• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市浦和区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 浦和常盤」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 浦和常盤 > 3方角住戸の3LDK「Eタイプ」の間取りを解説します
2017年06月28日

3方角住戸の3LDK「Eタイプ」の間取りを解説します

全7タイプのプランが用意されている「ザ・パークハウス 浦和常盤」。間取りとしては3LDKと4LDKのいずれかですが、それぞれに専有面積や位置、部屋の配置など、暮らし心地には違いがあります。

中でも今回の記事では、74.75㎡、3LDK+WIC+SICの「Eタイプ」に注目してみたいと思います。
東向きの角住戸で、採光性や可変性にも優れたプランです。
(※WIC…ウォークインクローゼット/SIC…シューズインクローゼット)

全室に窓があり、リビング・ダイニングと洋室1は2面開口。明るい住まいに

「ザ・パークハウス 浦和常盤」は、角住戸率が約67%(※1)と高いのが特徴ですが、こちらの「Eタイプ」は角住戸プランの中でも採光性・通風性に恵まれたプランといえそう。


▲バルコニーに面したリビング・ダイニングはもちろん、3つの洋室すべてに窓があります。キッチンにも開口部があるのはなかなかポイントが高いですね!
さらにリビング・ダイニングと洋室1は窓が2面にあり、明るさや風通しを得やすいメリットがあります。

 

また、こちらの「Eタイプ」の窓には、もうひとつ注目したい点があります。

 
▲共用廊下側に設けられている洋室1。
各階平面図で見てみると分かりやすいのですが、マンションの共用廊下は「Eタイプ」の玄関の前までなんですね。
そのため、「Eタイプ」の洋室1の西側の窓が共用廊下に面さず、プライベート感があります。

 

そして、洋室1~3がこのような並び方になっているのもポイントです。


▲「Eタイプ」は、廊下を挟んだところに水まわりが集約されていて、3つの洋室がこのように並んで配置されているんですね。

 

洋室がこのように並んで配置されていると、将来的に、「洋室1と洋室2を繋げる」、「洋室2と洋室3を繋げる」などのリフォームが可能。

また、洋室2と洋室3は、それぞれ同じ約5.0畳という広さで、向きも同じですから、お子さんが2人いる家族の場合、ほぼ平等な条件の子ども部屋を与えてあげられますね。(子ども2人に差をつけたくないという親心です・笑)


▲ちなみに、「ザ・パークハウス 浦和常盤」のモデルルーム(Dタイプ・メニュープラン1)にも約5.0畳の洋室があります。お部屋の広さの参考になりそうですね。

アウトフレーム工法で部屋の角がスッキリ。家具も効率よく置けます

「ザ・パークハウス 浦和常盤」は、バルコニー側の柱を外に出す「アウトフレーム工法」が採用されているため、大きな柱型が室内に出っ張らず、部屋の角がスッキリしているという特徴があります。


▲「Eタイプ」の場合は、バルコニー側だけでなく、反対側の洋室1もアウトフレームになっているのがポイント。
将来的に洋室1と洋室2を繋げるリフォームをした場合、合計約11.0畳のお部屋になる訳ですが、アウトフレームのおかげでもうひとつリビング・ダイニングができたような、スッキリ広々とした空間になりそうです。

 

 
▲モデルルームでも、アウトフレーム工法ならではのスッキリ感をチェックすることができますよ。
モデルルームでは間接照明を角に置いて、部屋の奥行きを演出。柱の出っ張りがないので余計な影が出来にくく、こういった照明の効果が充分に発揮できています。

 

他にも、こちらの「Eタイプ」の特徴として挙げられるのは

■キッチンにも窓があり、換気性がいい
■壁付タイプのキッチンなので、お料理などの作業に集中しやすい
洗面室は、キッチン側と廊下側の両方から出入りできる2WAY動線。忙しい朝も効率よく動けそう
玄関を開けた時に、外からリビング・ダイニングまで視線が届かないクランクイン玄関

など。

このように、間取り図をじっくりと見ていくと、暮らし心地やそのプランの特徴がイメージできます。

引戸を開けて2LDKのように使えるプランもあります

また、部屋数としては3LDKが欲しいけれど、子どもが小さいうちは2LDKとして使いたいとか、来客があった時だけ部屋を仕切りたいという方に適しているのが、「Bタイプ(メニュープラン1)」のようなプランです。


▲70.30㎡、3LDK+WIC+SIC+TRの「Bタイプ(メニュープラン1)」。南向きで、玄関の外にトランクルームが設けられているプランです。
リビング・ダイニングと、隣の洋室3が引戸で仕切られていて、引戸を開放すると合計約15.6畳の広々とした空間として使えます。
(※SIC…シューズインクローゼット/TR…トランクルーム)

 

「ザ・パークハウス 浦和常盤」のマンションギャラリーでは、プラン選びや家具配置の相談もできますから、「自分たちにはどんなプランが合っているのか分からない」という方は、一度マンションギャラリーで相談してみてもいいかもしれませんよ。

※掲載の平面図・間取りは計画段階のもので、変更になる場合があります。
※掲載の写真は、モデルルーム(Dタイプ・メニュープラン1・カラーセレクト:Brown Walnut)を撮影(2017年6月)したもので、エアコン・造作家具・照明・装飾用小物等オプション(有償)が含まれています。また、家具・調度品等は販売価格に含まれていません。メニュープラン・カラーセレクト・オプションには申し込み期限があります。
※1:全79戸中53戸
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP