• 分譲マンション
  • 奈良県生駒市
  • 大阪ガス都市開発

住宅ライターの「ジ・アーバネックス生駒」取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > ジ・アーバネックス生駒 > 今が買い時?!~超低金利の住宅ローン返済例をご紹介~
2016年10月28日

今が買い時?!~超低金利の住宅ローン返済例をご紹介~

前回、既に購入を決められた方やお客様から挙がっている
「ジ・アーバネックス生駒のここが魅力!」という声をご紹介しました。

ジ・アーバネックス生駒が選ばれた理由は?/販売担当者にインタビュー

 

近鉄3線「生駒」駅へ徒歩2分で、生活施設の整った便利な駅近ポジションながら
緑も多く穏やかで落ち着いた住環境というバランスの良い立地である事をはじめ、
角住戸×内廊下設計の高いプライバシー性なども評価のポイントになっていました。

「生駒駅北口再開発エリア付近に住みたい」という需要の多い希少性にも注目!

近鉄「生駒」駅界隈は、住みやすい良好な住立地であることから人気の高い住宅地。
特に、再開発の進む北口エリアは「ここに住みたい!」との需要が多いエリアです。

前回のインタビューで販売担当の西田さんが仰っていたように
新築物件は然り、中古物件も供給が少ないのが現状なワケで
“土地がない”“住宅がなかなか出ない”希少なエリアとも言えそうです。

  
▲生駒駅近くのビルにあるマンションギャラリー(写真)にお出かけの際には、ぜひ現地や駅界隈を歩いてみてください。住環境の良さを実感できると思いますよ!

 

そんなニーズの高いエリアのマンションとなれば、
その“資産性”も下がりにくい、と言えるのではないでしょうか。

長い人生、どんなことが起こるかはわかりません。
例えば、転勤などライフスタイルの変化で生駒の地を離れることになったとしても、
「住みたい!」希望が多い地にある魅力的な住まいならば、
売却するのにも、賃貸に出すのにも、需要に応えやすいと思うのです。

売りやすい&貸しやすい住まいは『かけがえのない資産』ですから!

しかも、今の住宅ローンは購入しやすい金利条件!

そのような理由もあって資産性の高さも魅力の同マンションですが、
実際に購入するとなれば、気になるのが資金面。

皆さんご承知の通り、今は金利が低く、
住宅ローンを組むのにも恵まれた状況となっています。

例えば、Bタイプ(3LDK・住居専有面積73.09㎡)の402号室
販売価格(税込)4,490万円の場合で見てみましょう。

btype
▲Bタイプ/3LDK 専有面積/73.09㎡ バルコニー面積/8.56㎡ サービスバルコニー面積/1.53㎡

 

この住まいを、頭金0円でまるっと全額提携ローンを利用して購入するとします。
(借入金/4,490万円・金利/変動金利0.545%・35年返済)

その場合の支払額は・・・
月々が9万244円、年2回のボーナス時加算額が16万3,393円!
※詳細は「提携ローンのご案内」を参照ください

今の家賃と比べていかがでしょうか??

住宅ローンの金利は金融機関で異なりますし、
いろいろな商品があるので数字のバラつきはあるものの
主な金利タイプの「固定型」「固定期間選択型」「変動型」のどれもが今は低金利で、
変動金利に至っては0.5%を切っている商品まである状況。
フラット35(35年固定金利)でも1%前後、という昔では考えられないほどの低金利ですから。

このような住宅購入に嬉しい状況も
魅力ある住まい取得の実現を後押ししてくれるのではないでしょうか。

 

 

 


▲マンションギャラリーにてモデルルームを好評公開中!検討可能な住戸も残りわずかとなってきました。住宅ローンの選び方・組み方も人それぞれで当然ですから、大切な資金計画についてもゼヒ相談してみてください。スタッフが親身になって相談に乗ってくれますよ!

※掲載写真はすべて2016年9月撮影
野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP