• 大阪府和泉市
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「パナホーム・シティ トリヴェール和泉 はつが野」取材レポート

林 景子

住宅ライター
林 景子

そのうちTOP > パナホーム・シティ トリヴェール和泉 はつが野 > 新モデルハウスOPEN!お家でアウトドア!お庭とウッドデッキのある95号地モデルハウス
2018年09月14日

新モデルハウスOPEN!お家でアウトドア!お庭とウッドデッキのある95号地モデルハウス

今回レポートするのは
【パナホーム・シティ トリヴェール和泉 はつが野】95号地モデルハウス。

南には広々としたお庭、
そして今までの物件にはなかったウッドデッキが設けられていて
自宅にいながらアウトドアが楽しめる、とってもワクワクするお家です。

家族みんなの居心地が良い、そんな95号地モデルハウスの魅力をご紹介します。

ウッドデッキで食事をしたり本を読んだり。贅沢な時間を日常にプラス

皆さんはお家で何をしている時間が好きですか?

・家族で食事をしている時
・趣味に没頭している時
・子どもと遊んでいる時
・何もせずぼーっとしている時
・お昼寝している時

そんな大切な時間を、家の中でも外でも楽しめたらとても贅沢ですよね。
95号地モデルハウスなら、それが実現できちゃいます!

 
▲同物件の南にはお庭にウッドデッキがあるので、お庭でBBQをしたり、ウッドデッキで夜風に吹かれながらお酒を飲んだり本を読んだりするのもいいですね。

 
▲左/ウッドデッキにはシンクやコンセントもあるので、BBQの準備や後片付けもとっても便利!
右/LDKとウッドデッキはひと続きになっているので、ウッドデッキスペースでの時間を日常に取り入れやすいですね。

暮らしに外で過ごす時間を少しプラスするだけで、
より特別なものになりそうです。

他物件とは違った魅力の立地や動線。玄関スペースにも注目!

 
▲メグリエシティの西側に位置する同物件は、東西両側が道路なので気持ちよく風が抜けます。


▲駐車スペースからLDKやウッドデッキへダイレクトに行けるので、例えば重い荷物などは玄関を通らずに運ぶことも可能。


▲高低差が少ないので、玄関前の階段数が少ないのも特徴。

 
▲左/玄関は土間部分が広いので、ゆったりとしています。
右/扉に姿見のついたシューズインクローゼットもあり。棚は可動式なので、ベビーカーやゴルフバックなどの大型の物も入れられます!

 

▲左/SICの他にも、シューズボックスや玄関収納もあり、玄関スペースだけでもかなりの収納力があります。
また玄関正面のタイル使いもオシャレです。
右/筆者が個人的にいいと思ったのは、ピクチャーレール!
こういったモノって後からつけるのは意外と手間ですし、上手く取り付けられないこともしばしば。初めから付いているのは嬉しいですね。

1階は広々としたLDK+和室。家族の笑顔が繋がります


▲南向きのLDKは明るく開放的。
お庭がしっかり確保され南側のお宅との距離が保たれているので、採光も十分得られます。

 
▲左/キッチンからは和室までしっかり見渡せるので、キッチンにいながら家族団らんの時間が取れるのが嬉しいですね。
右/建具や天井など、LDKの雰囲気と馴染む、とってもオシャレな和室です。

  
▲左/大容量収納のカップボードももちろんついています。これだけたっぷりの収納があれば、散らかりがちのキッチンもスッキリしそうです。
中/キッチンスペースの幅が広いので、すれ違うこともラクラク。
また奥のニッチスペースには調味料のほか、料理本なども置けるようになっています。
右/リビング収納もあり。容量だけでなく、必要な場所に収納があるので、お片付けも上手になれそうです。

2階のお部屋も南向き!いずれ仕切ることも可能な大部屋もあり

95号地モデルハウスの大きな特徴が、すべての居室が南向きということ。

 
▲可愛らしくディスプレイされた子ども部屋には、扉と大容量のクローゼットがそれぞれ2つあるので、いずれ2部屋に分けることが可能。

 
▲上/主寝室は1面のみグレーのクロス。間接照明も素敵です。
下/WICはコの字型でとっても広い!衣装やカバン、帽子などが好きというオシャレさんでも安心ですね。

 

95号地モデルハウス、いかがでしたか?

日常に、外で過ごす時間を取り入れるのってとても楽しそうですよね。
想像するだけでワクワクします♪

家族と友人と、そして一人でも、
お庭やウッドデッキスペースを上手に利用して、
特別で贅沢な時間を過ごしたいですね!

写真はすべて2018年8月撮影
林 景子

住宅ライター
林 景子

テレビやラジオのリポーター経験から取材好きに。
現在は、住宅や子育てなどに関するライターとしても活動中。
自宅の壁や家具、小物などに自ら手を加える”D.I.Y女子”でもある。

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP