• 分譲マンション
  • 大阪府大阪市淀川区
  • JR西日本不動産開発

住宅ライターの「ジェイグラン シティ 塚本」取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > ジェイグラン シティ 塚本 > 塚本のことは、塚本のタウンセラーに聞いてみよう①~マンションギャラリーで相談受付中~
2018年08月10日

塚本のことは、塚本のタウンセラーに聞いてみよう①~マンションギャラリーで相談受付中~

先月オープンしたばかりのマンションギャラリーには足を運ばれましたか?

販売スタッフの方に同物件についていろいろ教えてもらったり、
住まい購入に必要なことを相談したりアドバイスをもらったり、
2階のシアターやパネルやジオラマで完成後の佇まいを思い描いてみたり、
素敵なモデルルームを体感して快適マンションライフに夢を膨らませてみたり・・・

ギャラリーがあるのは建設中の現地隣(旧塚本ドライビングスクール)で立地も確認できて
【ジェイグラン シティ 塚本】での新生活を存分にイメージできるようになっているのですが、
さらに同マンションでの暮らしを”よりリアルに”思い描ける、オススメの方法があるのです!

それは・・・
マンションギャラリーでタウンセラーに相談してみること!!

「タウンセラー?それってどんな人??」
そう思われる方も多いかもしれませんね。

簡単に説明すると、「タウンセラー」=「タウン」+「カウンセラー」

地元在住の方が“わが街の相談員”となって、
住んでいるからこそ分かる街情報や地元情報を
第三者目線で教えてくれる・相談に乗ってくれるワケです。

首都圏のマンションギャラリー等を中心に拡がりをみせているというそのタウンセラーが
この【ジェイグラン シティ 塚本】にもいらっしゃると聞いて、先日お会いしてきました!
今回から2回にわたってその様子をお届けしますね。

塚本在住の子育てママ、お二人のタウンセラーにインタビュー

  
▲【ジェイグラン シティ 塚本】のタウンセラーは、毎週末にマンションギャラリーで勤務中。
この日お話を伺ったのはお二人のタウンセラー。
Kさん(中写真)は4歳と1歳のお子さんをお持ちで、Mさん(右写真)は中2・小6・小1・年中の4人のお子さんを育てていらっしゃる「塚本で子育て真っ最中!」の現役ママさんです。

Q:まずは、タウンセラーのお仕事について教えてください。
  タウンセラーになられた理由もお聞きしたいです!

Kさん
「塚本に住んでいる人が、この街について教えて差し上げる、
 実体験を通した情報提供をするのがタウンセラーのお仕事です。 
 私たちを含めて6人のタウンセラーがいますが、全員主婦で、
 中にはお子さんを6人お持ちのママさんタウンセラーもいますよ!」

Mさん
「毎週土・日の11時~17時まで
 タウンセラーが2人一組で、お客様の個別相談を各組20分ほど受けています。 
 お客様をお待ちしている間は、控室で地元の生活情報を集めてファイルにまとめたり、
 “ここに来られた方だけが閲覧できる”塚本の街情報サイトへの入力をしたりしています。」


▲市の広報誌やパンフレットをはじめスイミングスクールや学習塾の折込広告を取っておいたり、美味しいお店のチラシをもらってきたり…近所のママ友に聞いた情報なども盛り込みながら、お客様からの質問に幅広く応えられるようにと常にアンテナを張って情報収集しているそう。

▲塚本の暮らし情報や治安、教育環境や医療情報などを分類して情報掲載している『マチアイ』は、タウンセラーさんが地域情報をまとめて、相談にこられた方だけにお見せしているサイト。
例えば、公立指定中学校の新北野中学校についてなら、校風は?教育内容は?校則は?受験事情は?どんな塾に通っている?卒業後の進学先は?など…細やかな情報に加えて、タウンセラーからの一言コメントなどもあって「参考になる!」と好評なのです。

 

Kさん
「私は長男の子育てが始まってから塚本に住み出して住人歴は5年弱なんですが、
 このマンションのタウンセラーになったのは、
 友人が『塚本のママ向けのお仕事があるよ』と教えてくれたのがキッカケでした。

 タウンセラーになる前に座談会があって、塚本の街について魅力や特徴を話し合いましたが、
 塚本は便利で住みやすく子育てもしやすい街だと思っていたのを座談会でも再確認できて。
 ちょうど下の子を保育園に預けられるようになった時期でもあったので、
 住んでいる街・塚本の魅力を皆さんにもお伝えしたい!とタウンセラーになりました。」

Mさん
「私はKさんからスカウトされました!
 Kさんとは子どもの幼稚園が一緒のママ友だったんですが、
 結婚前から塚本に住んでいて、かれこれ15年ほどになるので
 園のことや病院のことなど塚本について相談を受けることが以前から多くて。
 実は、他のタウンセラーさんからも『一緒にやらない?』と言われていたので、
 2人に誘われるなんて、これは私に合うお仕事なのかな・・・と。

 住まいを買うとなれば、やはり住む街の事はよく知っておきたいものだと思うので、
 それを教えることでお役に立てるなら嬉しいと思ったのがタウンセラーになった理由です。」

Q:相談に来られるお客様からはどんなことを質問されますか?

Mさん
「やはり保育園・幼稚園の情報や、教育環境についてはよく質問を受けますね。

 タウンセラーに相談を希望される方は、お子さんが生まれて間もない方や
 未就園児をお持ちのご家族も多いので、就園前に知りたい情報を希望される方は多いです。
 隣の『塚本くすのき保育園』の入園状況であったり、
 周辺にはどんな保育園があって、現地からはどうやって行くのかなどもよくお話しします。
 地図で見ると少し離れているように感じても、実際の生活道ではスムーズに行けたりもするので、
 それを知って頂くと、候補にしていなかった園も検討対象になる方もいらっしゃいますね。

 他にも、暮らすようになると利用することの多い塚本市役所のこととか。
 物件広告のMapでは市役所まで載っていないので遠く思われがちですが、
 これも実際には身近に感じる距離感なんですよ!自転車でもサッと行けますから。」

Kさん
「普段の街の様子も聞かれますね。

 赤ちゃんや子どもを連れていると
 必ずと言っていいほど声を掛けてくれますよ!『がんばってるね~』とか!
 人があたたかい、下町情緒も感じられる心地よい街なんです。
 そんな、暮らしているからこそ感じていることなども積極的にお話ししています。」


▲「各幼稚園のバスはもちろんですけど、スイミングスクールや塾の送迎バスも近くまで来てくれますよ。」「塚本のママさんは自転車でいろいろなトコロに行っちゃう!梅田・大阪にも普通に自転車で行きますから。淀川を越える時が景色が良くて楽しいし、子どもも喜びます♪」などなど…住んでいらっしゃる方ならではのお話が盛りだくさん!続きは次回のレポートで!

生活者目線の様々な情報を、ご近所ママさんと雑談する感覚で聞けるのは
とても参考になりますし楽しいものだと思います。

塚本を愛する朗らかなママさんタウンセラーに話を聞きたい方は
是非予約してみてくださいね。塚本の街情報を楽しく入手できますよ。

 

■予約は【ジェイグラン シティ 塚本】マンションギャラリーへ
0120-543-312 営業時間10:30~17:30(水・木曜日定休)※祝日除く

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP