• 分譲マンション
  • 東京都中央区
  • 三菱地所レジデンス・大栄不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町 > 日本橋から「子どもと一緒に“電車1本”で遊びに行ける駅」を調べてみました
2018年02月13日

日本橋から「子どもと一緒に“電車1本”で遊びに行ける駅」を調べてみました

今回レポートするのは、「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」から乗り換えなしで行ける場所について。
特に、休日にファミリーがちょっとした散策を楽しめる場所や、レジャースポットを取り上げていきたいと思います。

子どもが小さい頃って、長距離歩いたりすることなく、“電車1本”でサクッと遊びに行ける場所に親子で出かけることが増えるもの。
じっとしていられないのに遊び回るとすぐに疲れてしまう小さい子どもや、ベビーカーや抱っこ紐が必要な赤ちゃんと一緒だと、遠出ってなかなか難しかったりするんですよね。
パパやママは平日も忙しかったりして、休日にあまり体力を使いたくない……なんて事情も、あるかもしれません。

「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」は、13駅22路線利用可能な場所に位置していますが、これって、都内のあちこちに、休日も“電車1本”で遊びにいけるということ。

ということで、都内で子育てをしている私なりの視点を交えつつ、レポートしたいと思います。


▲利用できる駅と路線が多いので、乗り換えなしで行ける場所を挙げていくとキリがなくなってしまいますから(笑)今回は特に「小さい子どもと一緒でも、気負わず行けて、思いっきり楽しめる」駅をピックアップ。
マンションから駅までの距離や、沿線にあるスポットを考慮し、都営新宿線と東京メトロ日比谷線を中心に見ていきたいと思います。

 

マンションから都営新宿線「馬喰横山」駅へは徒歩3分、東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅へは徒歩4分。
小さい子どもを連れて大きな荷物を持っていても、歩くのが苦にならない距離だと思います。

駅の近くに大規模公園。レジャー&カルチャーが楽しめる都営新宿線

都営新宿線が面白いと思うのは、マンションの最寄駅である「馬喰横山」駅から「本八幡」駅方面、つまり東京23区の東側へ向かっていくと、“駅の近くに”大規模公園があることです。


▲ひとつ隣の「浜町」駅の近くには、前回の記事でも紹介した「浜町公園」、「住吉」駅の近くには「猿江恩賜公園」、「東大島」駅の近くには「大島小松川公園」……と、駅から長距離歩くことなく、ちょっとしたお出かけ感を味わえる広い公園があるんです。
(※○印内の表示分数は馬喰横山駅からの日中平常時の所要時間)

 

 
▲例えばこちらは、「住吉」駅のA3出口から徒歩2分の場所にある「猿江恩賜公園」。
芝生の広場やアスレチックなどがある楽しい公園ですが、私のオススメは夏に水遊びができるじゃぶじゃぶ池。まるで小川の中で遊んでいるような気分になれて、暑い日も親子で気持ちよく遊べそうなんです。
(写真:猿江恩賜公園)

 


▲「住吉」駅や「猿江恩賜公園」の近くには、江東区立のコンサートホール「ティアラこうとう」もあります。
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団による定期演奏会をはじめ、各種コンサートやバレエ、演劇、落語といった公演が開催されています。
都内には他にもいろいろなホールや劇場がありますが、「ティアラこうとう」は料金が良心的だったり、子ども向けの公演も多く、気負わずにファミリーで芸術に触れられるのがいいなと思います。
電車1本なら、子どもの“劇場デビュー”も気軽ですね。
(写真:ティアラこうとう)

 

また、「東大島」駅から徒歩3分の「大島小松川公園には長いローラーすべり台やアスレチックがあり、体を使って遊べるテーマパークのよう。
「一之江」駅から歩いて行ける「今井児童交通公園」は、貸し自転車で自転車の練習ができたり、足ふみゴーカートや空中サイクリングが楽しめる「レインボーサークル」があったりと、こちらもお出かけ気分が楽しめる公園です。

広い公園って子どもは大好きな場所ですが、たくさん遊べば遊ぶほど、大人はちょっと疲れてしまうもの(笑)。乗り換えをせずに帰ることができると、助かります。

 

また、都営新宿線で「新宿」駅方面へ向かっても、「九段下」駅の近くには「北の丸公園」や「千鳥ヶ淵緑道」といった、のんびりお散歩をするのにぴったりな場所がありますし、休日に「天気もいいし、ちょっとどこかに行こうかな」という気分になったら、とりあえず都営新宿線に乗ってみるというのもアリかもしれませんね。

 
▲「馬喰横山」駅から3つめの「神保町」駅も、ふらりとお散歩するのが楽しい街。
専門的な書籍や、鉄道、戦隊モノ関連の書籍などが充実している「書泉グランデ」や、子連れOKのカレー店(ボンディ 神保町本店)など、ファミリーでもちょっとマニアックな遊び方ができそうです。
(写真左:書泉グランデ/写真右:ボンディ 神保町本店)

「広尾」駅や「六本木」駅へ直通。グルメやショッピングを楽しむなら、東京メトロ日比谷線

そして、マンションから徒歩4分の「小伝馬町」駅を通っているのは、東京メトロ日比谷線。


▲東京メトロ日比谷線は、「東銀座」駅、「銀座」駅、「六本木」駅、「恵比寿」駅など、ショッピングやグルメが楽しめる街を通っていますね。
地下鉄一本で「銀座へお買い物♪」なんて、いいですね~。
(※○印内の表示分数は小伝馬町駅からの日中平常時の所要時間)

 

 
▲また、例えば落ち着いた雰囲気のレストランが軒を連ねる「広尾」駅なども、東京メトロ日比谷線で1本。
予約をすれば子連れOKのお店もありますし、家族でちょっとおしゃれをして“星付き”のレストランへ食事に行くというのも、素敵な休日の楽しみ方のひとつですね。
(写真:広尾の街並み)

 

他にも、「中目黒」駅や「恵比寿」駅周辺のレストランやカフェにファミリーで食事に行くのも楽しそう。
食事をした帰りに、目黒川沿いの遊歩道をお散歩したり、「恵比寿ガーデンプレイス」を一回りしてもいいですね。

また、例えば大人の街というイメージのある「六本木」駅でも、楽しい屋台が並ぶ「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り」や産直野菜が買える「ヒルズマルシェ」が開催されたりしますし、都心に暮らす面白さがギュッと集まっている路線なのではないかと思います。

 
▲さらに、「小伝馬町」駅からは「上野」駅へも直通4分です。
言わずと知れた「上野恩賜公園」があり、赤ちゃんパンダの誕生に沸く「恩賜上野動物園」や、恐竜の骨格標本などが見られる「国立科学博物館」など、子どもと一緒に楽しめる文化施設もたくさん。
子どもが少し大きくなったら、「国立西洋美術館」で絵画を鑑賞したり、「東京文化会館」で本格的なオペラやバレエを楽しんでも良さそうですね。
(写真上:上野恩賜公園/写真左下:国立科学博物館/写真右下:シレトコ ファクトリー エキュート上野店のドーナツ)

「東京スカイツリー」や横浜、「羽田空港」へも電車1本です

他にも、都営浅草線や東京メトロ半蔵門線を利用すれば、「東京スカイツリー」がある「押上」駅にも行けます。

 
▲ファミリーに嬉しい数々のショップや、「すみだ水族館」、「プラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン」などがある「東京ソラマチ」は、レジャースポットとしても利用価値大。
ボールプールで楽しく遊べる「東京こども区 こどもの湯」(お風呂ではなく、遊ぶ施設ですよ!・笑)もあります。
(写真:東京ソラマチ)

 

また、JR総武快速線や都営浅草線を利用すれば「横浜」駅にも直通で行けますし、都営浅草線は京急線と相互乗り入れを実施しているので、「羽田空港国内線ターミナル」駅へも乗り換えなしでOK。
空港って、展望デッキで飛行機を見たり、グルメやショッピングを楽しんだりと、子どもが小さい頃にはレジャースポットとしても使えるんですよね。こういった場所へも、電車1本なら気軽に出かけられそう。

 

こうして見てみると、通勤のしやすさだけでなく、のびのび遊べる大規模公園や、おしゃれなショッピング・グルメタウン、文化施設、レジャー施設など、さまざまな場所にお出かけできるんだなと改めて感じます。

 

次回は、完成が近づく「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」の建設地についてチェックしてみたいと思います。

※掲載の写真はすべて2018年2月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP