• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市浦和区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 浦和常盤」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 浦和常盤 > 竣工が近づく現地をレポート! 現地周辺の街並みもチェックしました
2017年07月18日

竣工が近づく現地をレポート! 現地周辺の街並みもチェックしました

2017年7月現在、「ザ・パークハウス 浦和常盤」の建設現地は、最上階の14階部分まで建ち上がってきています。
まだグレーの養生シートに覆われた状態ではありますが、建物の全体像がイメージできるようになってきました。
そこで今回は、現地や周辺の街並みをレポート! 日当たりや住環境の参考にもしてみてくださいね。

南側の様子をチェック! 日当たりのよさも実感できました

まずはマンションの住戸配置をおさらい。

 
▲「ザ・パークハウス 浦和常盤」の敷地配置概念図と基準階平面図です。
南向き(F・B・Dタイプ)と東向き(C・A・Eタイプ)の2棟構成になっていますので、それぞれの棟を見ていきたいと思います。

 

F・B・Dタイプが位置する、南側の棟から見ていきましょう。

▲7月上旬の正午少し前に撮影した写真です。
左側の、少し出っ張っている部分が「Fタイプ」の位置です。
4~14階部分のバルコニー面に、しっかりと日の光が当たっているのも分かりますね。

 


▲低層階にも光が当たっていますね!
Fタイプの西側は約3.3mの道路、南側は平置駐車場を挟んで約8.5mの道路に面しているので、圧迫感がなさそう。また、風通しも良さそうです。

手前に戸建てがありますが、先ほどの敷地配置概念図で見ても分かるように、こちらの棟の1階右側(2階以上はB・Dタイプが位置するあたり)はサブエントランスと自転車置場になっていて、住戸は配置されません。

 


▲少し方角を変えて、南東側から撮影。
少し奥まった位置にあるB・Dタイプのバルコニー面にも、全体的に日光が当たっているのが分かります。
こちらの棟のバルコニー面は午前中、全面に日が当たるようですね。

東側も開放感あり! 道路の車通りも少なく、穏やかな環境です

続いて、東向きの棟もチェック!
こちらにはC・A・Eタイプのバルコニーが面します。


▲こちらは午前11時ごろに撮影したもの。
目の前の道路は約5.4mの幅があります。
向かい側は駐車場や低層の住宅で、高い建物は建っていません。緑もあり、伸びやかさを感じます。

 


▲道路の反対側から撮影してみました。目の前の住宅は1~2階建て。
マンションのバルコニーは、今養生シートが張られているラインよりも少し奥まった位置に設けられますから、養生シートが取れるとまた違った印象になりそうです。

現地の南側にも住宅街が広がっています。上層階からの眺望にも期待できそう

もう少し現地から離れてみると、「ザ・パークハウス 浦和常盤」が建つ場所のことがよく分かります。


▲周辺エリア概念図によると、このような街並みが形成されている様子。
住戸のバルコニーが面する南側と東側には、主に低層の住宅街が広がっているんですね。
さいたま市の都市計画では、現地から南に向かって進んだエリアは住居系の用途地域なので、駅から近いにも関わらず、現在の穏やかな環境が保たれやすいエリアといえそうです。

 


▲こちらは、マンション現地の南側に広がっている住宅街。確かに、一戸建てや低層の集合住宅が中心の街並みです。
ちなみに、このあたりの道路は交通量も少なく、静かなのも印象的でした。

 


▲南にもう少し離れて、「NTT東日本さいたま新常盤ビル」前の歩道橋から現地方向を撮影した写真。
現地から直線距離で約240m離れた場所ですが、建設中の「ザ・パークハウス 浦和常盤」がハッキリと分かります。写真の手前(現地の南側)に、低層の住宅街が広がっているのも実感できますね。

 

現地の東側の街並みも見ていきましょう。


▲東側にも、一戸建てやマンションなどの住宅が建ち並んでいます。
向こうの方に同じくらいの高さのマンションが建っているように見えますが、実際には1ブロック分、直線距離で約70m離れていますから、日照には影響がなさそうです。

 


▲現地の東側も、このような住宅街になっています。
JR「北浦和」駅に近いのに、道路を一本入るだけでこんな落ち着いた住宅街になるんですね。

 

レジデンスギャラリーでは、プランや季節によって異なる日照をシミュレーションした資料があるそうですから、「この住戸は、冬場はどれくらい日が当たるんだろう?」「夕方の日当たりはどうかな?」など、気になることがあったらレジデンスギャラリーへお問い合わせしてみてくださいね。

 

さて、次回は現地周辺にあるスーパーを特集します。
“主婦目線”で品揃えやお買物のしやすさなどをチェックしたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

※掲載の写真は、すべて2017年7月に撮影したものです。
※掲載の敷地配置概念図と基準階平面図は計画段階のもので、変更になる場合があります。
※掲載の周辺エリア概念図は、航空写真(平成28年5月撮影)を基に描き起こしたイラストに図面を基に描き起こした完成予想イラストを合成したもので、建物の高さ・位置等は実際とは異なります。なお、周辺環境は将来に渡って保証されるものではありません。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP