• 分譲マンション
  • 奈良県生駒市
  • 大阪ガス都市開発

住宅ライターの「ジ・アーバネックス生駒」取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > ジ・アーバネックス生駒 > マンションライフならではの先進セキュリティ
2016年09月29日

マンションライフならではの先進セキュリティ

「マンションと一戸建て、どっちが良いと思う?」

住宅ライターという職業柄、友人・知人にこんな質問をされることがあります。
これは、住まい選びをする際の“第一の選択”かもしれませんね。

暮らし方の好みや住まいに求めるものは人それぞれですし、どちらにも魅力ポイントがありますから
当然のことながら「マンションの方が良い!」「一戸建ての方が良い!」と言い切ることはできません。

ただ、マンションの方がメリットが大きいのでは?と思うポイントはあります。

その一つが『セキュリティ』。
防犯性の高さによる安心感の大きさです。

今回は【ジ・アーバネックス生駒】が採用している先進セキュリティをご紹介しましょう。

大阪ガスセキュリティサービスが暮らしの安心を24時間サポート

共用部の要所に設けられる防犯カメラや、
エレベーター内部の様子が分かるエレベーターモニターなど
暮らしを見守るセキュリティが共用部に導入されていますが、

暮らしを見守ると言えば、ホームセキュリティ『アイルス』の導入!


▲防犯や火災などの異常を住戸内で感知すると、この「カラーモニター付インターホン」から警報音が鳴ります。同時に監視センターに自動通報。不在時は携帯電話にメール通知(※)されると共に、必要に応じて大阪ガスグループの警備会社・大阪ガスセキュリティサービスから警備員が現場に出動する、というシステム。※メール機能の利用は自身での設定が必要

 

暮らしの「もしも」に備えて、
24時間365日、日々の安心をサポートしてくれるのは心強いですね!

3重のセキュリティシステム!住まう方の入館はハンズフリーでスムーズ

また、エントランス(風除室)→1階エレベーターホール→住戸玄関ドア
・・・の3段階で来訪者をチェックする3重のセキュリティシステムを導入しています。

セキュリティ
▲オートロックセキュリティイメージイラスト
来訪者があった場合、まずはエントランスで相手を映像&音声確認してから開錠。エレベーターは住人の許可がなければ利用できない仕様です。そして、住戸玄関ドアのインターホンでも映像&音声の“最終確認”ができるのです。

 

このように、来訪者がマンションに入る際は“厳重チェック”をされるのですが、
住まう方の場合の入館はとーってもスムーズ!!

【ジ・アーバネックス生駒】は、ハンズフリーで解錠できる「Tebra(テブラ)キー」を導入しているので
わざわざ鍵をポケットやカバンから取り出さなくてもエントランスは自動的に開きますし、
エレベーターホールでは、リーダーに「Tebra」をかざせばエレベーターのセキュリティが解除されます。


▲クルマのスマートキーのようなTebraキー。沢山の荷物を抱えているお買い物帰りなど、両手がふさがっている時は特にハンズフリーの便利さを感じますよね!また、各住戸の玄関の鍵に、不正開錠に強いスティック状のディンプルキー「クラビス」を採用しているのも心強いポイントです。※玄関ドアはハンズフリーではありません

専有部のセキュリティも頼もしい

  

 
▲木目調のスタイリッシュな玄関ドアは、玄関前カメラをはじめ、防犯サムターンのダブルロックや鎌付デッド錠など安心の仕様。小さなお子さんも来訪者確認ができるようにドアスコープが上下2カ所にあるのも良いですね。

 

右下の写真は玄関に設置されている「アイルス」リーダー。

先にご紹介したホームセキュリティ「アイルス」専用のカードや
お使いのFeliCa対応のカード(交通系ICカードとか)やスマートフォン・携帯電話を登録して
ここにかざすだけで警備の設定&解除の操作ができるのです! 何てイマドキ!何てスマート!!

先進セキュリティの数々は、安心な上に便利なのが嬉しいですね。

いかがでしたでしょうか?

自室の外も中もこのような先進セキュリティで堅固に守れるのは
やはりマンションだからこそ叶うこと、だと思うのです。

この防犯性を一戸建てで備えるには相当なコストになってしまいますし、
何よりも、集合住宅だからこそ、管理員さんたお住まいの方など
「たくさんの人の目」があることも防犯性に繋がるのではないでしょうか。

さらに、企画担当者のインタビューでも紹介したように【ジ・アーバネックス生駒】は
共用廊下が外に面さない内廊下設計であることも安心感があります。

物件HPでは各セキュリティについて詳しく紹介されていますので
そちらも是非チェックしてみてくださいね。
http://www.ikoma30.jp/quality/security.html

※掲載写真はすべて2016年9月撮影
野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP