• 分譲マンション
  • 大阪府三島郡島本町
  • 名鉄不動産・JR西日本不動産開発・関電不動産開発

住宅ライターの「アーバン島本シティ」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > アーバン島本シティ > 『島本』での住まい購入は今が好機?マンションのベストな買い時について考えてみよう!
2017年10月27日

『島本』での住まい購入は今が好機?マンションのベストな買い時について考えてみよう!

住まい購入のベストなタイミングは人それぞれに違いますが、
多くの場合は、結婚・出産・子どもの進学など、
家族のライフイベントを迎えることが決まったときに
“そろそろ買う時期なのかな?”と検討を始める方がほとんどではないでしょうか?

しかし、それと同時に「本当に“今”買っても良いのだろうか?」と
誰もが一度は不安を抱くものです。

実は、筆者がマンション購入セミナー等の講師を担当させていただく際には、
参加者の方から「マンションの買い時は、いつなんでしょうか?」
といった内容の質問を受けることが多いのですが、そうした質問に対しては、
住まいを買うタイミングには“2つの買い時”があるのでそれを覚えておきましょう
とアドバイスをしています。

“2つの買い時”・・・みなさんはおわかりになりますか?
それは『自分にとっての買い時』『市場の買い時』の2つを指します。

『自分にとっての買い時』と『市場の買い時』はどう違う?



『自分にとっての買い時』というのは、冒頭でも記載したように、
結婚をする・子どもが生まれる・子どもが小学校へ入学する、などなど
家族の人生の節目を迎えて“住まいが必要になるタイミング”のこと。

「賃貸マンションの家賃をこのまま払い続けるのももったいないし、
今後の生活を考えると、そろそろ自分もマンションを買う時期なのかな?」
と思いついたその時こそが、まさに最もベストな『自分にとっての買い時』となりますから、
そのタイミングで理想的なマンションに出会うことができたら万々歳です。

近畿圏のマンション価格は上昇中!
坪単価を比較すると高槻は119%、茨木は128%の上昇率!

では、もうひとつの『市場の買い時』とはどういうものなのでしょうか?

マンションというのは、土地の価格や建設コスト、
人件費、設備仕様の内容などなどによって価格が変わるため、
その価格の動きや資産価値を見極めることが『市場の買い時』となります。

おそらく皆さんも何となくニュースで耳にしているかと思いますが、
いまは全国の大都市圏を中心に、マンション価格が上昇傾向にあります。


▲こちらは『島本』と同じくJR東海道線(京都線)の沿線駅である
『高槻』駅と『茨木』駅の平均価格・平均面積・平均坪単価を
2007年から10年間のデータと直近3年間のデータで比較したもの(2017年5月時点MRC調べ)。
※坪単価というのは、1坪あたりの単価のことでマンション価格の推移の目安となります。


この図からもわかるとおり、
JR『高槻』駅やJR『茨木』駅を最寄り駅とする新築分譲マンションは、
過去10年間の坪単価と比較しても、いま最も価格が高い状況にありますから、
今はまだ価格が抑えられている『島本』も、今後は周辺駅に牽引される形で
マンション価格が値上がりしていくことが予想できます。

また、『島本』では現在、駅周辺の開発計画が持ち上がっており、
今後『茨木』や『高槻』と同様に住宅地として注目されていくことはおそらく間違いありません。

実は、そこがまさに『市場の買い時』を見極めるための一番のポイント!

JR沿線の周辺駅のマンション価格が上昇している中でも
『島本』の場合は、まだ開発着手前の“今”だからこそ価格が抑えられています。

つまり、今後の不動産の資産価値にも伸びしろが感じられるため、
『市場の買い時』にマッチしていると分析できるのです。



いかがでしたか?
今回はちょっと難しそうなお話をしましたが、
住まい選びを行う上で“買い時の見極め”はとても大切な作業です。

みなさんも是非【アーバン島本シティ】の現地やマンションギャラリーを訪れて、
『自分にとっての買い時』『市場の買い時』についてじっくり確かめてみてくださいね!

なお、補足になりますが、
2016年の2月に日銀が史上初の『マイナス金利』政策を導入して以降、
住宅ローンの金利は史上稀に見る低金利で推移しています。

仮に、金利が1%上がるとすると、
借入れ金額3500万円、返済期間35年(固定金利・月々均等・金利1.0%と2.0%の比較)で計算した場合、
●月々の返済額が約1万5000円
●総返済額が約700万円

も増えることになりますから、『金利の低い時期に住宅ローンを借入れできる』ということは
『月々の支払額を抑えることができる』=『マンションを安く買うことができる』=『市場の買い時である』
ということも覚えておいてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP