• 分譲マンション
  • 東京都中央区
  • 三菱地所レジデンス・大栄不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町 > 契約者さんへインタビュー Vol.2 ~「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」を選んだ決め手は?~
2018年03月20日

契約者さんへインタビュー Vol.2 ~「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」を選んだ決め手は?~

前回に続き、「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」を既に契約されたKさんご夫妻に、お話を伺いたいと思います。

「家賃を支払い続けるのはもったいない」と思ったことがきっかけで新築分譲マンションの購入を考えはじめ、交通アクセスの便利さや街の賑わいなどのバランスの良さや資産性を評価して、日本橋に決めたというKさん。

今回のインタビューでは、数ある新築マンションの中で、特に「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」を選んだ理由についてお聞きしてみます。

駅から近く、道がほぼフラットで、複数のスーパーもある。“NG要素”がない場所

  ――契約前に、マンションの現地はご覧になりましたか? どんな印象を持ちましたか?

 

Kさん(夫)  「はい、見ました。
駅からの徒歩分数は事前に広告などで知っていましたが、道が歩きやすいのは好印象でした。
坂もないですし、駅から近い割には線路沿いでも大通り沿いでもないので、『これは嫌だな』と思う要素がなかったんですよね。

子どもが生まれてベビーカーを押すというようなことを考えても、良さそうな場所だなと思いました」

 

Kさん(妻) 「駅や現地の周りにスーパーがたくさんあるのも良いなと思いました。
マルエツプチやマルマンストア、成城石井もあって、休日にあまり遠出をしたくない時でも(笑)マンションの近所で買い物が済ませられるのが嬉しいですね」

 

 
▲マンションの徒歩5分圏内に複数のスーパーやドラッグストアなどがあります。
最近は子ども服のお店なども増えはじめているようです。
(写真左上:マルエツプチ 小伝馬町駅前店…現地より約270m・徒歩4分/写真右上:マルマンストア 日本橋馬喰町店…現地より約190m・徒歩3分/写真左下:スギ薬局 日本橋横山店…現地より約180m・徒歩3分/写真右下:ベビー&子供服ピカデリーサーカス日本橋店…現地より約330m・徒歩5分)

 

Kさん(夫) 街の雰囲気も気に入りました。
都心ですが、ビジネス一色という訳ではなく、ちょうどいい下町感がある気がします。

子どもが生まれた時のことも考えて小学校のことも調べてみたんですが、良さそうな学校でしたし、子育てをするイメージも持てそうだなと」

総戸数152戸のスケールメリットにも注目。売主や資産性も決め手のひとつ

  ――こちらのマンションを契約された決め手となったのは、どういった点だったのでしょうか?

 

Kさん(夫) 「まずはやはり資産性、立地ですね。交通アクセスや駅からの道、現地の雰囲気が良かったということが、こちらのマンションを選んだ大きな理由です。

それに加えて、ブランド(売主)も重視しました。
自分たちが住むことを考えた時の安心感もそうですが、将来売ったり貸したりということを考えても、名前を聞けば分かるような大手のブランドのマンションなら、有利なんじゃないかと思ったんです。

それから、152戸という規模感も良いなと思いました。
戸数が多すぎても、少なすぎても、自分たちには合わないかなと思っていた部分があって。

これくらいの戸数なら、管理費や修繕積立金が抑えられるという、いわゆる“スケールメリット”はありますし、大規模なタワーマンションのように、朝エレベーターがなかなか来ないなんてストレスもなさそう。そういった意味でも『バランスがいいマンション』だと思っています」


▲私が「マンションを選ぶにあたって、妥協された点はありましたか?」と聞いたところ、「日当たりですかね。自分たちが検討し始めた段階では、希望するプランの上層階はもう売れてしまっていたので。でも、ずっと同じ場所で暮らすイメージでもなかったので、日当たりは日本橋に求めても仕方がない部分かなと(笑)。それより資産性を重視しました」とのことでした。

 

  ――プランを選ぶ際に重視したポイントは何ですか? 妥協した点はありましたか?

 

Kさん(夫) 「将来人に貸すことを考えて、単身者のニーズにも応えられるよう、広すぎないプランを選びました」


▲Kさんが契約されたのは1LDK+DENのプランだそう。
「実はリビング・ダイニングとDENを繋げるメニュープランも検討していたんですが、それは期限が間に合わなくて(笑)
引戸を開ければ繋がったような雰囲気になるそうなので、そこはまぁいいかなと思っています。どちらかというと立地重視で、プランにはそうこだわりませんでした」とのことでした。

 

 
▲「今の賃貸は収納が少ないので、引っ越したら収納スペースが増えるのが嬉しいですね。
2人で暮らしやすい広さの住戸ですが、収納がしっかり取られているので、大きいものもしまっておけそう。納戸に掃除機を入れられて、充電ができるのもいいなと思いました」と奥様。

 

 
▲ご夫婦でモデルルームを見ながら、「このタイプはキッチンからも廊下からも洗面室に行けるんですね。便利そう!」「部屋の角にソファーを置いて、こうやってテレビを見る感じ、いいなぁ」「やっぱり玄関には姿見が欲しいよね」と、改めてあれこれお話しされていました。

 

 
▲「もうこんなに上まで建ったんだね~」と感慨深そうに建設中のマンションを見上げるKさんご夫妻。
完成後のマンションに住むのが今から楽しみとのことでした。

 

9月下旬からの入居開始に向け、これから家具なども少しずつ揃えていくというKさんご夫妻。
今回は貴重なお話、ありがとうございました!

※掲載の写真はすべて2018年3月に撮影したものです。
※掲載のモデルルーム写真は、モデルルーム(Lタイプ・メニュープラン2・インテリアカラー:Gracious Grege)を撮影したもので、ビルトインオプション(有償)・ドレスアップオプション(有償)等も含まれます。また、家具・調度品・装飾用小物等は販売価格に含まれません。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP