• 大阪府和泉市
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「パナホーム・シティ トリヴェール和泉 はつが野」取材レポート

林 景子

住宅ライター
林 景子

そのうちTOP > パナホーム・シティ トリヴェール和泉 はつが野 > 指定通学校は小中一貫校「南松尾はつが野学園」!通学路をチェック
2018年06月18日

指定通学校は小中一貫校「南松尾はつが野学園」!通学路をチェック

【パナホーム・シティ トリヴェール和泉 はつが野】が誕生した
光と風と緑が心地いい『メグリエシティ』内には、
全404家族の皆さんが住まうことになります。

様々な世代の人たちと交流することができるコミュニティ「メグリエクラブ」も
どう発展していくのか楽しみですね!

【メグリエクラブについてお話しを伺った様子はコチラ→ ★ 

 

さて子育てファミリーにとっては、
お子さんの通学校はどんな学校なのか、
学校まではどれくらいの距離なのか、気になるところですよね。

そこで今回は、指定通学校である『南松尾はつが野学園』までの通学路をレポートします!

学校までスグ!しっかりと歩道が確保された歩きやすい通学路

ストップウォッチで実際にどれだけ時間がかかったのか計測!


▲今回は61号地前からスタート!まずは物件前の道路を横断します。


▲階段を数段上ると通りへ出ます。通りに出たら左へ曲がります。防犯カメラも設置されていて安心。


▲フラットな道のりを真っすぐ進みます。広々とした歩道もしっかり確保されていました。
また「南松尾はつが野学園前」停留所はすぐ。和泉中央駅から乗車すると、ここで下車することになります。
バス停がこんなに近いのは、荷物が多い時や帰りが遅くなった時、そして雨の日などにも助かりますね。


▲左/横断歩道を渡ります。見通しも良いので、安心感がありますね。
右/奥には遊具や広場のある公園がありました。
メグリエシティ内だけでなくこのエリアにはたくさんの公園があって、本当に羨ましいです。


▲横断歩道を渡ったら、そのまま真っすぐ進みます。
車道と歩道がしっかり分けられているので、安全ですね。


▲『南松尾はつが野学園』前に到着!ここまでの時間は2分36秒!

 

『南松尾はつが野学園』まで、あっという間に到着しました。
歩道もしっかり確保されていて、とても歩きやすい道のり。
見通しも良い道なので、親御さんも安心ですね。

「南松尾はつが野学園」は和泉市初の小中一貫校!


▲「南松尾はつが野学園」は、和泉市内でも今とても注目を集めている学校。
それは和泉市内で初めて、小中一貫校として昨年度誕生したばかりの公立校だからです。

 

皆さんは「中一ギャップ」という言葉を聞いたことがありますか?
小学校から中学校への進学において、新しい環境の変化にうまく馴染めず
不登校やいじめなどの問題が生じること。

そんな”中一ギャップ”も9年間の小中一貫教育をすることで、減少が期待できますよね。

 

また「南松尾はつが野学園」では4・3・2制を取り入れ、
1~4年がファーストステージ、5~7年がセカンドステージ、
そして8・9年がファイナルステージとして、6・3制の良さは残しつつ
9年間教育のメリットを最大限生かせるような教育指導を行っているとのこと。


▲そして何より、創立1周年を迎えたばかりということもあり、校舎や設備などが綺麗で充実しているのも嬉しいポイントですよね。
良い環境で子どもが勉強できるのは、親として有難いことです。


▲そして「南松尾はつが野学園」には制服もあります。
高級感があってとっても素敵ですね。うちの娘にもこんな制服を着せたい!(笑)

 

1年生から9年生までの縦割り交流も多いそうで、
お兄さんお姉さんと小学校低学年の小さな子ども達が
コミュニケーションを取れる環境はとてもいいな…と、
筆者は感じました。

指定通学校である「南松尾はつが野学園」を今回取材してみて、
小中一貫校のメリットを知り、
自分の子どもも通わせたいと思うほどでした!

【パナホーム・シティ トリヴェール和泉 はつが野】から学園は距離も近く、
通学路もしっかり整備されていて、また学園の周りが静かで緑豊かなことも
子どもにとってはもちろん、親御さんにとっても安心な環境ですね。

現地を訪れた際には、ぜひ学園や周辺環境なども歩いて確認してみてくださいね。

写真は2018年4月に撮影されたもの、および和泉市教育委員会さまよりご提供いただいたものです
林 景子

住宅ライター
林 景子

テレビやラジオのリポーター経験から取材好きに。
現在は、住宅や子育てなどに関するライターとしても活動中。
自宅の壁や家具、小物などに自ら手を加える”D.I.Y女子”でもある。

PAGE TOP