• 分譲マンション
  • 埼玉県所沢市
  • 三菱地所レジデンス・大栄不動産・ビーロット

住宅ライターの「ザ・パークハウス 所沢プレイス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 所沢プレイス > 所沢のシンボル的な駅前デパート、「西武所沢S.C.」ってどんな施設? 取材しました
2020年12月16日

所沢のシンボル的な駅前デパート、「西武所沢S.C.」ってどんな施設? 取材しました

「ザ・パークハウス 所沢プレイス」から徒歩7分、「所沢」駅前にある「ワルツ所沢・西武所沢S.C.」は、デパートとショッピングセンターのふたつの顔を持つ大型商業施設です。

地元では長らく「西武百貨店 所沢店(西武所沢店)」の名前で親しまれていたデパートですが、2019年11月にリニューアル。新しくお店も増え、デパートの良さを残しつつ、ファミリー層など若い世代にも親しみやすい施設へと進化しました。

今回は、そんな「ワルツ所沢・西武所沢S.C.」を詳しくレポート。
所沢に馴染みがないという方はもちろん、「所沢なら前から知っている」という方も、新しくなった店内の様子にちょっとびっくりするかもしれません。

(上の写真:ワルツ所沢・西武所沢S.C. マンション現地より約490m)

こちらの記事をまとめると……

所沢で昔から親しまれている駅前デパートがリニューアル。食品やコスメ、洋服など“デパート品質”のものが買える

「ワルツ所沢・西武所沢S.C.」は、「所沢」駅と歩行者専用通路で繋がっている大型商業施設。

1986年に「西武百貨店」として開店して以来、2020年にグランドオープンした駅ビルの「グランエミオ所沢」や、「所沢プロぺ商店街」などと合わせて、所沢のシンボル的存在として親しまれています。


▲「所沢」駅の西口ロータリーから見た「ワルツ所沢・西武所沢S.C.」。(マンションが建つのも駅のこちら側です)
「所沢」駅は、周辺の狭山市や入間市周辺に住んでいる人が買い物に集まる街でもあるのですが、それはこの「ワルツ所沢・西武所沢S.C.」があるから、というのが大きな理由のひとつなんです。
(ワルツ所沢・西武所沢S.C.  現地より約490m)

 

現在はデパートとショッピングモールのような専門店が合体した商業施設になっており、特にコスメフロアや食品フロア、ファッションのフロアなどは、“デパート品質”のものが手に入ります。

 
▲コスメフロア(写真1枚目)や婦人服のフロア(写真2枚目)は、デパートでもお馴染みのショップが並びます。
コスメはシャネル、ディオール、RMK、コスメデコルテ、クレ・ド・ポー ボーテ、クリニークなど。
ファッションではポロ ラルフローレン、セオリー、コーチ(バッグ)などが入っています。

 


▲こちらは今年5月にオープンした「ビープルバイコスメキッチン」。
ナチュラル・オーガニックコスメで有名な「コスメキッチン」のセレクトショップです。埼玉県内では大宮に続いて2店舗目なのだとか。
お馴染みのオーガニックコスメだけでなく、お菓子やお茶など“内側からも綺麗になれる”インナーケア商品が買えます。

 

個人的には、カウンターでしっかり接客してもらえる“デパコス”が徒歩圏内で買えるって良いなと思います。(カウンターでノベルティやサンプルがもらえたりしますしね!)

 

それから、やはりデパートというと楽しいのが食品フロア。1階が洋菓子や和菓子、名産品など、地下が生鮮食品やお惣菜の売り場になっています。

 
▲こちらは1階。
アンリ・シャルパンティエ、ゴディバ、ヨックモック、菓匠 清閑院、銀座あけぼのといったお店に加えて、川越に本店のある「くらづくり本舗」や「所沢名物焼だんご 瀬田商」なども。
こういった“地元の銘菓”が近くで買えると、手土産の調達にも便利なんですよね。

 

また、お肉やお魚、お惣菜、お酒などもこだわりのものが買えます。

「所沢」駅周辺にはスーパーも充実していますが、「たまには奮発してブランド牛を買いたい」「ちょっとおしゃれなおつまみが欲しい」なんていうとき、デパート品質ものが買える場所があると便利。

 
▲精肉売り場には「肉匠もりやす」や「サイボク」、鮮魚売り場には「魚耕」、「浜作」といった専門店も入っています。
お惣菜も、「柿安ダイニング」や「とんかつまい泉」、「RF1」、「聘珍楼」など、和・洋・中さまざまなお店が揃います。

 


▲こちらは地下のお酒売り場と、「缶つま」でお馴染みの国分グループのセレクトショップ「ROJI 日本橋 by KOKUBU」。ワインが充実していて、店員さんに相談しながら選べるので、ギフトや特別な日のお酒選びにも良さそうです。

 

また、飲食店もちょっと上質感のあるステキなお店があります。
デパート内の飲食店というと、上の方のフロアにあるレストラン街というイメージがありますが(8階には和・洋・中のレストランもあります)、2019年のリニューアルで1階におしゃれなフードコートができました。

 
▲おしゃれな雰囲気のフードコート「とこうまキッチン」。
本格的なパエリアやスペイン産の生ハムなどを提供するカフェ&バル「カフェモンタラス」や、出来たてのクラフトビールが飲めるビアスタンド「ビール工房 所沢」など、“ちょい飲み”ができるお店も。
ひとりでふらっとご飯を食べてもいいですし、家族やお友だちと一緒でも、フードコートなら自由度が高くていいですね。

子連れ歓迎の広くて可愛いベビー休憩室など、子育てファミリーにやさしいポイントがたくさん

デパートらしいブランドだけでなく、若い世代やファミリーが気軽に利用できそうなカジュアルなお店もたくさん入っています。
例えば、「無印良品」や「GU」、コスメや雑貨などが充実している「LOFT」、靴店の「ABCマート」、手芸用品店の「ユザワヤ」、家電や生活雑貨が揃う「ビックカメラ」など。

 
▲専門店街も合体している商業施設なので、「無印良品」や「ユザワヤ」といったお店も入っているんですね。

 

そして、こちらは私が個人的に子育て中の方にとってもオススメしたいスペース!(笑)
4階にあるベビー休憩室です。

 
▲まるでテーマパークのような、楽しい雰囲気のベビー休憩室。
商業施設内のベビー休憩室って、木を基調にしていたり保育園のようなパステル調の空間だったりすることが多いので、こういったデザインはちょっと珍しいですね。
中も広々としていて、大きめのベビーカーでも楽々入れます。

 

 
▲「気が利いてる!」と思ったのは、電子レンジや調乳用の給湯器に加えて、ベビー用の体重計もあること。
家庭ではなかなか計測できない赤ちゃんの体重を計れますし、母乳の量を計算できて助かるんですよね。
一般的なおむつ交換台の他に、赤ちゃんを立たせた状態でおむつ替えができる台があるのも良いなと思いました。
パンツタイプのおむつの場合は、こういう台の方が替えやすいんですよね~。

 

何かと気を遣ってしまいがちな赤ちゃんと一緒のお出かけですが、こういったスペースが充実していると、「子連れでの買い物が歓迎されているんだな」と感じて行きやすいなと思います。

都心部のデパートに比べると店内が混雑しすぎず、通路もゆったりとしていてベビーカーや車いすなどでも通りやすく、エレベーター待ちも少ないのも子育てに良いなと感じる点。
(都心部だと、休日はエレベーターが混雑していてベビーカーが乗れなかったりしますものね)


▲ちなみに、7階にはランドセルセンターもあります。(期間限定)
ランドセルは4~9月ごろに買う人が多いため12月の今の時期は縮小気味とのことですが、こういったものが遠出しなくても揃えられると助かりますね。

シニア世代にも親しまれるミニ物産催事など、デパートならではの楽しみ方も

それから、デパートというと季節の催事イベントがあったり、お歳暮やお中元などのギフト、商品券が手配できるというメリットもありますね。

「西武所沢S.C.」には、冠婚葬祭のマナーや地域によって違うご挨拶の習慣についての知識を持ったコンサルタントさんもいるそうなので、「こういう場合はどうしたらいいの?」と迷ったときなど、頼りにできそうです。


▲取材をした12月は、7階の催事会場でお歳暮向けのギフトコーナーが設置されていました。「季節の贈り物はやっぱりデパートで」という方も多いはず。
ちなみにこちらでは、北海道や九州などの美味しいものを集めたミニ催事も開催されていて、毎回人気なのだとか。

 


▲こちらは1階正面玄関の特設コーナー。
取材時は「北海道フェア」が開催中で、普段は北海道でしか手に入らない「じゃがポックル」や“わけあり”のお徳用昆布などが販売されていました。
こういった特設コーナーって、ギフト用缶詰などがバラ売りされていたり、掘り出し物が見つかることが多いので、つい立ち寄ってしまうんですよね(笑)

 

夏には屋上でバーベキューもできますし、これからの季節はクリスマスケーキやおせちなども楽しみですね。

所沢の近くに住んでいる私の母も、「電車で池袋や新宿にも行けるけど、人が多くてちょっと疲れちゃうのよね。所沢は駅からすぐの所にデパートがあって買い物しやすいし、馴染みの店員さんもいるから、つい所沢に行っちゃう」と言っています。
ファミリーにも、シニア世代にも、幅広い世代の人にとって親しみやすく、人気のお店なんですよね。

地域物産などの催事や手堅いギフトも揃い、「地元のデパート」として頼りになる存在だと思います。

※掲載の写真は全て2020年12月に撮影したものです。情報は取材時点のものです。
※徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げています。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の他の記事
この物件の他の記事 PAGE TOP