• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市浦和区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 浦和常盤」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 浦和常盤 > JR「北浦和」駅から現地までの徒歩ルートをレポート!
2017年05月17日

JR「北浦和」駅から現地までの徒歩ルートをレポート!

今回レポートするのは、JR京浜東北線「北浦和」駅から、「ザ・パークハウス 浦和常盤」現地までの道のりです。
地図では分からない高低差や道の歩きやすさ、雰囲気などをチェックしたいと思います。

「北浦和」駅から現地までは徒歩5分ということですが、女性の私でも本当に5分で辿りつくことができるのか、ストップウォッチでタイムも計測しちゃいます。

▲地図で見ると、「北浦和」駅からマンション現地まではこのようなルート。
「さがら歯科医院」の角を1回曲がるだけのシンプルな道ですね。

坂や信号がなく、車通りも少ない、落ち着いた道を歩きます

JR京浜東北線「北浦和」駅の西口ロータリーからは、複数の道路が放射線状に伸びているのですが、「ザ・パークハウス 浦和常盤」の現地へ向かう際は、駅を背にして一番左側の道を進みます。

 
▲コンビニの「NewDays(ニューデイズ)北浦和」や、「みずほ銀行 北浦和駅西口出張所(ATM)」、「北浦和駅西口交番」のある道を歩いていきます。
「NewDays」の向かい側には「ファミリーマート 北浦和駅西口店」もありますよ。

 

 
▲「北浦和駅西口交番」を過ぎると、このような道になります。
一方通行で、車通りが少なく、見通しも良い道路です。

 

 
▲少し歩くと、道路沿いにおしゃれな飲食店を発見! 仕事帰りのお食事スポットとして重宝しそう。
コース料理がいただける、ちょっと高級感のあるイタリアン「リストランテ グッチーノ」と、おしゃれなラーメン屋さんの「柳麺 呉田」です。
「柳麺 呉田」は、月曜の12:00~19:00は「cafe URA GODEN」として営業しているのだとか。

 

 
▲「さがら歯科医院」が見えたら、手前の角を右折します。
すると、もう建設中の「ザ・パークハウス 浦和常盤」が見えました。

 

取材した4月下旬の時点では11階あたりまで建ち上がっていましたが、完成すると地上14階建のマンションに。
今は工事中のためグレーの建築幕で覆われていますが、建物が完成すると、ここからの景色もまた少し違った印象になるのではないでしょうか。


▲現地へと続く道は、低層の住宅中心の落ち着いた雰囲気。
駅から近いのに、道を一本入っただけで静かになり、ちょっと驚きました。

 


▲こちらの道も一方通行で、人通りは適度にありますが、車の通行量は少ないと感じました。
小さい子どもと一緒でも、のんびりと歩けそう。

実測タイムは4分19秒! 5分以内でマンションまで歩けました

さて、あっという間に「ザ・パークハウス 浦和常盤」の現地に着きました。
 
▲マンションの出入口が設けられるあたりでストップウォッチを止めてみると……4分19秒という結果でした。

 

「北浦和」駅からマンションまでは、信号がゼロ。時間のロスが生まれにくいので、毎日同じくらいの時間で駅まで行き来できそうです。
坂道もなく、ほぼフラットな道で、歩きやすいのも「いいな!」と思いました。

現在は工事中のため、敷地が仮囲いで覆われた状態になっていますが、マンションの完成後はカツラやイロハモミジといった植栽も入り、緑ある景観に変わっていくことと思います。楽しみですね!

ほんの少しだけ遠回りをして、お買いものをして帰るルートも♪

……と、ここまで駅からマンションまでの最短ルートを紹介しましたが、実はちょっとしたお買い物や用事を済ませられるルートもあるんです。

▲「北浦和」駅の西口から、南方向へ向かって歩くルートです。
こちらの道沿いに、前回の記事で紹介した青果店「サントミ」があるんですよ。

 


▲「保育所まぁむ北浦和駅前園」や学習塾などがあるこちらの道。歩くのはもちろん、自転車でも通りやすそうです。
 
▲「サントミ」の他、中華系のお惣菜がテイクアウトできる「ぎょうざの満洲 北浦和西口店」や、クリーニング店などがあります。

 

朝、マンションから駅へ向かう際は最短ルート、帰りはこちらのルート、という風に使い分けてもいいかもしれませんね。

 

今回、駅からマンションまでの徒歩ルートに加えて、「北浦和」駅の西口エリアをぐるっと歩いてみたのですが、駅前ロータリーから、前回紹介した「北浦和西口商店会(ハッピーロード)」や「北浦和西口銀座商店街振興組合(ふれあい通り」といった商店街へ向かう道は比較的賑やかで、居酒屋さんなどの飲食店もちらほら目に入る印象でした。

対して「ザ・パークハウス 浦和常盤」へ向かう方は、学習塾や住宅が多く、穏やかな雰囲気。

 
▲先日もレポートしたけやき並木(写真左)や、「北浦和公園(写真右)」へ続く道は、緑が豊か。一口にJR「北浦和」駅の西口周辺といっても、さまざまな風景が広がっています。

 

「駅周辺で食事や買い物をすることもできるのに、家に帰る道は静か」というのは、便利さも落ち着いた住環境も両方欲しいという方にも適しているのではないかと思います。

※掲載の写真は、すべて2017年4月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

過去の記事

PAGE TOP