• 分譲マンション
  • 埼玉県八潮市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス オイコス 八潮」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス オイコス 八潮 > 『八潮』駅周辺の生活利便施設レポート【1】家族みんなで楽しめる駅前商業施設、フレスポ八潮!
2017年07月15日

『八潮』駅周辺の生活利便施設レポート【1】家族みんなで楽しめる駅前商業施設、フレスポ八潮!

筆者が【ザ・パークハウス オイコス 八潮】の取材で『八潮』を訪れるようになって約2ヶ月が経ちました。

この間、何度も『八潮』駅周辺を散策してみて、改めて感じたのは、
駅のまわりに生活利便施設がギュッと集約された暮らしやすい街だなぁ”ということでした。

駅周辺に商業施設をはじめとする便利な生活施設が集まっているということは、
自宅からわざわざクルマに乗って買い物に出かけたり、
駅からの帰り道にわざわざ遠回りをして用事を済ませる煩わしさがなくなるということ。

基本的には『駅周辺』と『自宅マンション』との移動ルートの中で、
普段の主な生活行動を完結できる快適さにつながりますから、
子育て中のファミリーや、多忙なディンクスカップル、
車の運転をそろそろ卒業しようと考えているシルバー世代のご夫婦にとっても、
とても暮らしやすい環境と言えるのではないでしょうか?

そこで、今回から2回に渡って『八潮』駅周辺の主な生活利便施設をご紹介します!
※以下すべて、『八潮』駅北口前にあるフレスポ八潮・・・・・・現地より徒歩6分(約440m)/2017年7月撮影。

北口ロータリーの目の前にある『フレスポ八潮』は、
グルメからショッピングまで楽しめる大型ショッピングセンター!


▲『八潮』駅前の生活利便施設といえば、やはり真っ先に挙げられるのは、
大型ショッピングセンターの『フレスポ八潮』でしょう!
『八潮』駅の改札を出ると、北口・南口のふたつのロータリーがありますが、
『フレスポ八潮』はタクシープールのある北口ロータリーに面しています。
駅の“すぐ目の前”に入口があるため、真夏の日差しの強い日や雨の日でも気軽に訪れることができます。

 
▲『フレスポ八潮』はもともと2006年に開業。
八潮エリア最大規模の大型ショッピングセンターというだけあって、駅周辺にお住まいの地元の方だけでなく、
近隣エリアから、家族みんなでクルマで遊びに来るファミリー連れも多いのだとか。
管理事務所の担当者の方にお話をうかがったところ、
「お客様の多くは30代・40代のファミリーの方ですので、
週に2回・3回とご家族で遊びに来たくなるような、楽しいショッピングセンターを目指しています」とのこと。
実は、開業11年が経った今年4月28日にリニューアルオープンしたばかり。
キレイな館内で楽しいお店をいろいろ散策していると、半日ぐらいあっという間に過ぎてしまいそうです(笑)

  
▲延床面積約4万2000㎡という広大なスペースを生かして、
館内随所にイベントスペースや、休憩所が設けられているのもうれしいところ。
取材にお邪魔したこの日はちょうど日曜日だったのですが、
巨大な風船すべり台や、ダンボール迷路で遊んでいる子どもたち、
沖縄物産展で珍しい食材を買い求める奥さま、そして、
家族が買い物をしている間に、店内のソファに腰掛けて束の間の静かな休憩時間を満喫するご主人など、
いろいろな世代の方が思い思いの休日を楽しんでいるようでした。

  

  
▲『フレスポ八潮』に入っている専門店の店舗数は、なんと全51店舗!
(すべてはご紹介しきれないので、利用頻度が高くなりそうな一部のお店の写真を掲載しています)
例えば、手ごろな値段が魅力のファストファッションを探すなら、『ユニクロ』や『西松屋』『ABCマート』へ。
また、子どもたちのお弁当グッズや文房具などを揃えたいなら、
100円ショップの『ダイソー』や『オリンピア』へ。
他にも、家電製品の『コジマ』やドラッグストア『マツモトキヨシ』のほか、
話題の新作映画・アニメDVDを借りるときにも便利な『ゲオ』もあります。

   
▲また、グルメフロアには、お寿司・パスタ・ハンバーガーショップ・カフェ・スイーツショップがズラリ!
フロアの各所に銀行のキャッシュコーナーも設けられているので、
振り込みや引き出しを買い物ついでに済ませることができ、効率よく用事を済ませられそうです。


▲ちなみに、リニューアルオープンしたばかりの“人気店”として注目を集めているのが、
2階にある『デコホームNITORI』。
『デコホームNITORI』というのは、あの『ニトリ』の売れ筋アイテムばかりを集めたコンパクトストアで、
スリッパが277円から、フライパンが370円から、クッションが555円からと、
インテリアを彩るおしゃれなアイテムを、プチプライスで購入することができます。
【ザ・パークハウス オイコス 八潮】への引越しが完了したら、
真っ先にここへ訪れたくなりそうですね(笑)

残業帰りのお買い物もOK!深夜0時まで営業のフードスクエアカスミ

 
▲一方、こちらは『フレスポ八潮』1階にある大型スーパーで、
トップバリュシリーズのリーズナブル商品も豊富に揃っている『フードスクエアカスミ』。
朝は9:00から、夜は深夜0時まで営業しているので、
もしも明日のお弁当の食材の買い忘れに気づいたとしても、
残業で遅くなったパパに「帰りにカスミで○○買ってきて~!」とお願いすることもできますよ!


▲また、ベーカリーの『モルバン』や中華惣菜の『北京飯店』など、
スーパーの中にも多彩な専門店が入っているので、
“今晩のおかずのもうあと一品”や“明日の朝ごはん”に困ったときには、
このお惣菜コーナーが頼もしいママの味方になってくれそうです。


▲八潮近郊で採れた新鮮野菜が販売されている“地産地消”コーナーも発見!
子どもたちと「八潮ではトマトや枝豆が作られているんだね」
「旬のお野菜のナスを使ってお料理を作ってみようか?」などの会話を弾ませるようにすると、
地元の農産物や食への関心を育む“食育効果”にもつながりそうです。

================================================

いかがでしたか?
今回は『八潮』駅北口の『フレスポ八潮』の主な施設をご紹介しましたが、
『フレスポ八潮』内には他にも、クリーニング店や美容室、フラワーショップ、
そして、内科・小児科・眼科・歯科・処方箋薬局などのクリニック系施設も揃っています。

ぜひ皆さんも【ザ・パークハウス オイコス 八潮】のレジデンスギャラリーを訪れたら、
『フレスポ八潮』の多彩な生活施設をチェックしながら、
快適な八潮生活をシミュレーションしてみてくださいね!

■フレスポ八潮
住所/埼玉県八潮市大瀬1丁目1−3
時間/10:00~21:00(店舗によって営業時間は異なります)
定休日/年中無休
※2017年7月取材時の情報です。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP