• 分譲マンション
  • 大阪府三島郡島本町
  • 名鉄不動産・JR西日本不動産開発・関電不動産開発

住宅ライターの「アーバン島本シティ」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > アーバン島本シティ > ご存知でしたか?消費税改正で8%・10%が適用されるタイミング。アーバン島本シティは消費税8%適用可能です!
2019年01月19日

ご存知でしたか?消費税改正で8%・10%が適用されるタイミング。アーバン島本シティは消費税8%適用可能です!

昨年末に『2019年度税制改正大綱』が発表され、いよいよ今年10月1日からの消費税増税が現実味を帯びてきましたが、みなさんは消費税の『経過措置』についてご存知でしたか?

実は、住まい購入においては、「いつ契約するか?」「いつ引渡しが行われるか?」のタイミングによって、適用される消費税率が異なってくるのです。そこで今回のレポートでは、「知っておきたい消費税増税の適用タイミング」について、わかりやすく解説します。
※写真は竣工した【アーバン島本シティ】外観・・・・・・2019年1月撮影。
※税制改正大綱は翌年度以降の増税・減税、新しい税の仕組みなど『税制改正の原案』をまとめたものとなるため、今後国会での審議に基づき、内容の調整が入る場合があります。

まずは基礎知識として覚えておこう!
契約と引渡しのタイミングで消費税率8%・10%が変わる!

2019年の10月1日から、消費税が8%から10%に引き上げとなる見込みですが、新築分譲マンションの場合は、建物部分に対して消費税が発生しますから、消費税が8%か10%かによって購入費用も変わってきます。仮に建物部分が3000万円だった場合、

●8%なら・・・・・・消費税は240万円
●10%なら・・・・・・消費税は300万円

となりますから、その差額は60万円!住まい購入のときは、ついついお金の桁にマヒしてしまうため「なんだ、60万円程度か・・・」と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、冷静に考えてみると60万円というのは家電製品を一式揃えることができるほどの大きなお金です!

そのため、自分が住まいを購入するタイミングで「どちらの税率が適用されるか?」をしっかりと把握して、購入プランを立てるようにしましょう。


▲こちらは国土交通所のホームページから引用した消費税の経過措置に関する図版。

実は、住まい購入の場合の消費税率の適用には、一般の買い物とは違って『経過措置』という一定の猶予期間が設けられているため、単純に“2019年10月1日から10%に一斉引き上げ”とされるわけではありません。『契約のタイミング』と『引渡しのタイミング』、この2つのいずれかで税率が変わる仕組みになっています。

●8%の税率で住まいを購入したいなら
→2019年3月末日までに売買契約を結ぶ
(契約が3月末日までに完了していれば引渡し時期が延びても8%適用)
→2019年9月末日までに引渡しを完了する(契約が3月末日までに完了していなくても引渡しが完了すれば8%適用)

ちなみに【アーバン島本シティ】の場合はすでに建物が竣工しており、引渡しは2月上旬の予定となっていますから、多くの方が“消費税8%の適用条件”を満たすことができる状況です。ただし契約・引渡しの時期が先延ばしになると、上記の『経過措置』によって適用税率が変わることになりますから、「確実に消費税8%で購入したい」と考えている方は3月末日までの契約を目指して、少し駆け足で購入を検討してみるのも良いかもしれません。

8%と10%の差は、小さいようで大きな2%。特にマンションという大きな買い物をした場合、その差額は大きなものになりますから、せっかくなら消費税8%の適用を受け“節税”をして、その分を新生活スタートのための費用に充てたり、お子さんの教育資金にまわしたりするほうが“賢い選択”と言えるのではないでしょうか?

入居は2月上旬開始予定、今なら新学期のスタートにも間に合います!

もうひとつのメリットは、2月上旬から『入居可』となること。【アーバン島本シティ】では、昨年末に建物が完成し、2月上旬から入居が予定されていますから、消費税8%が適用される今のタイミングで契約を決めて成約となれば、すぐに入居準備をはじめて新年度のスタートに備えることが可能。

「せっかく引越しをするなら、なるべく子どもたちの新学期に間に合わせるように、新しい環境を整えてあげたい」という方も多いと思いますから、そうした点でもスムーズな新生活のスタートを叶えてくれる物件と言えます。

 
▲完成した【アーバン島本シティ】。実際の建物や住戸内部を確認した上で購入を検討できる点も、マンションという大きな買い物を決断する上では心強いポイントですね!
※車寄せ側から眺めたアーバン島本シティ外観とエントランス・・・・・・2019年1月撮影。

ぜひ皆さんも、消費税増税を見据えた住宅資金のプランニングや、今後の家族生活のサイクルなどをじっくり検討しながら、“マンションの購入チャンス”を見極めてみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP