• 分譲マンション
  • 大阪府大阪市淀川区
  • JR西日本不動産開発

住宅ライターの「ジェイグラン シティ 塚本」取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > ジェイグラン シティ 塚本 > 低金利時代、やっぱりマンションは「今が買い時」?!
2018年06月29日

低金利時代、やっぱりマンションは「今が買い時」?!

住まい購入を考えはじめると、大いに悩むのが「いつ買うか?」ではないでしょうか。

「買い時はいつ?」という質問は、筆者も職業柄よく受けるのですが、
結論としては、住まいを買いたいと思った時が『あなたにとっての買い時』だと思います。

結婚や出産、子どもの入学や親との同居などを機に住宅購入をするのがそうですし、
理想のマンションと運命的な出会いをして購入を即決することだってあるでしょう。
まさに十人十色で、各々にとってのベストタイミングが『買い時』と言えそうです。

このように各々で異なるのが『あなたにとっての買い時』ですが、
加えて考えたいのが、金利状況や税制などから見る『世の中の買い時』です。

今回は、その『世の中の買い時』を見極めるには
どんな点に注目したら良いのかをチェックしてみましょう。

まずは住宅ローンの金利動向をチェック!

マンションを購入する際、多くの方が『住宅ローン』を利用されると思います。

その住宅ローンの金利が何パーセントになるのか?
金利の動向が買い時の見極めには重要になってきます。

まずは販売価格を見て、「〇タイプより△タイプの方が500万円高い」などと
“価格の差”をチェックすることが多いかと思いますが、
実は数百万円の価格差よりも、住宅ローンの金利差の方が影響が大きかったりするのです。
実際に、金利が1%違うと、トータルで支払う額にかなりの差が生じるケースもあるんですよ。


▲これは「フラット35」の金利動向グラフです。これを見ると、じわじわと金利上昇傾向?!実際に、現在(2018年6月)の【フラット35】35年固定金利は1.37%ですが、先月は1.35%だったので0.02%上がっています。今後の動向をしっかりと見守っていきたいですね。※『住宅ローン金利予想』サイトから「フラット35金利動向グラフ」を引用

金利が1%と違うと、返済額はどう変わる??

では、具体的に・・・
金利が違うことで、一体どれくらい返済額が変わってくるのでしょう??
例として、シミュレーションしてみますね。

仮に、3,500万円の物件を頭金ナシで全額を住宅ローンを利用して購入するとします。

■借入金額/3,500万円
■頭金/0円
■返済期間/35年
■返済方法/フラット35利用、ボーナス払いなし、元利金等払い

上の条件で試算をしてみると、
現在(2018年6月)の金利1.37%では、月々の返済額は8万9,957円です。

それに対して、金利が今より1%上がって2.37%になった場合、
月々の返済額は10万5,170円に!
同じ借入額にも関わらず、2万円近くも返済額が上がってしまうのです!!
実際の差額もそうですが、10万円を超えると感覚的な差も大きく感じますね・・・。

 

また、こちらの表をご覧ください。


▲シミュレーション例の月々支払額である8万9,957円と同等の月々支払額を表で探すと8万7,641円がありますね。これは、「金利2.37%のローンで借りられるのは2500万円」というコトになります。

 

ピンク色で示した数値比較からもお分かりのように、
金利1.37%での月々返済額である8万円後半を目安にすると
金利が1%高い市況では2500万円の借入額になり、
借入可能額が500万円も低くなってしまいます。

月々の返済額を同等にしようと思うと、
借入額、つまり物件価格を500万円も下げることになる、というワケです。

金利1%の差が、大きな大きな差となるのですから、
低金利時代のいまは『世の中の買い時』としては好条件。
「低金利のうちに購入を!」と考えるのは自然なことではないでしょうか。

住宅ローンの組み方は人それぞれ。まずはご相談を!

今回は、【ジェイグラン シティ 塚本】を検討する方にも参考になりそうなシミュレーションを例としましたが、

●ボーナス併用払いにして月々の負担を少なくしたい
●定年までに完済したいので、返済期間を短くしたい
●両親から援助があるので、頭金を増やして借り入れ額を減らしたい
●もっと金利が低い変動金利の住宅ローン商品を利用したい

などなど、ご家族の将来や人生設計に合わせて多彩なシミュレーションが可能です。

 

とは言っても、金利動向もそうですが、住宅ローンのことって難しそうで
自分にはどんな借り方が合っているかなども分からないですよね・・・。

【ジェイグラン シティ 塚本】は間もなくマンションギャラリーがオープンしますが、
ここでは、大切な資金計画についても丁寧に、わかりやすく教えてもらえるので
ぜひ一度相談していただきたいと思います。

だって、住宅ローンの組み立て方はご家族によって実にさまざまですから!!


▲住宅ローンの組み立て方は十人十色。そして「借りれる額」よりも「無理なく返せる額」を知ってマンション購入を進めていくと良いと思います。いくらぐらいの物件をどんな返済方法で購入するのが良さそうか?など資金計画についての相談を是非してみてくださいね。

 

ちなみに、『個人の買い時』のみで住宅購入をした筆者が思うに、
『世の中の買い時』でも条件的に恵まれている今は羨ましい限り・・・。

住宅ローン控除などの税制メリットもありますし、やはり先ずは情報収集!

間もなくマンションギャラリーがオープンするので、
ぜひ予約をしてお出かけください。早め早めのアクションをオススメしますよ。

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP