• 分譲マンション
  • 埼玉県所沢市
  • 三菱地所レジデンス・大栄不動産・ビーロット

住宅ライターの「ザ・パークハウス 所沢プレイス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 所沢プレイス > 9月2日にグランドオープン!「グランエミオ所沢」に行ってきました
2020年09月18日

9月2日にグランドオープン!「グランエミオ所沢」に行ってきました

9月2日、「所沢」駅直結のショッピング施設「グランエミオ所沢」が拡大して、グランドオープンしました。

「グランエミオ所沢」は、西武鉄道と西武プロパティーズ、住商グループが一体となって手掛けてきた再開発計画「所沢駅東口駅ビル計画」の中心となる施設。今回の拡大オープンをもって、この再開発計画が完了したそうです。

これまでも「B:MING LIFE STORE by BEAMS(ビーミングライフストアbyビームス)」や「ユニクロ」といったファッション関連のお店や、お惣菜店、高品質グローサリーストア「ザ・ガーデン自由が丘」などが入る大型商業施設として親しまれていましたが、今回新たに48店舗が出店し、さらにグレードアップしました。

「ザ・パークハウス 所沢プレイス」からも徒歩5分(約400m)の近さですから、毎日のお買い物に、仕事帰りの寄り道スポットに、お友だちとの待ち合わせやちょっとしたお出かけにと、楽しく利用できそう。

こちらの記事では、オープンしたての「グランエミオ所沢」を詳しくレポートしたいと思います。

(上の写真:グランエミオ所沢 マンション現地より約400m)

こちらの記事をまとめると……

駅直結、広々とした4フロア。ファッションも、グルメも、公共施設まである駅ビルに!

グランドオープン当日の9月2日、「所沢」駅に行ってみたところ……

 
▲「所沢」駅の中央改札を出たところ。画像1枚目が今年6月に撮った写真、画像2枚目が9月2日に撮ったものです。キレイに生まれ変わりましたね!
(グランエミオ所沢 現地より約400m)

 

駅の改札内からもこのガラス張りの外観が見えるので、改札を通る際に「うわぁ、随分キレイになったね!」「すごい!ステキ!」「デパートみたい」と驚いている人も。駅全体が明るく、おしゃれになった印象でした。

 

「グランエミオ所沢」は、1F~4Fの4フロア構成。

2018年に第Ⅰ期として、「B:MING LIFE STORE by BEAMS(ビーミングライフストアbyビームス)」、「ユニクロ」をはじめとするファッション関連のショップや、「MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)」といったコスメ、雑貨、食品などのショップやカフェ、4Fの「所沢市役所所沢駅サービスコーナー/パスポートセンター」などができました。

今回オープンした第Ⅱ期では、1F~3Fのスペースがかなり拡張され(フロアガイドで見ると、倍くらいの広さになったようです)、西武線沿線初、所沢エリア初というお店も多数出店。


▲「グランエミオ所沢」のフロアガイド。
主に1Fが食品やカフェ、2Fがファッションやコスメ、3Fは「ユニクロ」や「TSUTAYA BOOKSTORE(ツタヤ ブックストア)」などの大型店とレストラン、4Fは公共施設と学習塾のフロアになっています。

セレクトショップや“デパコス”が買えるコスメのお店、カフェ併設の書店などが新たにオープン

では、新しくオープンしたお店を中心に、詳しくレポートしていきましょう。

 

ファッションの新規オープン店は……
・URBAN RESEARCH Sonny Label(アーバンリサーチ サニーレーベル) 
・UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)
・NATURAL BEAUTY BASIC(ナチュラルビューティーベーシック) など9店舗

コスメの新規オープン店は……
・Isetan Mirror Make&Cosmetics(イセタンミラー メイク&コスメティクス)…伊勢丹がプロデュースする、“デパコス”が買えるショップ
・L’OCCITANE(ロクシタン) など3店舗

他、インテリア、雑貨、飲食店、サービスなど


▲駅の中央改札を出ると2F。主にファッション系のショップが集まっています。
(画像1枚目・2枚目 グランエミオ所沢 現地より約400m)

 

40代の私が「これが駅にあるって嬉しい!」と思ったのは、“デパコス”が気軽に買える「イセタンミラー」。

東京ミッドタウンやルミネ新宿店などにも入っているお店で、ひとつのショップ内で「LANCOME(ランコム)」、「NARS(ナーズ)」、「ADDICTION(アディクション)」「DIOR(ディオール)」といった百貨店コスメが買えるのが特徴。ブランドにこだわらず店員さんに相談ができるという便利さも魅力です。


▲購入したファンデーションやネイル。ネイルは、「似たような色だけど、こちらのブランドとあちらのブランドではどちらがオススメ?」と店員さんに質問して、好みのものが選べました。

 

また、3Fにオープンした「TSUTAYA BOOKSTORE(ツタヤ ブックストア)」も注目のお店。

カフェの「マザーリーフ ティースタイル」が併設されていて、購入前の本でもカフェ内で読んでOK。
話題の書籍はもちろん、児童書や文房具なども充実していますから、近くにあると嬉しい書店だと思いました。


▲「マザーリーフ ティースタイル」のオリジナルフルーツティー。
コーヒーもありますが、茶葉にこだわった紅茶が飲めるカフェって貴重なので、お茶派の方には特に嬉しいお店ですね。
店内で読書をしながらドリンクやパンケーキを楽しんでいる人もいましたよ。

飲食店も充実。ビアバーやパンケーキカフェに加え、惣菜店、スイーツ店などがぎっしり

レストランやカフェ、お酒が飲めるお店、スイーツ店やお惣菜店など、数々のグルメが楽しめるのも「グランエミオ所沢」の良いところ。今回の第Ⅱ期で、個性ある飲食店が増えました。

 
▲ハワイアンパンケーキで有名な「Eggs ‘n Things Coffee(エッグスンシングスコーヒー)」や、濃厚なルーとボリューミーなカツが特徴の金沢カレーの火付け役「ゴーゴーカレー」、ビアバーの「エビスバー」、オムライス・オムレツ専門店の「ラケル」、「コメダ珈琲店」、「牛たん炭焼 利久」などがオープン。これまでにもあったイタリアンの「キャンティーナ」やベーカリーカフェの「ドンクエディテ」に加えて、飲食店がさらに充実しました。
(画像1枚目 グランエミオ所沢/画像2枚目 Eggs ‘n Things Coffeeグランエミオ所沢店/画像3枚目 ゴーゴーカレー グランエミオ所沢 共に現地より約400m)

 

 
▲紅茶専門店の「ルピシア」やスイス生まれのチョコレートショップ「リンツ ショコラブティック」といったお店も加わりました。1Fにはお総菜やケーキなどが買える「フロプレステージュ」や焼鳥・鰻専門店の「日本一」などもありますから、“デパ地下”代わりにも利用できそう。
(グランエミオ所沢 現地より約400m)

 

また、お買い物やグルメだけではなく、居心地の良いスペースができたのも注目したい点。

「所沢」駅の改札内にも、ベンチのあるリフレッシュスペース「とこてらす」があったりしますが、こちらの「グランエミオ所沢」内にも自由にのんびり過ごせる場所ができたんですよ。

 
▲駅の改札を出てすぐの場所に広がる「セントラルプラザ(画像1枚目)。吹き抜けで緑もある、開放的な空間です。
屋上庭園の「とこにわ」(画像2枚目)も、多くの人が利用していたスペース。人工芝で清潔感のあるお庭には、リニューアル前の「所沢」駅で使われていたレールや電車の車止めなどが飾られていました。
(グランエミオ所沢 現地より約400m)

 

今回「今までは都内まで行かなければなかった」、「地域初」といったお店が所沢に加わったのは、地元の方にとっても嬉しいことの様子。
こういった駅ビルがあると、仕事帰りや子どもと一緒にぐるっと歩くだけでも、トレンドチェックやリフレッシュができそうなのも良いですよね。
「所沢」駅や駅周辺のバリューアップにも繋がりそうだと思います。

※掲載の写真は2020年9月に撮影したものです。店内画像は一部施設提供写真を使用しています。
※写真に記載している距離は、現地からの地図上の概算です。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の他の記事 PAGE TOP