• 分譲マンション
  • 埼玉県八潮市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス オイコス 八潮」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス オイコス 八潮 > ザ・パークハウス オイコス 八潮 ~魅力のまとめ~
2017年10月30日

ザ・パークハウス オイコス 八潮 ~魅力のまとめ~

今年の5月から半年に渡って【ザ・パークハウス オイコス 八潮】の魅力をご紹介してきましたが
今回でこのレポートも最終回となりました。
(長らくお付き合いいただきありがとうございました!)

そこで今回のレポートは、筆者が半年間の取材を通じて実感した
【ザ・パークハウス オイコス 八潮】の魅力のまとめ。

これから購入を検討する皆さんにぜひチェックしていただきたい
3つのポイントについて、住宅ライターの目線でご紹介します!
※建設中の現地の様子・・・・・・2017年10月撮影。

魅力その① 駅徒歩5分の駅近物件


▲何と言っても、この物件の最大の強みとなっているのは、
つくばエクスプレス『八潮』駅から徒歩5分という“駅近物件”であること。
『八潮』駅は、つくばエクスプレスの中でも2つしかない途中始発駅ですから、
平日朝のラッシュ時にも座って『秋葉原』までの通勤が可能となりますし、
区間快速が停車するため、『秋葉原』まで直通17分でのスピードアクセスが実現します。

※つくばエクスプレス『八潮』駅・・・・・・現地より徒歩5分(約380m)/2017年7月撮影。

ちなみに、これは長年マンションレポートに携わっている筆者の個人的な見解ですが・・・
『駅近物件』の定義については、ひと昔前まで“駅徒歩10分以内”がおおよその目安となっていたのに対し、
近年はインターネットでの物件検索が主流となってきているため、
検索のときの感覚値として駅近=“駅徒歩5分以内”に変わってきていると感じます。

つまり、“駅から徒歩5分以内”の物件の場合は、
「購入検討者から検索されやすくなる」というメリットにつながるため、
将来の賃貸運用や売却を考える際にも、物件の流動性が高くなるのではないでしょうか?

魅力その② 徒歩6分圏内に生活施設が充実、なのに静かな住環境



 
▲『八潮』駅の北口には『ユニクロ』や『ニトリデコホーム』
『コジマ』『ダイソー』などが入った大型商業施設『フレスポ八潮』が。
そして南口には、郵便局やクリニック、学習塾などが入った『Bivi八潮』があり、
普段の生活に必要な生活施設は駅前に集約されています。
また、駅からの帰り道にあるマンションから徒歩2分の『ヤオコー』をはじめとして、
駅周辺にはスーパーマーケットやドラッグストアが充実!
買い物の選択肢が多彩に広がることで、特売チラシを確認しながら、賢くお得な商品を選ぶことも可能です。

※フレスポ八潮・・・・・・現地より徒歩6分(約440m)/2017年7月撮影。
※ヤオコー・・・・・・現地より徒歩2分(約160m)/2017年7月撮影。
※BiVi八潮・・・・・・現地より徒歩4分(約310m)/2017年7月撮影。



▲さらに『八潮』駅前には市役所の出張所があり、
住民票の取得や各種申請なども駅前でのお買い物ついでに済ませることができます。

※八潮市役所出張所・・・・・・徒歩6分(約420m)

“マンションから徒歩5分の範囲内に商業施設が充実し、
駅の周辺で主な用事を済ませることができる”という快適さは、
これから先の暮らしの時間効率を考えると、何より大切にしたいもの。

コンパクトシティと呼ぶに相応しい快適さを備えた住環境と言えるのではないでしょうか?


▲また、これだけ便利な立地に位置しているのに、現地は戸建てエリアに面し、
静かな住環境が広がっているという点も、補足しておきたいポイントのひとつです。

※現地周辺の街並み・・・・・・2017年10月撮影。

魅力その③ ザ・パークハウスシリーズ初のオイコスブランド


▲そして、3つめの魅力は、お馴染みのマンションブランドである
三菱地所レジデンスの『ザ・パークハウス』シリーズから新たに誕生した
『オイコス』シリーズの第一号物件がこの【ザ・パークハウス オイコス 八潮】であるということ!

※レジデンスギャラリー・・・・・・2017年5月撮影。


▲この『オイコス』シリーズは、
三菱地所レジデンスと長谷工コーポレーションのコラボによって誕生した新シリーズで、
ハイグレードな『ザ・パークハウス』のデザイン性はそのままに、
子育てファミリー仕様のマンションづくりを得意とする
長谷工コーポレーションならではのプランニングのノウハウを採り入れ、
“お互いの良いとこ取り”をしながら価格を安く抑えています。
この【ザ・パークハウス オイコス 八潮】は、
三菱地所レジデンスの新築分譲マンションの歴史に名を残す、記念すべき“第一号物件”なのです。

※ギャラリー内の建物模型・・・・・・2017年5月撮影。

================================================

いかがでしたか?
筆者が取材を通して感じた3つの魅力のポイントについて、おわかりいただけたでしょうか?

もう1点補足すると、八潮で取材活動をしていて感激したのは、
出会った地元の方たちが、本当に親切で親しみやすい方ばかりだったということ。

街の中を歩いていると自然に地域の中に溶け込めるような、
そんな親しみやすさを感じる街は、筆者もなかなか出会う機会がありません。

交通利便性・生活利便性・マンションのブランド力、そして、地元の人たちの温かさ・・・
筆者オススメのこれらのポイントにぜひ注目して、
皆さんの新しい住まい探しの参考にしてみてくださいね!

※ 掲載している表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分で算出(端数切上げ)しています。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP