• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市浦和区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 浦和常盤」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 浦和常盤 > 徒歩圏内にあるスーパーを特集。子育て目線で利用のしやすさをチェックしました
2017年07月26日

徒歩圏内にあるスーパーを特集。子育て目線で利用のしやすさをチェックしました

今回の記事では、「ザ・パークハウス 浦和常盤」の周辺にあるスーパーをレポートします。
以前の記事で地元の商店街を紹介しましたが、やはりスーパーが徒歩圏内に複数あると、何かと頼りになるもの。地域密着型の「生鮮館パワフル」や、プライベートブランドが充実している「イオン」、24時間営業の「マルエツ」、こだわりの食材も手に入る「クイーンズ伊勢丹」、安さが魅力の「オーケー」など、それぞれに個性があるのも面白いところです。


▲地図上にスーパーをマーキングしてみました。
後ほどレポートしますが、「北浦和」駅は、マンション現地のある西口側と東口側が地下道で繋がっているので、徒歩はもちろん、自転車でも行き来しやすいんですよ。

安くて新鮮!お肉の専門店も入る「生鮮館パワフル 元町店」

「ザ・パークハウス 浦和常盤」から徒歩6分(約410m)の「生鮮館パワフル 元町店」は、地元の人に親しまれている地域密着型のスーパーです。

 
▲旧中山道と元町通りの交差点の角にある「生鮮館パワフル 元町店」。いつもたくさんの買物客で賑わう、活気あるスーパーです。
精肉の専門店「肉のあまいけ」が入っていることもあり、特にお肉の品揃えが豊富で安いと思いました。豚肉の“カシラ”や鳥の“せせり”といった、ちょっと珍しい部位のお肉も販売されていましたよ。

 

こちらは、2階に100円ショップの「Seria(セリア) 北浦和店」があるのも要注目。
おしゃれで品質のいい100円雑貨が買える「Seria(セリア)」は、ファミリーの強い味方ですよね。私も、子どもの浴衣に合わせるヘアアクセサリーや、運動会用の折り畳みクッション、キャラクターもののお名前シールなど、他の“100均”にはないものが買えるので、よくお世話になっています(笑)

駅からすぐ! 24時間営業の「マルエツ 北浦和東口店」

現地から徒歩7分(約550m)の「マルエツ 北浦和東口店」は、24時間営業のスーパーです。


▲JR「北浦和」駅の東口からすぐの場所にある「マルエツ 北浦和東口店」。売り場は比較的コンパクトですが、生鮮食品やお惣菜が充実しています。
24時間営業ですから、子どもを幼稚園に送って行った帰り道や、遠出する前、残業で遅くなったときなどにもお買い物ができますね。

こだわりの食材が買える「クイーンズ伊勢丹 北浦和店」。ベーカリーも併設

埼玉県内では、北浦和と大宮にしか店舗がない「クイーンズ伊勢丹」。
鮮度・品質にこだわった生鮮食品やスパイス、ワイン、デリカ、お菓子や、店内で焼き上げるパンなどが手に入るので、身近にあると嬉しいスーパーですね。

 
▲「クイーンズ伊勢丹 北浦和店」は、マンション現地から徒歩8分(約580m)。東口駅前の商店街(北浦和共栄会)を抜けたところにあります。
クイーンズ伊勢丹の企画で、夏休みの体験教室も開催されています。応募者多数の場合は抽選になるそうですが、夏休みの自由研究のテーマにもできちゃいそうですね。

 

ギフトも充実しているので、お友達や親戚のお家に遊びに行く際は、こちらで手土産を選んでもいいかもしれません。

食品だけでなく、衣料品や雑貨も充実している「イオン 北浦和店」

現地から徒歩11分(約870m)の「イオン 北浦和店」は、生鮮食品はもちろん、衣料品や雑貨、インテリア用品なども豊富に揃っていて、何かと重宝しそうなスーパーです。


▲1Fの食品フロアの営業時間は、7:00~23:00。2~3Fの衣料品・キッズ用品のフロアは9:00~21:00と、遅い時間でもお買物できます。

 

「イオン」は、話題の商品がいち早く入荷したり、プライベートブランド商品が充実していてお買物するのが楽しいスーパーですね。
子どもが学校で使う文房具や給食袋、防災ずきん、赤白帽など、時々「どこで売ってるの?」と困ってしまうような(笑)スクール用品も販売されています。

フォーマルウェアやビジネス小物、レジャー用品なども一通り揃いますから、徒歩圏内にあると助かることが多そうです。

「島忠ホームズ 与野店」と、ディスカウントスーパーの「オーケー 与野店」もあります

マンション現地から徒歩17分(約1,350m)と、自転車で行くのにちょうどいい距離に、「島忠ホームズ 与野店」と「オーケー 与野店」があります。

 
▲家具やインテリア、自転車、園芸用品、工具などが揃うホームセンター「島忠ホームズ 与野店」。
地下にはディスカウントスーパーの「オーケー 与野店」があり、週末の買い出しにもぴったりです。

駅の反対側へは、地下道を利用するのが快適。自転車も通行できます

地図で見てみると、現地周辺のスーパーは「浦和」駅の西口側(マンション側)と東口側に点在していますが、「北浦和」駅には地下道があるので、東西の行き来がしやすいんです。

 
▲線路沿いにある「北浦和地下道」への入り口。スロープも設置されていて、自転車でも利用できるようになっています。
地下道の中は明るく、快適に通行できました。自転車で通る人もたくさんいましたよ。

埼玉メディカルセンターやさいたま市役所などの医療施設・公共施設も身近です

また、「ザ・パークハウス 浦和常盤」の周辺は、スーパーや商店街などのショッピングスポットだけでなく、医療施設や公共施設、金融機関なども充実しています。

特に医療機関は、内科や小児科、歯科、皮膚科などの専門医だけでなく、総合病院の「埼玉メディカルセンター(現地より約510m)」や、休日や夜間に診療してもらえる「さいたま市浦和休日急患診療所(浦和区保健センター内・現地より約1,120m)」があるので、頼もしく感じられそうです。

駅から近いけれど、緑も身近で、商業施設や医療施設も揃っている。暮らしを考えると、とてもバランスのいい環境といえるのではないでしょうか。

※掲載の写真は、すべて2017年7月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP