• 分譲マンション
  • 埼玉県八潮市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス オイコス 八潮」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス オイコス 八潮 > 夏休みのお楽しみ、『八潮の夏だ!夜市だ!盆踊り大会だ!2017』が開催されました!
2017年08月06日

夏休みのお楽しみ、『八潮の夏だ!夜市だ!盆踊り大会だ!2017』が開催されました!

夏休みに入ったばかりの八潮の子どもたちが、毎年この時期楽しみにしているのが
つくばエクスプレス『八潮』駅と駅南口の『やしお駅前公園』で開催される
『八潮の夏だ!夜市だ!盆踊り大会だ!』という地元の夏祭り。

今年で6回目となったこのお祭りは、
2005年のつくばエクスプレス開通以降、
年々人口が増加し続けている“八潮の市民交流”を目的にして2012年からスタートした恒例行事で、
毎年7月の最終金曜日・土曜日の2日間に渡ってなんと7万人超の人出となる
“八潮エリア最大級の真夏のイベント”となっています。
※以下すべて八潮駅周辺の夏祭り会場の様子・・・・・・現地より徒歩5分(約380m)/2017年7月28日撮影。

グルメからゲームまで、会場内には楽しいブースがいっぱい!

 

 
▲筆者が訪れたのは初日の金曜日の夜。
太陽が沈みはじめた夕暮れ時の17:00に『八潮の夏だ!夜市だ!盆踊り大会だ!2017』がスタートしました。
メイン会場となる『やしお駅前公園』のステージでは和太鼓演奏など様々な出し物が披露され、
まわりには続々と浴衣姿の親子連れや仲良しファミリーグループが集まってきます。


ちなみに『やしお駅前公園』には広大な芝生広場があるので、
わざわざレジャーシートを持参しなくても、芝生の上でくつろげる点が嬉しいところ!

気持ちの良い芝生の上に座りながら屋台で買ったグルメを広げ、
“お祭り宴会”を楽しむグループも多く見られました。
(大きなお祭りの場合は、人混みの中で歩き疲れると休憩場所に困ってしまうことが多いものですが、
こんな芝生広場が会場なら小さな子ども連れでもゆったりと過ごせますね!)

 

 
▲普段は広々としている『八潮』駅の改札口周辺にも、ところ狭しと出店のブースが!
八潮近隣の市町村の名産品や新鮮野菜を販売するブースをはじめ、
射的やヨーヨー釣りなど、夏祭りには欠かせないゲームコーナーもズラリと並んでいます。
どのブースも専門の屋台業者ではなく、各行政の職員の方や、民間のグループの方、
近隣企業のスタッフの方などが運営しているため、
“地元ならではの手作り感”が感じられる点も、ほのぼのとして心地良い雰囲気です。




  
▲こちらはグルメ屋台のスペース。子どもたちに人気のキラキラ光る『電球ソーダ』をはじめ、
焼きそばやかき氷の前にはズラリと行列ができていましたが、
中でも長蛇の列となっていたのは、地元・八潮の特産品ブース。
特に上の写真の『八潮産ゆで枝豆の袋詰め(100円)』は、
籠に並んだ瞬間からどんどん売れていくという人気商品でした!そしてもちろん、枝豆には生ビール(笑)
この(オトナにとって)最高の組み合わせを満喫しながら、盆踊りのスタート時間を待ちます。




  
▲こうして、19:00を過ぎ日が暮れると、
真っ赤な提灯に彩られた盆踊りのステージが暗闇の中に浮かび上がり、
お祭りムードも絶好調となって盆踊り大会がスタート!
(ステージ上ではプロの歌手の方が生唄を披露し、それに合わせて踊るという何とも贅沢な盆踊りです)


ステージの周りの芝生の上をよく見ると、陸上のトラックのような白線が引かれていたのですが、
これは“小さなお子さんが迷子にならないように”という配慮なのだとか。

子ども連れのファミリーは内側の白線内で、オトナは外側の白線に沿って・・・と、
踊るゾーンを分けることで、小さな子どもたちからお年寄りまで
いろいろな世代の方が盆踊りに参加しやすくなるよう工夫されているんですね!
(これも幅広い世代が暮らす“八潮の夏祭りならでは”のアイデアと言えそうです)

 

 
▲盆踊りに参加しないひとたちも、
芝生の上で心地良い夜風を感じながらステージの様子を眺めています。
夕方からお祭りを楽しんでいたママや子どもたちが、
パパの帰宅時間に合わせて駅の改札までお迎えに行き、合流して再びお祭りの続きを楽しむ・・・
という様子があちこちで見られた点も印象的!
改めて“この『八潮』駅周辺は、子育てファミリーが多く暮らしている街なんだな”ということを実感しました。


================================================

いかがでしたか?
この『八潮の夏だ!夜市だ!盆踊り大会だ!』の夏祭りの賑わいやスケール感を見ていると、
八潮エリアの地元住民の皆さんのほのぼのとした土地柄が窺えるのと同時に、
“子育てファミリーが多く暮らす街・子どもたちが多く暮らす街”として、
今後さらなる街の活性化・発展性にも期待が感じられるような気がしました。

ぜひ皆さんも【ザ・パークハウス オイコス 八潮】のレジデンスギャラリーを訪れる際には、
『八潮』駅周辺を散策しながら、この街の魅力を体感してみてくださいね!


▲こちらは会場全体の様子を公園の丘の上から眺めた様子(改めて、ものすごい人出ですね!)。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP