計期間:2020年5月8日~6月1日・回答数2,304名/男性861名・女性1,443名)の中で女性の数を抽出。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の他の記事 PAGE TOP