• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市浦和区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 浦和常盤」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 浦和常盤 > 「駅に近いのに緑が豊か」な北浦和を象徴する北浦和公園(1)
2017年04月21日

「駅に近いのに緑が豊か」な北浦和を象徴する北浦和公園(1)

はじめまして。住宅ライターの熊谷実津希です。
本日から、新築分譲マンション「ザ・パークハウス 浦和常盤」について詳しくレポートする新連載がスタートします。

皆さんは、マンションの物件情報を見て、「これってどういう意味なのかな?」「実際にはどうなんだろう?」と思ったことはありませんか?
そういったちょっとした疑問や気になることを、現地やモデルルームへ足を運んで、“第三者目線”のレポートで解説するのがこちらのサイトです。

実際にそこに行ってみなければ分からない現地や周辺環境、ちょっと難しく感じてしまう間取り図の見方や、他の物件との比較ポイントなどを、なるべく分かりやすい記事でお届けしていきたいと思います。
最後までどうぞよろしくお願いします。

 

さて、連載第1回目となる今回の記事では、「ザ・パークハウス 浦和常盤」から徒歩4分(約290m)の場所にある「北浦和公園」と「浦和北公園」をレポートします。

なぜ初回から公園のお話なのかというと、私がこの街を歩いていて「いいな」と思ったポイントや、この地域の歴史、雰囲気などが、この「北浦和公園」・「浦和北公園」にギュッと詰まっていると思ったからなんです。

もちろん、「伊勢丹 新宿店」が3個建ってしまうくらい(笑)広い公園(※1)ですから、身近なレジャースポットとしても利用価値大! こちらの公園での楽しい過ごし方も合わせて紹介します。

子どもたちの学びにも重要? 豊かな自然に思いっきり親しめる、緑いっぱいの公園です

「ザ・パークハウス 浦和常盤」の現地からも徒歩4分の距離ですが、実はマンションの最寄駅でもあるJR京浜東北線「北浦和」駅にも近い「北浦和公園」。
(「浦和北公園」は、正確には管理しているのが埼玉県(北浦和公園)とさいたま市(浦和北公園)で異なる、別々の公園なのですが、隣接していてほぼ一体の公園として親しまれていることから、今回の記事では一緒に取り上げていきます)

園内には、駅から歩いてすぐの場所にあるとは思えないくらい、緑いっぱいで気持ちのいい景色が広がっています。

「北浦和公園」(現地より約290m)

「北浦和公園」(現地より約290m) 「北浦和公園」(現地より約290m)
▲こちらが「北浦和公園」の園内。
取材に訪れた4月上旬はちょうど桜が咲き始めた頃で、お花見をしている方もたくさんいらっしゃいました。
天気のいい日は、近所のお友達を誘ってピクニック♪ なんて、楽しそう!

 

「北浦和公園」(現地より約290m) 「北浦和公園」(現地より約290m)

「北浦和公園」(現地より約290m)
▲ただ単に「広い」「緑がある」というだけではなく、水が流れるせせらぎがあったり、小高い山があったり、四季折々の花が咲いていたりと、自然の豊かさをいっぱいに感じられるのが、「北浦和公園」のいいところ。
遊んでいるお子さんたちの、キラキラ眩しい笑顔も印象的でした。

 

以前に小学生の教育環境について調べていた時、とある学習塾のベテラン先生が
「中学受験を考えているお子さんも、小学校低学年までは、とにかく自然に触れて遊ぶのが大切なんですよ。理科で習う植物・生物のことや、太陽の光や風の力なんて、机の上より外で感じながら学ぶのが、一番身になる。体をいっぱい動かして、体力をしっかり付けておくことだって、受験にはとても大事です」
と仰っていたのを思い出します。

こちらの公園はまさにそんな“学びの場”にもぴったり。きっと遊びの中で、いろんな発見に出会えることでしょう。

「北浦和公園」(現地より約290m) 「北浦和公園」(現地より約290m)
▲こちらは「万葉の花」と名付けられた森。万葉集に詠まれた草木の一部が植樹されているそうです。
遊びながら日本最古の和歌集に触れられるなんて、他の公園ではなかなか味わえない体験かもしれませんね!

駅に近いのに緑が豊か。これって、ありそうでなかなか見つからない環境です

実はこの「豊かな自然」というのが、「ザ・パークハウス 浦和常盤」の周辺環境を表すキーワードのひとつ。

生活圏内に緑に親しめるスポットがたくさんあるので、仕事帰りやお買い物の途中、子どもを送り迎えする道すがら……といった、日常の何気ない瞬間に、自然や四季の変化を感じられそうな街です。

「日本一長いけやき並木」(現地より約270m) 「日本一長いけやき並木」(現地より約270m)

「常盤緑道」(現地より約160m) 「常盤緑道」(現地より約160m)
▲「北浦和公園」の他にも、延長約17kmに及ぶ「日本一長いけやき並木(※2)(写真左上・右上/現地より約270m)」や、「常盤緑道(写真左下・右下/現地より約160m)」など、日々の“通り道”に綺麗な緑がたくさん。

「駅に近いから、商業施設がたくさんあって賑やか」という街も、「駅からは離れているけれど、緑がたくさんあって気持ちいい」という街もたくさん見てきましたが、「駅から近い場所に、広い公園も緑道もある住宅街」って、実はなかなかない環境なのでは、と思いました。

 

さて、次回も「北浦和公園」のレポートが続きます。
公園内の、文教や文化、芸術に親しめるスポットに注目したいと思います。どうぞお楽しみに!

※掲載の写真は、すべて2017年4月に撮影したものです。

※1:「北浦和公園」の面積は3万5,000㎡(埼玉県都市整備部ホームページより)。「伊勢丹 新宿店」の面積を1万2,096㎡(敷地面積、建築環境・省エネルギー機構の資料より)として換算。
※2:国道463号の一部区間
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP